社会

薬のネット販売を認める判決

投稿日:

PC!S
先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。
以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、
2009年薬事法改正により販売を禁止に。
これを受けて多くの人が不便を強いられてきました。

薬局がない離島の地域に住む人や、外出がままならない高齢者、
また乳児を抱えた母親も時間を問わず買い物ができるため
非常に利用しやすいものでした。

また対面では買いづらい薬もインターネットなら買いやすいと
購入される理由もあるようです。

この最高裁の判決ですでに2社が販売を開始して、また快適に
薬を求められるようになりました。

なぜこうした規制が起こったのかというと、ネット販売ではできない、
薬の対面販売による指導が必要とみなされたからなのです。

対面販売をしないことで薬の危険性を十分に伝えられず、副作用が
起こってしまった症例報告があがった現実があります。

しかし、対面販売でも薬の説明手順をしていない薬局は多くあり、
また海外からの個人輸入にはなにも規制がかからないので
薬のインターネット通信販売規制は解除されたのです。

多くの人が利用するインターネット。しかし、こうした法規制は厚生労働省が
IT技術に慎重だったため、副作用の問題をあげ制限を加えていきましたが、
これからもまだまだ成長する分野のインターネット業界において、
この制限が意味を成していたのか規制から解除までの流れを見ると
稚拙な判断で私たち国民は不便を強いられてきたとしか思えません。

確かに副作用や薬害などの様々な危険性は伴いますが、便利な
インターネットを利用した安全な薬を買うルール作りを
今後もお願いしたいものです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

ワーキングプアと生活保護

ワーキングプアという言葉もよく知られるようになったと思います。 いくら働いても生活保護以下の生活しかできないような 人々のことを言います。実際に最低賃金法で決められている 最低賃金で週五日、8時間働い …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

no image

イスラム教徒の観光客について

震災における風評被害が収束化し、今多くの海外観光客が日本に 戻ってきています。その中において、昨年日中関係の悪化に伴い、 中国人観光客が減っていく問題を日本の観光関連企業が抱えています。 この問題を解 …

no image

親から住宅資金を借りる場合

住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を 受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、 住宅の購入資金以上のお金が必要になります。 もし、ちゃんと返すつもりでいるのな …

アーカイブ