社会

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

投稿日:

shiryouS
現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。

その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、
日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっています。

イギリスは日本と同様、四方が海に囲まれている島国であり、洋上発電の
最適地でもあります。更にイギリスの海において、多くの国が海を利用した
電力開発に力を入れています。
また国政においても、2020年までにEUが目標としている再生可能エネルギーの
割合を20%にする為、現在は1000基分の風車、原発2基分の電力を
18基分ほどの電力にまで増やすプロジェクトが進んでいます。

このようにイギリスは島国である環境を利用し、様々な環境対策に力を
入れているのです。しかし、日本ではイギリスほどうまくプロジェクトが
進んでいない理由はイギリスの場合、遠浅である為、洋上発電で使用される
風車は着床式、つまり海底が浅いがために、そのまま海に設置する事が可能であり、
日本の場合、いきなり100メートルも深くなる形になっていることから、
地震や台風などの耐震性のあるイギリスとは違った洋上発電が求められています。

故に現在進められている日本の洋上発電は浮体式、つまり風車を浮かせて
電力を得る形になっています。

またこれよりもハードルが高い問題が漁業権になります。
もし海上に風車を立てるのであれば、各省庁に訪れ、更に漁業関係者を
説得させる必要性が出てきます。

この問題に対し、震災復興の為、今岩手県がアジア初の海洋実験場を作り、
2014年に稼働させるプロジェクトが起動しており、日本はこれから
洋上発電に対する仕組みづくりが築き上げている形になっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

M&Aと少子高齢化の関係

経済用語のM&A。日本国内でも有名になってきています。 この言葉が一般的になったのは、2005年のライブドアによるフジテレビ 買収騒動前後かもしれませんが、それで若干悪い印象を持った人も い …

no image

接遇に込められているもの~人への優しさと配慮~

今や飲食やホテル業界だけでなく、「接遇」は、 人との関わりで大切なこととして重要視されるようになりました。 接遇についての研修や講演会も盛んになり、 人々に浸透してきた言葉ではないでしょうか。 接遇と …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

藻における日本の可能性

2010年、日本の大学教授が従来の植物より20倍以上の石油生産力をもつ藻がある事を発表しました。 これにより日本は将来石油産油国として生まれ変わる可能性が出たのです。 この藻は、深さ1メートル、広さ1 …

no image

再チャレンジができる世の中に

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような ものがあったとされています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気 …

アーカイブ