社会

薬のネット販売を認める判決

投稿日:

PC!S
先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。
以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、
2009年薬事法改正により販売を禁止に。
これを受けて多くの人が不便を強いられてきました。

薬局がない離島の地域に住む人や、外出がままならない高齢者、
また乳児を抱えた母親も時間を問わず買い物ができるため
非常に利用しやすいものでした。

また対面では買いづらい薬もインターネットなら買いやすいと
購入される理由もあるようです。

この最高裁の判決ですでに2社が販売を開始して、また快適に
薬を求められるようになりました。

なぜこうした規制が起こったのかというと、ネット販売ではできない、
薬の対面販売による指導が必要とみなされたからなのです。

対面販売をしないことで薬の危険性を十分に伝えられず、副作用が
起こってしまった症例報告があがった現実があります。

しかし、対面販売でも薬の説明手順をしていない薬局は多くあり、
また海外からの個人輸入にはなにも規制がかからないので
薬のインターネット通信販売規制は解除されたのです。

多くの人が利用するインターネット。しかし、こうした法規制は厚生労働省が
IT技術に慎重だったため、副作用の問題をあげ制限を加えていきましたが、
これからもまだまだ成長する分野のインターネット業界において、
この制限が意味を成していたのか規制から解除までの流れを見ると
稚拙な判断で私たち国民は不便を強いられてきたとしか思えません。

確かに副作用や薬害などの様々な危険性は伴いますが、便利な
インターネットを利用した安全な薬を買うルール作りを
今後もお願いしたいものです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

敦賀原発をはじめとする活断層調査に対する考え方の根本的な間違い

先日、原子力規制委員会は、活断層調査を行った敦賀原発2号機について、 下層部を走っている破砕帯は、活断層と考えられるとの見解を示し、 その発表を受けた野田総理大臣は、廃炉を念頭において対応を進める旨の …

no image

ついにNHK総合も見る番組が無くなってきた

NHK総合テレビに見るべき中身のある番組が極端に 減ってきました。NHKの視聴者迎合は、自らの質を どんどん落としているように感じます。 放送法で定められた高い視聴率を徴収しているから、 過去のように …

no image

PPPという公害における責任費用について

PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、 企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う 「汚染者支払いの原則」をさします。 自動 …

no image

為替取引を為替のオンラインで

外国為替を始める人たちが増えているようですが、 オンラインによる取引が人気を集めているようです。 オンラインの為替取引を行なう取り柄にはどんなものが あるのでしょうか。 外国為替取引を行う場合、通常は …

no image

地震のデマツイートには罰則を

今回の地震でデマツイートが流れたことが 話題になっています。 3.11の際、twitterが有効に活用され、 状況確認や救助に繋がったというのは有名な 話ですが、それが悪用され、今閉じこめられていると …

アーカイブ