雑記

ブルーレイディスクは画像が綺麗

投稿日:

memoS1
ブルーレイディスクの映画はDVDのものより綺麗、とよく言われますが、
それは解像度が違うからです。
DVDの解像度は720×480ドットですが、ブルーレイディスクの解像度は
1920×1080ドットになっており、映像を構成する色の点の数が多い分、
緻密な画像になります。

ブルーレイディスクも12cmのディスクなので、表面的にはDVDと
見分けがつきませんが、容量は全く異なり、DVDが4.7GBに対して
ブルーレイディスクは5倍以上の25GBもの容量があります。
この違いには3つの理由があります。

1つ目の理由は、ブルーレイディスクのトラックピッチ(記録される情報の間隔)がD
VDの半分以下に小さくできているため、その分記録を多く取り込めます。

2つ目の理由は、レーザーの違いです。DVDでは赤色レーザーが使われていますが、
ブルーレイはその名の通り、青紫色レーザーを使用しています。
青紫色レーザーは赤色レーザーよりも波長が短いため、ディスク上での
スポットが小さくなり、より小さな場所への記録・読み込みが可能となります。

3つ目の理由は、記録層の位置の違いです。DVDはレーベル面と読み込み面の
ほぼ中間に記録層がありますが、ブルーレイは読み込み面に近いところに
記録層があります。
従って、ピンポイントにレーザーを当てることができることから、
高い記録・再生機能を有することができます。

ブルーレイディスクはDVDよりも容量が大きいため、たくさんの情報を
入れることができるようになったことで、よりライブの映像や音声に
近い形で収録することができるようになりました。

なお、地テジテレビはハイビジョン画質になっているため、DVDの容量では、
同じ画質では録画ができません。画質を下げて記録することになります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

地球滅亡ブーム

2012年もマヤ暦の滅亡論がありましたけど 結局何も起きず、まあそんなことだろうとほとんどの 日本人はそう思っていたと思いますが、まだまだ 地球滅亡の予言は続くようです。 2015年9月 マヤ暦の終り …

no image

カイロウドウケツとドウケツエビ

カイロウドウケツという動物をご存じでしょうか。 カイロウドウケツは、深い海の底に住んでいる海綿の一種です。 人間の髪の毛ほど細い繊維状のガラスが繊細に織り合わされた、 円柱形の籠のような形をしています …

no image

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。 当然数多くの傑作があります。 専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。 ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「 …

no image

職場で下の名前で呼ぶのはNG?

職場で位性を下の名前で呼ぶのはどうなのか?に ついてコラムとして上がっています。 参考) 異性社員を下の名前で呼ぶのはセクハラ? 職場の潤滑油?〈AERA〉 http://zasshi.news.ya …

no image

住所の順番、日付の順番

欧米社会と日本社会は様々な点でちがいがあります。その中のひとつに 住所や日付の語順があります。例えば日本での住所表示は東京都港区赤坂3-1 という具合ですが、パリでは35avenue Montaign …

アーカイブ