ビジネス

インターネット時代と仕事の可能性

投稿日:

PC!S
時代とともに「仕事」といったものの概念も大きく変わりつつあります。

仕事には収入を得るための仕事と、家事や育児のように生活の一環と
しての仕事がありますが、ここでは収入を得るための仕事に限って考えたいと思います。

かつては仕事の多くは企業の一員として正社員やアルバイト、
もしくは派遣といった形態で働くか、そうでなければ自分で事業を
立ち上げて行うものでした。

それらに必ず必要になるのは、外に出て人に出会うということです。
言い換えるなら、仕事を認められる前に、自分を認識してもらって
相手に受け入れられるといった壁がありました。

しかし近年、インターネットの存在によって、
新たな形態の仕事が現れてきました。

インターネットで収入を得る方法は様々です。
例えば、オークションで不用品を競売にかける。
ブログを開設して、広告を掲載する。
企業などが募集している商品のモニターになる。
テキストや絵を投稿するしたり、データ入力をする。
などなど、今後も種類はどんどんと増えてくるでしょう。

これらインターネットでの仕事の多くに共通しているのは、
人に会わなくても良い。ネットだけで完結できるという点です。

人に会わなくても良いというと、ネガティブなイメージを
持つ人がいますが、そうとばかりは言えません。

外に出て人と会う必要が無いということは、男性でも女性でも、
若い人でも老人でも、障害者でも外国人でも、仕事の結果さえ出せば
平等に収入を得られるという、差別のない仕事であるということです。

もちろんインターネットには良いことばかりでは無く、ネット犯罪や
ネットと子供の問題など、多くの課題を抱えていることは事実です。

しかし、その良い面を上手に利用していくかどうかで個人の人生さえも
大きく変えて行く可能性があることは、決して否定出来ないようです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

三菱UFJ銀行も人数削減 結局AIに仕事がとられていく

三菱UFJ銀行も6000人を削減するということが発表されました。 特にリストラ等を行うわけではなく、自然減で減らすということが書かれています。 みずほフィナンシャル・グループも19000人の削減、こう …

no image

“特保コーラ”が炭酸市場を牽引

キリンビバレッジの「キリンメッツコーラ」やサントリー食品インターナショナルの 「ペプシスペシャル」など特定保健用食品の“特保コーラ”の大ヒットにより、 国内炭酸飲料市場が拡大しているという記事がありま …

Amazonで買い物したことはあるか?当然ありますよね?

Amazonで買い物をしたことが あるのかどうか、これについてTOKYO FMが リスナー調査をしたそうです。 その結果が 頻繁に買い物している 24.6% ときどき買い物する 34.4% 何回かは買 …

no image

iPadのリアル通訳 通訳の業界が変わる?

iPad経由で専属の通訳を呼び出してそこで 通訳してもらうというサービスが人気を 集めているようです。 参考) iPad経由で専属の通訳を呼び出せる「リアル通訳」が人気 http://headline …

no image

「女性スタッフが活躍中!」の募集と男女雇用機会均等法

最近のバイト募集雑誌を見ていると 「女性スタッフが活躍中!」という表現が かなり多く見つかることに気づきました。 これってどういう意味なのでしょうか? 女性スタッフが多いから女性の方も安心です。 なの …

アーカイブ