雑記

湯たんぽであったかエコ生活

投稿日:

yorokobiS
寒い日が続きますね。1月になると新春だ、新春だ、と春と
いわれるのにちっとも暖かくなりません。

それもそのはず、1月には大寒があり、1月から2月は1年で
最も寒い時期でもあるのです。

そんな寒い時期に大活躍なのがあれです、湯たんぽ。
湯たんぽ……なんだかノスタルジーな響きですね。
でも、今でも十分役に立ちますよ。

私は寒いのが大の苦手で、湯たんぽを使うようになるまでは、
1日中暖房をつけ、寝るときも電源を入れたままにすることもしばしば。

そんな生活は地球にやさしくないし、電気代も嵩むことがわかっているのに、
やめられませんでした。
でも、暖房器具によって強制的に部屋を暖めるのは地球にやさしくないことは
もちろん、実は身体にも良くないのです。

暖房器具をつけっぱなしで寝たら、空気が乾燥して、喉がイガイガ、
そんな経験はありませんか?それに冬はもともと寒いものなのに、
ずっとあたたかいと人間の自律神経が狂ってしまうこともあるようです。
暖房のつけっぱなしには注意したいですね。

その点、湯たんぽは寝るときに使用しても、つけっぱなしの暖房と違って、
ゆっくりと冷めていくので、人間の自律神経を狂わせたりはしないようです。

湯たんぽの使い方は、本体にお湯を注ぎ、タオル等で巻いて、
布団に入れる。たったこれだけ。でも、朝まであたたかいですよ。

布団がほかほかします。布団にしのばせる時は、最初は布団の真ん中らへんに置いて、
歯磨き等をして布団があたたまるのを待ちます。

自分が布団にもぐりこむときに、湯たんぽを足元へずらします。
こうすると全体があたたかくなりますよ。
地球にもお財布にもやさしい、湯たんぽ生活を始めてみませんか?

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「当日最大料金」と「24時間最大料金」の違い

街中にあるコインパーキングなどの時間貸し駐車場の多くは、 駐車料金に最大料金制をとっています。 最大料金とは、その金額以上は課金されない料金のことです。 例えば、10分100円・最大料金2,000円の …

no image

鏡餅とのし餅、小餅の硬さの違い

東京の武道館にある大きな鏡餅は よくニュースに流れますが この鏡餅は、普段私達が食べ小餅やのし餅と 硬さが違うようにつかないといけないのです。 最近の市販されている小餅は 餅粉が入っているために ゆで …

no image

スマホは高齢者にとって難しい?

スマホは徐々に世の中に普及し、従来の携帯電話と 入れ替わっているという状況だと思います。 スマホユーザーの9割がPCサイトの閲覧に不満–急速に浸透するLINE http://japan.c …

no image

人の意見は聞くな

「人の意見は聞くな。」 こんな話について通常は社会的には賛同できないと 思いますが、この記事を読むと納得できるものがあります。 LifeClipさん http://lifeclip.org/diary …

no image

スパムコメントを送るくらいならきちんと書けばいいのに

今日もスパムメールのコメントがたくさん 送られてきて、全て削除しました。 一時期ありましたスパムコメントですが また激しくなってきたみたいですね。 自分自身はなかなか人のブログにはそう交流していない人 …

アーカイブ