社会

未成年者との取引とその取り消しによる返還義務について

投稿日:

akushuS
A(売主)がB(買主)とバイクの売買契約をしました。
バイクは50万円で売れました。Aはその50万円のうち10万円を
生活費として使い、20万円を競馬で使って全額スってしまいました。
現在手元には20万円残っています。

ところが、その後Aの親権者CがAが未成年であり、同意なく取引をしたと
いうことで先の売買契約を取り消すといいだしました。

この点、民法では未成年者が法定代理人の同意を得ずにした契約は
取り消すことができるとされているため契約は取り消すことができます。
よって、Bはバイクを返還しないといけません。

ここで問題です。AはBにお金をいくら返す必要があるでしょうか。
正解は50万円ではなく30万円です。
内訳は、手元にある20万円と生活費に充てた10万円です。

ポイントは、競馬で負けた20万円については返す必要がないということです。
なんだかおかしな気がしませんか?
生活費は返して競馬代金は返さないなんておかしい、逆なんじゃないか?と
思われる方も多いのではないでしょうか。
しかし、これで合っています。

理由は、法律上、未成年取り消しの場合は現存利益を
返還すればよいとされているからです。
(現存利益の返還とは、現に利益を受けている限度での返還という意味です。)

そして、手元の20万円は現に利益を受けていることは明らかです。
では生活費はどうかというと、生活費は仮にバイクの売却代金が
なかったとしても必ず支出される金額だったはずだから、
その分はまだ使わずに残っている(本来使うべき20万円が別に手つかずで残っている)と
考えます。つまり、当初予定していた支出を免れたという意味で
現に利益を受けていると考えるのです。

翻って競馬代金はどうかというと、これは当初から予定していた支出とは
考えにくく、バイクの売買代金によってその支出を免れたとはいえません。
そのため、現存利益がないと判断されるのです。

心情的には競馬で負けた分を返せと言いたくなりますが、
法律上はそのような請求はできないことになっています。
未成年者相手に取引をするときは十分に注意する必要があります。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

プレミアムフライデーの影響は?オフィス街はマイナス?

プレミアムフライデーが始まったということで 飲食店は儲かりそうなイメージですが オフィス街は大迷惑なんて記事が出ていました。 15時で退社したらそのままオフィス街に残って 飲食店にくはずはなく、家族が …

no image

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で 騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、 日本を観光立国にする事です。 今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多 …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

no image

寄付の発表は売名行為と非難されるべきか?

ソフトバンクの孫正義がアメリカのハリケーン「サンディ」への 被害に対して50万ドル寄付したということをtwitterで発表し、 それに対して「寄付まで商利用するな!」と 批判されたということがありまし …

no image

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を 守るためのものですが、仕組みがどうなっているか 知っているでしょうか。 日本では外国為替平衡操作とも言われることのある 為替介入ですが、これは為替レート …

アーカイブ