社会

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

投稿日:

memoS1
現在の定年制限は60歳と法律で決められています。
しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、
65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。

医療技術の進歩により平均寿命があがり、65歳でも仕事が
出来るようになっています。
実際65歳までの定年を実施する企業は大手でも行われており、
効果的な取り組みだと示唆されています。

しかし課題も存在します。1つは人間関係の問題です。
この制度には定年退職した65歳未満の社員を呼び戻す事も行っています。
その為、この場合、今まで上司だったのが、後任となった上司の下で
働くことになる為、新しい上司が顔を立てることが出来ない、
退職しているにもかかわらず、以前のような態度で接してくるなど
人間関係において構築するのが難しい状態を生みます。

2つ目は若い世代の成長の機会を無くすことです。
そのまま65年まで引き上げた事により後任になるはずだった
人の成長機会を奪う形になっており、取引先など新しい人間関係の
構築を妨げる形になっています。

この取り組みに対し、社会的な問題に対し、政府ではなく、
企業に負担させる形になっていますが、これも一つの方法だと
私は思っています。

環境問題の取り組みの際も、政府は法律を変え、企業側に環境対策を
強いらせる取り組みを行いました。

しかし人間の心理上、何かしらの社会変化がなければ動かない事実が
ある以上、法律を変えることで現在は環境問題に対しビジネスを
行えるような形へと変わっています。

故に今回の定年年齢制限の引き上げは医療技術の発展に伴い、
変えるべき部分だと思いますので、課題を一つずつなくしていき、
新しいビジネスを展開するチャンスでもあると私は思っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

中高年のひきこもり、高齢化に関する反応は?行政としてできることは?

中高年のひきこもりが増えているということがニュースとして出ていました。 親が支えているから引きこもりが成り立っているというところもありますが、だんだんと親も年をとり、年金生活になると子どもにそこまでの …

ミニマリストって今でもいるの?一時的ブームの気がします。

ミニマリストを実践した人が 陥っている落とし穴なんて記事が 上がっていました。 質にこだわりすぎて高額なものを 買いすぎて、日常の消耗品まで 高くなり節約になっていない。 下着やバスタオルも少ないため …

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

親から住宅資金を借りる場合

住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を 受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、 住宅の購入資金以上のお金が必要になります。 もし、ちゃんと返すつもりでいるのな …

no image

通販型自動車保険と対面販売の自動車保険

最近、TVで通販型自動車保険のCMをよく見かけます。 従来の自動車保険に比べて、保険料も安くとても魅力的です。 また数年前から、各社ジワジワと自動車保険の値上げをしており、 少しでも安いところで加入し …

アーカイブ