社会

経済と環境の両立における課題

投稿日:

memoS1
現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、
いわば経済と環境の両立が求められています。

ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。
日本人は主にメディアに取り上げられた内容を鵜呑みにし、極端になる
性質を持っています。

つまりその取り上げられた課題に対し、様々な問題があるにもかかわらず
狭い範囲にしか力を入れない所があるのです。

例えば廃棄物を焼却すればダイオキシンが発生するとメディアが報道し、
ゴミを燃やすべきではないという世論へと発展しました。

しかし、ダイオキシンというのは実際に体の中に入っても害ですが、
大量摂取しなければ影響が出ず、母乳から赤ん坊に伝わるのではないかと
心配した母親がいましたが、実際は体への影響がないという形になっています。

この問題のなし取り組みに対し、一種の不安要素から極端に行動する
形になっているのが日本人の性質であり、極論によって大きく論点からずれる事が
起こってしまいます。

こういう問題から廃棄物処理において問題だとされているのが3つとされています。
1つは廃棄物における悪影響の評価の難しさ。
2つ目は個人的評価の違い。
最後は調整機能の欠如です。

1つ目の問題に対しては先ほどのダイオキシンの問題に対しても
廃棄物に対する悪影響は一般の人が理解するのは難しい部分があります。

2つ目においては、問題があったとしても気にする人と気にしない人がいる為、
このような環境問題に対しても一騎団結して取り組む困難さがあります。

最後は問題が発生した場合、行政や国が新しい制度を作るなど対策を打つべきですが、
日本の行政は縦割りになっている為、調整機能と意思決定がうまく働かない
構図になっています。

日本は過去、家電リサイクル法を成立した際、日本企業はエコビジネスを行い、
現在も代表とするビジネススタイルを築いています。

故にこの3つの課題に対しては、まず新たな行政の枠組みを作ることから始め、
枠組みを作った後、先ほどの2つの問題に対し、どのように行動すべきか制度を
整えるなど、一つずつ解決を進めていくことが正しい方法なのではないかと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

音楽教室という習い事

経済的な不況が続いて長くなりますが、お子様やご自身の 余暇の使い方の一つとして、習い事をなさっている方もいらっしゃると思います。 お子様の習い事の中でも人気なのは英会話教室や塾でしょうし、 大人の方だ …

no image

改正高年齢者雇用安定法はワークシェアリング?

改正高年齢者雇用安定法が施行されるということで NTTグループで、65歳までの雇用継続のため、40~50代の 人件費上昇を抑え、60~65歳の再雇用者の年収を 現行の200万円台から300万~400万 …

no image

親から住宅資金を借りる場合

住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を 受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、 住宅の購入資金以上のお金が必要になります。 もし、ちゃんと返すつもりでいるのな …

no image

2013年 生命保険の保険料の値上げ

2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる 可能性が高まっています。その原因となるのが、 金融庁による「標準利率の引き下げ」です。 生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を …

no image

エンジョイライフのために、、、紙おむつのススメ

紙おむつの需要は、今や乳幼児より成人に多くあるようで、 今年は大人用の紙おむつが子供用の生産を上回る勢いなのだそうです。 少子高齢化がますます深刻化するのに伴い、大人用紙おむつは ドラッグストア等の棚 …

アーカイブ