雑記

芥川賞直木賞と本屋大賞

投稿日:

memo1228
出版関係の賞というのはいろんなものがあります。
特に有名なのは芥川賞と直木賞だと思います。

芥川賞は、「蜘蛛の糸」「藪の中」などで有名な芥川龍之介の
名前を冠して菊池寛が創設した文学賞で、純文学作品を対象にしているので、
娯楽性のよりも文学としても芸術性が高いものが評価されます。

エンターテイメント性が高い娯楽作品は、同じく菊池寛が創設した
直木賞の対象となります。
直木賞は多くの大衆時代劇小説を書いた直木三十五の名から付けられました。

芥川賞や直木賞は、ベテラン小説家や出版関係者などで
構成される選考委員が選出します。

多くの文学賞は、文学や出版関係の大御所が選出することが
多いのですが、近年注目を集めている本屋大賞というのは趣を異にする賞です。

本屋大賞とはその名の通り、小説家や出版関係者でもなく、
読者が選出するのではなく、書店員が選ぶ文学賞です。
どちらかといえば読者目線での選出ということになるのかもしれませんが、
常日頃から多くの本に接していて、なおかつ出版業界についても多少は
知っているので、読者が選出したものとは異なることも多いようです。

単純に自分が読んで面白かった本と選ぶというのではなく、
お客様にも薦めたい本というところが本屋大賞のポイントなのかもしれません。

本屋大賞で選ばれる本は、出版社が力を入れて宣伝りたり
有名作家が書いた本ばかりとは限りません。

本を売る現場で働く人だからこそ見つけたような、思わぬ掘り出し物が
本屋大賞で選ばれることもよくあります。
そのせいなのか、本屋大賞に選ばれてからベストセラーに
化けた本も多くあります。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スマートフォンがあれば大都会も安心して歩ける

スマートフォンが普及し多くの人が持つようになりましたが、 やはり使っていてとても便利だからではないかと思います。 外にいながらも、すぐにインターネットに繋ぐことができますし、 タッチパネルなのでサクサ …

no image

日常生活を充実させること

日常の生活がつまらない、毎日同じことの繰り返し。 これは誰でも考えることだと思います。学生だって毎日学校に 行って勉強して帰ってきて終わり。バイトをしている人だって 毎日バイトで帰ってきて終わり。 社 …

no image

死蔵している大型スピーカーの修理と再利用方法

今から20年から30年ほど前に、オーディオブームと呼ばれるブームがありました。 「原音再生」を目標に、様々な大型スピーカーやオーディオ製品が発売されたのです。 この当時のスピーカーを、大型リサイクルシ …

no image

nexus7のCMがiPadとそっくり

nexus7のCMって見たことがありますか? iPadとそっくりだと思いませんか? 何気なく見ていて、新しいバージョンのiPadが 出たんだなあ、なんて思っていました。 そうしたら最後にロゴで 「go …

no image

時代の変遷と悪の組織

今年でシリーズ42周年を迎える、石ノ森章太郎氏の 原作による大人気テレビドラマシリーズ『仮面ライダー』シリーズ。 このシリーズに登場する、仮面ライダーの敵たちも時代によって 大きく変遷しました。そして …

アーカイブ