雑記

バッグに使用される帆布

投稿日:

yorokobiS
バッグと言えば、革製のものか、ナイロン製のものが多くなっていますが、
最近は、帆布で作られたバッグを持っている若い女性をよく見かけます。

帆布は明治の頃にはすでに使われており、丈夫さを生かして人力車の幌や、
車夫の雨合羽などに利用されていました。

綿や麻などの自然素材でできた厚手の丈夫な生地のこと帆布と言い、
タウン用のバッグは綿帆布のものが主流になっています。
ちなみに、帆布は「平織り」で織られており、「綾織り」の生地は帆布とは呼びません。

平織りは縦糸と横糸が交差するように、交互に織り込まれています。
綾織りの方は、縦糸が横糸に対して1本おきに織り込まれています。
平織りの特徴は、目を詰めて織られているため、ほつれにくく丈夫ですが、
織るのに手間がかかります。

帆布の生地の厚さには種類があり、生地の厚い1号から薄い11号まであります。
バッグに使われているのは大体4号~6号ですが、当然厚い方が丈夫です。

生地の厚さは、織糸の太さによって決まりますが、織糸が太ければその分生地の
厚みが増します。織糸は綿糸をより込んで作られています。
綿糸の数の多い方が織糸は太くなりますが、織糸は細い方が織った時の
目が詰まるので、生地の密度は高くなります。

バッグに使われる生地には防水性が求められますが、帆布は綿糸が
水を含むと膨らんで目が詰まるため、それ以上水が染み込まなくなります。
さらに、糸そのものにパラフィン加工と言う蝋を染み込ませる防水加工が
施されているため、通常の使用であれば、数十年は持ちます。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

アイドリングストップのメリット、デメリット

最近では環境を綺麗にとか限りある資源を大切にとかを合言葉に アイドリングストップ機能を搭載している車も増えていますよね。 また、アイドリングストップ機能が搭載されていなくてもドライバーが 自分の意思で …

no image

江戸の「刻(とき)」と現在の「時間」

歌舞伎や落語など、江戸時代に成立した芸能に接するとき、 当時の「刻(とき)」の観念を知らないと、混乱することがあります。 現在は24時間、江戸時代は12刻ということはよく知られていますが、 当時は一日 …

no image

サブブログとしてブログスタートです。

サブブログとして当ブログを新たにスタートすることに しました。 というのも、メインで書いていたブログが突然 グーグルの変動によって急激にアクセスが なくなってしまったからです(ノДT) そのまま待って …

no image

長時間フライトで子供を退屈させない方法

海外旅行に子供と一緒で最も気がかりなのは、長時間静かに座っていなければならない 飛行機の中ではないでしょうか。 全く知らないうえに旅の目的の違う人たちとあの狭い空間を共有して 平和に過ごさなければなり …

no image

静かな真空管ブーム

最近、オーディオに興味を持った若い人達の間で 真空管アンプが静かなブームだと言われています。 最近のブームの特徴は、パソコンなどに接続するUSBアンプに 真空管を使った製品などが出ていており、 新しい …

アーカイブ