ビジネス

インターネット時代と仕事の可能性

投稿日:

PC!S
時代とともに「仕事」といったものの概念も大きく変わりつつあります。

仕事には収入を得るための仕事と、家事や育児のように生活の一環と
しての仕事がありますが、ここでは収入を得るための仕事に限って考えたいと思います。

かつては仕事の多くは企業の一員として正社員やアルバイト、
もしくは派遣といった形態で働くか、そうでなければ自分で事業を
立ち上げて行うものでした。

それらに必ず必要になるのは、外に出て人に出会うということです。
言い換えるなら、仕事を認められる前に、自分を認識してもらって
相手に受け入れられるといった壁がありました。

しかし近年、インターネットの存在によって、
新たな形態の仕事が現れてきました。

インターネットで収入を得る方法は様々です。
例えば、オークションで不用品を競売にかける。
ブログを開設して、広告を掲載する。
企業などが募集している商品のモニターになる。
テキストや絵を投稿するしたり、データ入力をする。
などなど、今後も種類はどんどんと増えてくるでしょう。

これらインターネットでの仕事の多くに共通しているのは、
人に会わなくても良い。ネットだけで完結できるという点です。

人に会わなくても良いというと、ネガティブなイメージを
持つ人がいますが、そうとばかりは言えません。

外に出て人と会う必要が無いということは、男性でも女性でも、
若い人でも老人でも、障害者でも外国人でも、仕事の結果さえ出せば
平等に収入を得られるという、差別のない仕事であるということです。

もちろんインターネットには良いことばかりでは無く、ネット犯罪や
ネットと子供の問題など、多くの課題を抱えていることは事実です。

しかし、その良い面を上手に利用していくかどうかで個人の人生さえも
大きく変えて行く可能性があることは、決して否定出来ないようです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

フリーライターはそんなに儲かる職業ではない?

最近ではネットの記事を専門に書くような人も増えて きて、ライターさんとはどういう人なのかということに 興味を持って見ていました。 BLOGOS等の論評サイトで見てみると、 月に60~70本の記事を書い …

no image

「給料が安い」「残業多すぎ」「ブラック」解決する方法は??

「給料が安い」「残業多すぎ」「ブラック」 おまえが選んだ会社だからおまえが悪い、 こんな内容で議論されている掲示板があって気になりました。 確かに自分で選んでしまったというのはありますが、 入る前から …

no image

ワタミの理念と現実

ワタミ(和民)といえば、居酒屋でもちろん有名ですが、 社長がマスコミに頻繁に出てくることでも有名になっていますよね。 今は実質的な利益を上げているのは介護事業とのことで かなりの多角化を進めているよう …

サンリオが著作権違反のサービスと提携してはダメ

サンリオがMERYとのコラボを 撤回したということがニュースに なっています。 サンリオが「MERY」とのコラボを撤回しました。記事の非公開が相次ぐ中、「お客様に迷惑になりかねない」と判断しました。 …

WBSで特集したAIタクシーの実力と今後

WBS(ワールドビジネスサテライト)で AIタクシーについての特集がされていました。 AIとは人工知能のこと。 どういったタクシーかといいますと 普通に運転手が運転しているタクシーには 代わりはありま …

アーカイブ