社会

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

投稿日:

shiryouS
現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。

その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、
日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっています。

イギリスは日本と同様、四方が海に囲まれている島国であり、洋上発電の
最適地でもあります。更にイギリスの海において、多くの国が海を利用した
電力開発に力を入れています。
また国政においても、2020年までにEUが目標としている再生可能エネルギーの
割合を20%にする為、現在は1000基分の風車、原発2基分の電力を
18基分ほどの電力にまで増やすプロジェクトが進んでいます。

このようにイギリスは島国である環境を利用し、様々な環境対策に力を
入れているのです。しかし、日本ではイギリスほどうまくプロジェクトが
進んでいない理由はイギリスの場合、遠浅である為、洋上発電で使用される
風車は着床式、つまり海底が浅いがために、そのまま海に設置する事が可能であり、
日本の場合、いきなり100メートルも深くなる形になっていることから、
地震や台風などの耐震性のあるイギリスとは違った洋上発電が求められています。

故に現在進められている日本の洋上発電は浮体式、つまり風車を浮かせて
電力を得る形になっています。

またこれよりもハードルが高い問題が漁業権になります。
もし海上に風車を立てるのであれば、各省庁に訪れ、更に漁業関係者を
説得させる必要性が出てきます。

この問題に対し、震災復興の為、今岩手県がアジア初の海洋実験場を作り、
2014年に稼働させるプロジェクトが起動しており、日本はこれから
洋上発電に対する仕組みづくりが築き上げている形になっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

公共事業で経済は潤うのか

衆院選が近く、各政党がさまざまな経済政策を披露していますが、 「国土強靱化計画」を標榜して公共事業に力を入れる政党もあります。 震災復興のための堤防整備や先日のトンネル崩落事故もあり、災害対策の 意味 …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

使えない東大卒が急増しているという話は本当か?

東大卒で使えない人材が急増しているということが ニュースになっていました。 (参照) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130226-0000000 …

no image

首相が頻繁に変わっていいのか?

衆議院が解散になって、再び総選挙が行われるということに なりました。 自民が良いのか、民主が良いのか、それとも第3党? とそれぞれの方がさまざまな想いを抱いていると思います。 でも、そもそもこんなに日 …

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

アーカイブ