社会

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

投稿日:

memoS1
現在の定年制限は60歳と法律で決められています。
しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、
65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。

医療技術の進歩により平均寿命があがり、65歳でも仕事が
出来るようになっています。
実際65歳までの定年を実施する企業は大手でも行われており、
効果的な取り組みだと示唆されています。

しかし課題も存在します。1つは人間関係の問題です。
この制度には定年退職した65歳未満の社員を呼び戻す事も行っています。
その為、この場合、今まで上司だったのが、後任となった上司の下で
働くことになる為、新しい上司が顔を立てることが出来ない、
退職しているにもかかわらず、以前のような態度で接してくるなど
人間関係において構築するのが難しい状態を生みます。

2つ目は若い世代の成長の機会を無くすことです。
そのまま65年まで引き上げた事により後任になるはずだった
人の成長機会を奪う形になっており、取引先など新しい人間関係の
構築を妨げる形になっています。

この取り組みに対し、社会的な問題に対し、政府ではなく、
企業に負担させる形になっていますが、これも一つの方法だと
私は思っています。

環境問題の取り組みの際も、政府は法律を変え、企業側に環境対策を
強いらせる取り組みを行いました。

しかし人間の心理上、何かしらの社会変化がなければ動かない事実が
ある以上、法律を変えることで現在は環境問題に対しビジネスを
行えるような形へと変わっています。

故に今回の定年年齢制限の引き上げは医療技術の発展に伴い、
変えるべき部分だと思いますので、課題を一つずつなくしていき、
新しいビジネスを展開するチャンスでもあると私は思っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

何事にも囚われずに常に成長し続ける方法

何事にも囚われずに日々成長し続けられたら、 どんなにすばらしいでしょう。 日本のような先進国で生活していたら、そんなにお金をかけなくても 何かしらの方法で、日々様々な事を学びながら、100歳まで ノン …

no image

感情論に走らず北朝鮮との融和策も考えてみる

北朝鮮に対して、今日本は政権も変わったことであり、 どのような外交策をとっていくかについては何ともいえない ところではありますが強行的な面で望んでいることは 間違いありません。 少し前にアメリカでグー …

no image

トラブルと戦うなら愛のある内に記録を残そう

「愛している人を疑ったりできない。」 確かに人間とはそのようにできている生き物です。 だから恋人や夫、妻に愛情がある時には、相手を信じ切って、 なにか気になることがあっても、そんな時もあると 何もせず …

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

no image

今日からモテ女子の自己管理力を身に着けましょう

癒し系でふんわりした雰囲気のモテ女子。 あの娘ばっかり男性にひいきされてずるい! なんて思ったことは無いでしょうか? 羨む前に、モテ女子の皆さんは、普段からどんな自己管理を しているのかを学びましょう …

アーカイブ