社会

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

投稿日:

memoS1
現在の定年制限は60歳と法律で決められています。
しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、
65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。

医療技術の進歩により平均寿命があがり、65歳でも仕事が
出来るようになっています。
実際65歳までの定年を実施する企業は大手でも行われており、
効果的な取り組みだと示唆されています。

しかし課題も存在します。1つは人間関係の問題です。
この制度には定年退職した65歳未満の社員を呼び戻す事も行っています。
その為、この場合、今まで上司だったのが、後任となった上司の下で
働くことになる為、新しい上司が顔を立てることが出来ない、
退職しているにもかかわらず、以前のような態度で接してくるなど
人間関係において構築するのが難しい状態を生みます。

2つ目は若い世代の成長の機会を無くすことです。
そのまま65年まで引き上げた事により後任になるはずだった
人の成長機会を奪う形になっており、取引先など新しい人間関係の
構築を妨げる形になっています。

この取り組みに対し、社会的な問題に対し、政府ではなく、
企業に負担させる形になっていますが、これも一つの方法だと
私は思っています。

環境問題の取り組みの際も、政府は法律を変え、企業側に環境対策を
強いらせる取り組みを行いました。

しかし人間の心理上、何かしらの社会変化がなければ動かない事実が
ある以上、法律を変えることで現在は環境問題に対しビジネスを
行えるような形へと変わっています。

故に今回の定年年齢制限の引き上げは医療技術の発展に伴い、
変えるべき部分だと思いますので、課題を一つずつなくしていき、
新しいビジネスを展開するチャンスでもあると私は思っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

プレミアムフライデーの影響は?オフィス街はマイナス?

プレミアムフライデーが始まったということで 飲食店は儲かりそうなイメージですが オフィス街は大迷惑なんて記事が出ていました。 15時で退社したらそのままオフィス街に残って 飲食店にくはずはなく、家族が …

寝不足で生産性が低下するということ

寝不足によって生産性が低下し、 経済損失が起こる。 こんな今更当たり前の内容が 記事として出ていました。 1日の平均睡眠時間が6時間未満の 人の割合が20歳以上で39.5%もいるという ことです。 夜 …

no image

使えない東大卒が急増しているという話は本当か?

東大卒で使えない人材が急増しているということが ニュースになっていました。 (参照) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130226-0000000 …

no image

敦賀原発をはじめとする活断層調査に対する考え方の根本的な間違い

先日、原子力規制委員会は、活断層調査を行った敦賀原発2号機について、 下層部を走っている破砕帯は、活断層と考えられるとの見解を示し、 その発表を受けた野田総理大臣は、廃炉を念頭において対応を進める旨の …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

カテゴリ

アーカイブ