IT

NAVERまとめで稼ぐのは効率的なのか?

投稿日:

025462
最近調べているとすぐにNAVERまとめに
たどり着きます。

大抵、まとめてあるだけ(当たり前ですが)で
たいしたコンテンツがないのですが、報奨金が
出るので、一般の人達が参加して、どんどん
記事を増やしているというものになります。

NAVERまとめの報奨金で稼ぐというのは
一般的にブログやサイトを運営するよりも
稼ぐのに効率的なのでしょうか?

そんなわけでちょっと調べてみました。

ネット上の情報

例えば、1万VIEWだと大体×0.2=2000ポイント。
2000ポイント×0.2=インセンティブ400円といった感じ。
http://akiueo.blogspot.jp/2012/12/naver1.html

ざっくり5万PVを20本作れば月10万収入が可能。
まとめ長者になるためには月間100万PVくらい
稼げばレート優遇されて月10万位の収入が得られる
http://blogos.com/article/32448/

“人はNAVERまとめの報奨金だけで生きていけるか”挑戦してみた
・1カ月間の合計ページビュー数:32万7299
・1カ月間の獲得ポイント合計:8万9793ポイント
・1カ月間のまとめインセンティブ額合計:6万1098円
→1日平均インセンティブ額:1970円

※ただしこの方は0.7円の特別な状態

去年の8月から細々とまとめを作ってたら、なんと今月から
NAVERまとめ報奨金のレギュラー枠入りさせていただいて、
1ポイントあたりの単価が0.7円になりました(通常は0.2円)。
http://matome.naver.jp/odai/2133070744608750601?&page=5

考察

以上のような記事が見つかっています。
2013年1月に報奨金制度が変更となったため
今後収益がどのようになっていくかについてのデータは
少ないところですが、100万PV10万円くらいに
なっているというところなのでしょうか。

100万PV10万円。
おそらく個人で100万PVのサイトを運営したら
甘く見ても40~50万円は稼げると思います。

そう考えると、個人で運営するよりは損なのですが、
自分でブログを作ってもそう簡単にこんなアクセスには
なりません。

NAVERまとめの中でやっているからこそ
ここまでのアクセスになる、と考えると短期的には
NAVERまとめの方が得で効率的なのかもしれません。

ただ、収益について報奨金制度の変更があったように
収益のベースをNAVERまとめ側に握られている、
これは微妙なようにも思います。
今度、ポイントが下がりました、といわれればそれまでですし、
長年の運営メディアではないので、いつ変わるかも
わかりません。

これはgoogleの広告等であれば、急に廃止になったり
単価が以上に変動になることはまず考えられないでしょう。
また自分のメディアであれば、いざというときは
広告主の変更をするという方法もありえます。

NAVERまとめは当然まとめた著作権はNAVER側に
渡ってしまうため、急な変更には諦めるしかないという
リスクがあります。

やはり短期的なこづかい稼ぎとしては良いですが、
長期的には自分独自のメディアを育てていった方が
安心・安全でしょう。

adsense

adsense

-IT

執筆者:

関連記事

twitterが280字になる!?文字数が多いのはいいことなのか?

twitterの文字数を現状の140文字から280字にするというような話が出ているようです。 これは運用が大きく変わる?と思いきや、日本語は対象外ということ。 他の言語の場合、漢字のような意味を表す文 …

no image

オレンジフォーム 無料版の評価

最近新しくホームページを作っていまして、 メールフォームを探していました。 本当はメールフォームPROとかが 無料かつ何の広告も出ないので良いということは わかっているのですが、CGIには疎いのと あ …

youtubeの収入で生活するには?

youtubeの収入で生活している人が増えている? なんて話も聞いたことがあります。 最近はyoutube自身の広告としても youtubeを使って稼ごうというような 趣旨のものが流れていたりしますよ …

no image

フェイスブックの新しい検索機能

フェイスブックが新たな検索機能「グラフサーチ(グラフ検索)」を 発表したということです。 「グラフ検索」は、“人と人とのつながり”(グラフ)を活用した新機能と いうことで、入力された複数のキーワードを …

no image

ブログでメシを食いたいという人は増えている?

このところ、ブログというものが再び 人気が出て、ブロガーとして、ブログでメシを 食いたいという人が増えているようにも思います。 ブログといっても従来の無料ブログサービスを利用した ブログというよりはブ …

アーカイブ