健康

豆乳でダイエットと美肌効果

投稿日:


豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、ホルモンを整えて
脂肪を燃焼させる効果があります。

ダイエット効果だけでなく美肌にも効果があるといわれているので
女性には特におすすめの飲料で、良質の油が含まれているため
脂肪燃焼効果が期待できます。

そのままでは苦手という人もコーヒーや紅茶と一緒にとれば、飲みやすく、
またカフェラテならぬソイカフェはコーヒーのカフェインによる冷えを
防ぐ効果もあります。

抹茶の粉末を使って作れる抹茶ソイラテは抹茶の栄養価も
採れる嬉しい健康ドリンクです。

おすすめはやはりホットで頂くことです。冷たい飲み物の取りすぎは、
胃腸の働きを鈍らせて体調悪化の原因になります。
シチューやクリームパスタなどお料理に使うこともおすすめです。

牛乳の代わりに豆乳を使うことで手軽に豆乳を頂くことができ、
大豆イソフラボンを積極的に取り入れることができます。

また、どうしてもやめられないチョコレートも温かい豆乳で溶かして
ココアにしたらお腹も満足でダイエットも期待できます。

ダイエットの敵の甘い物も豆乳と一緒に食べることで上手に
カロリー摂取や脂肪燃焼効果も取り入れることができます。
大豆イソフラボンで美肌効果も期待できる女性に嬉しい食材です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

健康になるためにはまず食事から改善することが大事

いつの時代でも、自分の身体への関心は持っているものです。 そのため、ダイエットなどのスタイルを良くする健康法は、 女性だけでなく男性からも求められるものになっていますし、 それと同時により簡単に、かつ …

太っているのは恥と責めるとダメ?本人の問題が大きいのでは?

太っているのは恥だと責めては いけない・・・こんな内容の記事が ヤフーニュースで出ていました。 太っていると相手を責めてしまうと 頑張ろうと思うのではなく、 つらいと思ってかえってやけ食いに 走って病 …

no image

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

脂肪のとりすぎに注意なんてことは よく言われますが、脂肪は1種類ではなく、 中に含まれる脂肪酸によって種類が分かれるものに なります。 この脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに 大きく分かれます。 …

no image

青汁のデメリット

青汁というと健康に良いというイメージしかなく 体への悪影響・デメリットはないと考える人も多いと思います。 しかし、いくら青汁とはいえど、飲みすぎると問題が 起こる可能性があります。 例えば下痢です。青 …

no image

ビオチンとアレルギー疾患の治癒効果

アトピー性皮膚炎などの、アレルギーが原因の疾患は、 治療が困難だといわれています。 アレルギーは、ひとつの要因だけでなく、あらゆる アレルゲンが混雑して発症することが多いのです。 ですから、アレルゲン …

アーカイブ