社会

薬のネット販売を認める判決

投稿日:

PC!S
先ごろ、薬がインターネットで買えるようになる最高裁の判決がでました。
以前はインターネットの通信販売で買うことが可能でしたが、
2009年薬事法改正により販売を禁止に。
これを受けて多くの人が不便を強いられてきました。

薬局がない離島の地域に住む人や、外出がままならない高齢者、
また乳児を抱えた母親も時間を問わず買い物ができるため
非常に利用しやすいものでした。

また対面では買いづらい薬もインターネットなら買いやすいと
購入される理由もあるようです。

この最高裁の判決ですでに2社が販売を開始して、また快適に
薬を求められるようになりました。

なぜこうした規制が起こったのかというと、ネット販売ではできない、
薬の対面販売による指導が必要とみなされたからなのです。

対面販売をしないことで薬の危険性を十分に伝えられず、副作用が
起こってしまった症例報告があがった現実があります。

しかし、対面販売でも薬の説明手順をしていない薬局は多くあり、
また海外からの個人輸入にはなにも規制がかからないので
薬のインターネット通信販売規制は解除されたのです。

多くの人が利用するインターネット。しかし、こうした法規制は厚生労働省が
IT技術に慎重だったため、副作用の問題をあげ制限を加えていきましたが、
これからもまだまだ成長する分野のインターネット業界において、
この制限が意味を成していたのか規制から解除までの流れを見ると
稚拙な判断で私たち国民は不便を強いられてきたとしか思えません。

確かに副作用や薬害などの様々な危険性は伴いますが、便利な
インターネットを利用した安全な薬を買うルール作りを
今後もお願いしたいものです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

仕事なく今日も一日「追い出し部屋」

「追い出し部屋」が話題となり、厚労省なども実態の調査に 乗り出しているようで、ツィッターなどでも熱い議論となっているようです。 元は朝日新聞がパナソニックの「事業・人材強化センター」という部署が、 そ …

no image

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で 騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、 日本を観光立国にする事です。 今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多 …

イクメンの活躍に女性がいらつくのは何故?

イクメンということで育児をしている 男性がもてはやされるような世の中に なってきていますが、イクメンの活躍に 女性がいらついているというような 内容の記事が出ていました。 その理由を見ますと 本当は名 …

no image

2050年の未来予測

先ほど本屋に行きましたら 2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり 宣伝されていました。 英エコノミストの予測ということで 非常に気になるところです。 2013年をいよいよ迎えるというときに 2 …

no image

来年受験する人に向けて

今の中学生や高校生は受験に向けてラストスパートを かけていると思います。 そこで勉強しているうちに「もっと勉強しておけばよかった」と 思う人もいるはずです。 そこで来年受験をする中高生やそのお父さんお …

アーカイブ