社会

地震の避難方法は具体的状況を想定して考えるべき

投稿日:

komattaS1
地震に遭遇したときにまず取るべき行動は我が身の安全確保です。
そして、そのための一般的な避難方法は以下のようなものです。

①まず、タンスや食器棚などの重くて危険な物から身(特に頭部)を
守るために堅い机の下などにもぐりましょう。
②そして、地震がおさまるのを待ち、津波の危険があるような
場合にはすぐに高台に避難しましょう。
確かに、これらは正しい方法ですがあまりにも大雑把です。
避難行動についてはもっと具体的な状況を想定して考えておくべきです。

というのも、①はともかくとして②は必ずしもスムーズに事が
運ぶとは限らないはずだからです。

例えば、睡眠時に巨大地震が発生した場合です。
眠気眼でなんとか机の下にもぐりこみやり過ごせたのはいいが、
部屋の入口が開かなくなって二階の窓から脱出せざるをえなくなったと
したらスムーズに高台に避難などできるでしょうか。

睡眠時は多くの人間が裸足(ないし靴下のみ)のはずです。
そんな状態で二階の窓から飛び降りでもしようものなら
高台に逃げる前に足を痛めてしまうでしょう。これでは逃げられません。

①②の流れを大きく把握しているというだけでは全然足りないのです。
抽象的に捉えるのではなくもっと具体的に捉えることが必要です。

今回の場合なら、例えば、寝室にシューズが置かれてあったらどうですか?
これなら二階からでもなんとか飛び降りれそうです。

シューズの有無、たったこれだけの違いで雲泥の差になります。
驚くほどちょっとしたことが生死を分けることもあるのです。
まさに備えあれば憂いなしです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

家電リサイクル法の成り立ちとシステム

家電リサイクル法は市民に定着しましたが、 いまだに家電製品の不法投棄が行われています。 過去、家庭から廃棄された家電製品は破砕処理後、鉄などの 一部の金属は回収しますが、残骸のほとんどはそのまま埋め立 …

no image

独身が考えるべき一生のお金 ~本当に独身はお金に困るのか?~

独身の場合、お金が裕福で困らないという考えを 抱きがちだが一生というライフスパンで見た場合、 お金に困る可能性があるという内容の記事を 見ました。 ・お金にゆとりがあると贅沢になりがち、ファミリー世帯 …

no image

GPSを利用しているカーナビ

最近の刑事ドラマは、GPSを使って犯人の逃走経路を追跡したり、 人質の居場所を探しあてたりというシーンがよく出てきます。 GPSとは、グローバル・ポジショニング・システム(全地球測位システム)のことで …

NHKのネット同時配信の料金はどうなるの?

NHKのネット同時配信の話に ついて報道がされて、ネット上では 騒ぎになっています。 NHKがインターネットで配信することに よって追加負担の料金が発生するのであれば たまらないですよね。 これについ …

no image

子供の防犯サービスについて

東急沿線のみでの展開になるかもしれませんが、東急セキュリティとPASMOが 提携して、子供が東急線の改札口を通った時に、自動的に通ったことを 知らせるメールが保護者に届くサービスがあります。 子供が何 …

アーカイブ