雑記

不動産購入を検討中の人へ。一戸建ての利点を紹介

投稿日:

011733
不動産購入を考えている人で、一戸建てかマンションにしようか
迷っている人に向けて、一戸建ての利点を紹介したいと思います。

一戸建ての最大の利点は住み心地が良いことです。
マンションと比べるとよくわかりますが、一戸建てはやはり広さが
断然違います。

一戸建てのスパンはとても広いので開放感が段違いです。
スパンは部屋の両端にある梁と梁の間の長さのことで、
間口とも呼ばれている部分のことです。

一般的な一戸建ての間取りは、一階部分はスパンが10メートル以上で
あることが普通です。
これほど広いスパンはマンションでは、よほど広い物件でない限りは
お目にかかれないでしょう。

3L~4LDKの一戸建てであれば、一階にはキッチン・リビング・ダイニング・
和室などが庭に面して並んで配置することも可能です。
このように庭に面した配置にすると、外を眺めることが出来るので、
より広さを感じられます。

間口も広くとれるので、部屋の中にいても圧迫感を感じることなく、
広々と暮らせます。2階部分に寝室を配置する場合も、
バルコニーやベランダなどを付けられるので、ここでも開放感が感じられます。

このように一戸建ては広いので住み心地が良いのですが、更に窓の
大きさや数を多くすることでより住み心地はアップします。

角部屋に当たる所は窓を二つ作れるので、風通しや日当たりが良く出来ます。
この窓のおかげで開放感が更に増します。
浴室や階段部分にも窓を付け、自然の光・木々の緑が目に入る様にすることで、
精神的にもリラックス出来る住宅となります。

これらの住み心地の良さはマンションでは実現はほぼ出来ません。
魅力的だと思った人は一戸建てがおススメです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

吉田秀和と丸谷才一

文学とりわけ評論分野で戦後日本を代表する知識人、吉田秀和氏と丸谷才一氏 が今年亡くなりました。新聞での扱いも特別で、各紙に大きな追悼関連記事が 掲載されました。どちらも亡くなる直前まで現役として活動さ …

no image

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、 同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。 帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、 酒乱の傾向があり、辞 …

no image

算数の疑問「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」

子供が学校で習ったことがわからなくて先生に聞いても よく分からず親の自分に聞いてきた、そんなときにビシッと 答えられたら親の株は急上昇です。 そこで、よくある算数の疑問をうまく説明する方法をご紹介しま …

no image

貧乏月間を生き抜く超手抜きランチのススメ

「給料日が終わったばかりなのに、次の給料日まで全然お金がない!」 いつの間にか娯楽に浪費し、 こうしたピンチに立たされた経験は無いでしょうか? 節約しやすい標的がランチ。 800円のレストランランチを …

no image

雛人形の配置と持ち物

年が明けて、春の訪れを伝えるお祭りが「ひな祭り」です。 ひな祭りの由来には諸説があり、明確にはなっていませんが、 中国の人形を川に流してお祓いをする風習に端を発し、 平安時代になって貴族の子供達による …

アーカイブ