社会

予防医療による医療費削減で国を元気に

投稿日:

昨今、我が国の医療費は少子高齢化によって膨れ上がる一途を辿っており、
公的機関でも社会福祉制作の在り方について連日議論される、
大きな問題のひとつとなっています。

ご存じ日本の長寿率は先進国のトップクラスを保ち続けているわけですが、
高額な高度医療技術や延命治療によって長生きすることに、
少なからず疑問の声が上がっているのも事実です。

今後国家として国民にかかる医療費の削減をする為には、
一体どのようなことが必要となってくるのでしょうか。

国会で議論が交わされ法案が作られていくことによって、
様々な社会福祉制度の設計や見直しは可能でしょう。
しかし、何よりもまず一番に大切で、かつ私たち一人ひとりにできることは、
自分自身の健康を大切にし、病気の予防に努め元気に老いていくと
いう意志なのではないでしょうか。

選挙で政治を変えていくことももちろん大切なことですが、
自分の生き方で国を変えていくこともできるのです。
これは本当の民主主義と言えるでしょう。

近年のデータから、我が国の医療費のおよそ1/30が
人工透析へ使用されていることがわかっています。

人工透析が必要な患者には、生まれながらに治療が必要な方も
少なからず含まれているので一概には言えない部分もありますが、

2型糖尿病による腎臓機能への悪化が原因となり、透析をしなければ
ならない患者が多くを占めているのです。

糖尿病にも様々な原因がありますが、やはり生活習慣病の代表的な症状であり、
予防や改善に基本的に必要とされるのは、健康な食生活と適度な運動習慣です。

一人の力では微々たるものかもしれませんが、多くの人が健康を意識することによって
国の医療費という問題まで改善できる力を持っているのです。
選挙権と同じように、自分の体・生き方を大切にしましょう!

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

有休をとる理由を聞いてはいけない マイナビ記事も削除に

有給休暇を取る理由を聞いてはいけない、 というのが法律で決まっている話は 常識にも関わらず守れていない企業が 多いものになっています。 理由の提示の強制はできず 労働者の権利としてとることが できるも …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

no image

老齢厚生年金に関わる免除制度の注意点

老年厚生年金の免除制度としてベースである国民年金が免除になるという 制度がありますが注意点があります。 国民年金の免除制度の条件には、「前年所得(1月から12月)が○○円以下」と いう内容が含まれてい …

no image

今日からモテ女子の自己管理力を身に着けましょう

癒し系でふんわりした雰囲気のモテ女子。 あの娘ばっかり男性にひいきされてずるい! なんて思ったことは無いでしょうか? 羨む前に、モテ女子の皆さんは、普段からどんな自己管理を しているのかを学びましょう …

アーカイブ