健康

運動していますか?

投稿日:

jogS
あなたは運動していますか?

おそらく多くの人が「いいえ」と答えると思います。

「時間がなくて。」

「運動が嫌いだから。」

「面倒だから。」

理由は人それぞれだとは思いますが、
上の様な理由がほとんどではないのでしょうか?

確かに、社会人になると仕事が忙しく毎日夜遅く帰り、
休日も日ごろの疲れが抜け切れずに家でゴロゴロ、
このようなパターンに容易に陥ってしまうと思います。

しかし、その一方で運動不足と感じている人も数多くいます。

それでは、なぜ運動不足と感じながらも、運動をしないのでしょうか?

その理由は、運動の必要性を感じないからです。

別に運動しなくてもすぐに死ぬわけではありませんし、
収入が減ったりするわけでもありません。

運動は健康にとって大事なことはわかってはいるのですが、
運動しなくても病気になるわけではないし、
他に生活に直接関わるようなこと(仕事や付き合いなど)が目の前にあるため、
自然と後回しになってしまうのです。

その結果、いつの間にか太ってしまったり、大きな病気になってしまうのです。

例えば、現代人の死亡原因の半分以上は癌、心臓病、脳卒中です。

実を言うと、癌、心臓病、脳卒中は運動によって防げるのです。

運動をしないということは、
あなたは将来50%の確率で癌か心臓病か脳卒中で死ぬのです。

もちろん、運動は他の病気も防ぐことができます。

例えば、あなたは仕事が忙しくて運動できないと言います。

その結果、あなたは病気になって1週間入院したとします。

あなたは週に2~3回の運動の時間を取らなかっただけで、
一体どのぐらいの時間とお金(治療費や働かない分の給料など)を
無駄にしたことになるのでしょうか?

たった168時間(1週間)のうちの3時間程度の時間を確保しなかっただけで、
あなたは将来の時間とお金をどのぐらい無駄にしてしまうのでしょうか?

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

清涼飲料水が脳梗塞の危険を増す

コーラやジュースなどの清涼飲料水をほぼ毎日飲む女性は、 ほとんど飲まない女性と比べて脳梗塞になる危険性が1.8倍 高いとの研究結果が発表された、という記事がありました。 清涼飲料水に多く含まれる糖分の …

no image

コカコーラが肥満防止キャンペーン 太るのは誰のせい?

アメリカでコカコーラが肥満防止キャンペーンを行うという 矛盾というか、皮肉というか何とも不思議な動きが出ているようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 参照) 米コカ・コーラが肥満 …

no image

昼食の時間を早めることで余分な体重が減る

ダイエットの研究で、昼食を早めに食べる人の方が 遅めに食べる人よりも体重が減りやすいということが 発表されています。 世界の雑記帳:ダイエットに新手法か、食事のタイミングが重要=研究 http://m …

no image

お尻のおできにはマッサージがききます

おできは体のあちこちにできます。 「出物腫れ物ところ嫌わず」って言葉通りです。 腕や足に出来場合は医者にも行きやすいし、 自分でもケアしやすいです。 でも、お尻に出来た場合はどうでしょう。 お尻におで …

no image

青汁の効果

青汁は、よく健康に良いと言われていますが、具体的に どの点が良いのか知っていますでしょうか? 一般的によくいわれる効果としては 「便秘解消」と「美肌」が当てはまります。 今までなかなか解消されなかった …

アーカイブ