社会

予防医療による医療費削減で国を元気に

投稿日:

昨今、我が国の医療費は少子高齢化によって膨れ上がる一途を辿っており、
公的機関でも社会福祉制作の在り方について連日議論される、
大きな問題のひとつとなっています。

ご存じ日本の長寿率は先進国のトップクラスを保ち続けているわけですが、
高額な高度医療技術や延命治療によって長生きすることに、
少なからず疑問の声が上がっているのも事実です。

今後国家として国民にかかる医療費の削減をする為には、
一体どのようなことが必要となってくるのでしょうか。

国会で議論が交わされ法案が作られていくことによって、
様々な社会福祉制度の設計や見直しは可能でしょう。
しかし、何よりもまず一番に大切で、かつ私たち一人ひとりにできることは、
自分自身の健康を大切にし、病気の予防に努め元気に老いていくと
いう意志なのではないでしょうか。

選挙で政治を変えていくことももちろん大切なことですが、
自分の生き方で国を変えていくこともできるのです。
これは本当の民主主義と言えるでしょう。

近年のデータから、我が国の医療費のおよそ1/30が
人工透析へ使用されていることがわかっています。

人工透析が必要な患者には、生まれながらに治療が必要な方も
少なからず含まれているので一概には言えない部分もありますが、

2型糖尿病による腎臓機能への悪化が原因となり、透析をしなければ
ならない患者が多くを占めているのです。

糖尿病にも様々な原因がありますが、やはり生活習慣病の代表的な症状であり、
予防や改善に基本的に必要とされるのは、健康な食生活と適度な運動習慣です。

一人の力では微々たるものかもしれませんが、多くの人が健康を意識することによって
国の医療費という問題まで改善できる力を持っているのです。
選挙権と同じように、自分の体・生き方を大切にしましょう!

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

no image

政権交代と両極端すぎる行動

ついに政権交代が発生しましたね。 特定の政党に肩入れはしないでこのブログは 書いていこうと思いますが、現政権に不満を 持っているという人が大半であったということは 民意であり事実であったといえると思い …

no image

遺言書の相続における有効性

被相続人が亡くなって相続を開始する場合は、まず遺言書の 有無の確認から始めます。 遺言は、人の生前の意思を死後に実現させるための 手段として制度化されたものです。 民法は、自分の財産を遺言によって自由 …

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

no image

キャッシュフロー・クワドラントの真実

キャッシュフロー・クワドラントという言葉を 知っていますか? 金持ち父さんのシリーズで出てくる有名な 図になりますが 右上から時計周りに「B」「I」「S」「E」と 書いてあるものです。 B・・・ビジネ …

アーカイブ