社会

経済と環境の両立における課題

投稿日:

memoS1
現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、
いわば経済と環境の両立が求められています。

ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。
日本人は主にメディアに取り上げられた内容を鵜呑みにし、極端になる
性質を持っています。

つまりその取り上げられた課題に対し、様々な問題があるにもかかわらず
狭い範囲にしか力を入れない所があるのです。

例えば廃棄物を焼却すればダイオキシンが発生するとメディアが報道し、
ゴミを燃やすべきではないという世論へと発展しました。

しかし、ダイオキシンというのは実際に体の中に入っても害ですが、
大量摂取しなければ影響が出ず、母乳から赤ん坊に伝わるのではないかと
心配した母親がいましたが、実際は体への影響がないという形になっています。

この問題のなし取り組みに対し、一種の不安要素から極端に行動する
形になっているのが日本人の性質であり、極論によって大きく論点からずれる事が
起こってしまいます。

こういう問題から廃棄物処理において問題だとされているのが3つとされています。
1つは廃棄物における悪影響の評価の難しさ。
2つ目は個人的評価の違い。
最後は調整機能の欠如です。

1つ目の問題に対しては先ほどのダイオキシンの問題に対しても
廃棄物に対する悪影響は一般の人が理解するのは難しい部分があります。

2つ目においては、問題があったとしても気にする人と気にしない人がいる為、
このような環境問題に対しても一騎団結して取り組む困難さがあります。

最後は問題が発生した場合、行政や国が新しい制度を作るなど対策を打つべきですが、
日本の行政は縦割りになっている為、調整機能と意思決定がうまく働かない
構図になっています。

日本は過去、家電リサイクル法を成立した際、日本企業はエコビジネスを行い、
現在も代表とするビジネススタイルを築いています。

故にこの3つの課題に対しては、まず新たな行政の枠組みを作ることから始め、
枠組みを作った後、先ほどの2つの問題に対し、どのように行動すべきか制度を
整えるなど、一つずつ解決を進めていくことが正しい方法なのではないかと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

丸いシェルター

今日のワールドビジネスサテライトの トレンドたまごの特集では丸いシェルターに ついて特集していました。 個人用として使えて、水にも浮いて 防水耐性、衝撃体制のようです。 凄い・・・けど、一体これを購入 …

no image

IPS細胞を想像した教授の言う今後の日本の姿勢

昨年、IPS細胞においてノーベル賞を受賞した山中教授は 今後IPS細胞の実用化に向け力を入れていくことを表明しています。 しかし、IPS細胞を実用化する上で今、日本の科学者に対する 姿勢の問題が浮き彫 …

no image

今年の貯蓄

今年の貯蓄は何をされましたか? 毎年夏と冬と貯蓄をしようと思っていますが、今年は定期貯金の金利が低すぎて、 定期貯金以外の商品を考えることにしました。 定期貯金は郵便局の定額貯金も含めて安全性が高く、 …

no image

再チャレンジができる世の中に

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような ものがあったとされています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気 …

no image

内定辞退者に罵詈雑言

不況の影響で就活に苦しむ学生が多いといわれる昨今ですが、 内定がもらえたらもらえたで、もしその内定を辞退すると 採用担当者から罵詈雑言を浴びせられるケースがあるという記事を見ました。 この背景にあるの …

アーカイブ