ビジネス

商店街の復興から見る、新しいビジネスモデル

投稿日:

akushuS
現在の商店街においてはシャッター通りなど、存続が危ぶまれる現状を抱えています。
商店街の経営が苦しくなっているのは付近に大型店舗が増えているという事も
ありますが、他にも店主の高齢化が進み、後継者が見つからず、
閉店に追い込まれるのも一つの原因とされています。

商店街は活気のある雰囲気がお客様を呼ぶ形になっており、客の多さによ
って商店街の経営が継続するのです。
その為シャッター通りが増えるという事はその部分だけお客様の客足が
途絶えることとなり、商店街の雰囲気や客足が減っていくことにつながります。

故に多くのお客様が来るためにもシャッター通りの解決の
必要性を商店街は抱えているのです。

このシャッター通りの解決為、有効だと言われている方法は、シャッター
店舗の貸し出しです。
店じまいになった理由として高齢化の一例をあげましたが、
その店主の代わりとして経営する事がシャッター通りを無くす
一つの方法として用いられているのです。

またただ継ぐだけでなく、場合によってその店を通して新しい
経営も行っています。言わば貸店舗のビジネスです。

通常、経験のない人がいきなり経営を行う事は場所を提供する人や
資金を出す人にとっては判断が難しいものだと思います。

この方法は利用者にとって経験を積む一つの方法として
支持されており、継続の可能性を持っています。

シャッター通りを新しいビジネスとして活用したこの方法は、
既存のモノに付加価値をつける手法でもあります。

経営においてはすでに通じなくなったものが存在すると思いますが、
それを新しい形で活かす必要性がいつか迫られます。

故に今回のケースはそれを見つける為の一つの参考例として
使用することが出来るでしょう。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

買い物代行業は儲かるのか?

もともと個人が事業を行うにあたって、 何か売る商品を持っていれば良いのですが、 実際売る商品、売れる商品が手元にある人は 少ないと思います。 そんな商品がなくても「代行業」であれば できるとして、買い …

Amazonで買い物したことはあるか?当然ありますよね?

Amazonで買い物をしたことが あるのかどうか、これについてTOKYO FMが リスナー調査をしたそうです。 その結果が 頻繁に買い物している 24.6% ときどき買い物する 34.4% 何回かは買 …

自分でやった方が早い病についての議論

  自分でやった方が早い病という本が以前発売されたことも あり、この内容についての議論が出ています。 要は30代の新人リーダーあたりになると できの悪い部下に仕事を任せずに 「自分でやった方 …

no image

ビジネスにおけるブランド戦略の考え方

ブラント戦略は消費者が構築するものではなく、創造者が 中心となり実行すべきものと考えています。 真のブランドとは、ロゴとかマークではなく、創造者の理念と 行動が伴わなければ達成することはないと考えるか …

no image

「給料が安い」「残業多すぎ」「ブラック」解決する方法は??

「給料が安い」「残業多すぎ」「ブラック」 おまえが選んだ会社だからおまえが悪い、 こんな内容で議論されている掲示板があって気になりました。 確かに自分で選んでしまったというのはありますが、 入る前から …

アーカイブ