雑記

人生大変な時が「大きく変われる時」

投稿日:

koredaS
人生をいろいろな事が起こり、大変な中をなんとかして切り抜けてみると、
自分が大きく変わった感じがしませんか。
大変とは「大きく変わる」と書きます。ピンチの時こそ、大きく変われる
成長できるチャンスなのです。

また、一般的に人は成長するために、人と比べて努力してみようとか、
ガマンしてやっただけ成果があるものだとか、 常識的に考えてとか
科学的根拠のある事とか往々にして言える先人の言葉とかを信じて
やってみようとか、日々勉強しながら納得できる現実的なものを必死に
実践しようとするものですが、どうもしっくりいかない部分があるものです。

そんな時は、年上の人生の先輩からいろいろ話を聞いてみるとよいでしょう。
同じ思いをしていた頃とか体験談を聞いてみてください。

すると、ある瞬間に、不思議な運や縁があると感じられ、感謝や感動が
自分を包み、すんなりと前に進めそうな気になれるものです。

また、身の毛がよだつほどの奇麗事と捉える人も多いでしょうが、
相手の役に立ちたいという時には、自分の我(欲)を捨てて
(我慢ではなく、我を認めながら置いといて)やってみると、
相手によっては、気持ちが通じなかったり、誤解されたり、
非難されたりすることもあるかもしれませんが、それによって
別のところから思いもよらない形で嬉しいことが起こり、
何年か先に思いがけず本当に感謝されることもあるものです。

今までの自分の生き方にこだわらず、自由に大変な時を受け入れてみてください。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

「禿げを放置する男は許せない」はひどい

20代独身女性の約半分は、薄毛の男性を「恋愛対象」とみなしていない、 なんて内容がSPAで発表され、ヤフーニュースにも 載っていたりします。 20代独身女子「禿げを放置する男は許せない」 http:/ …

no image

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。 あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の 『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば 漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づく …

no image

牡蠣の食べ放題

最近牡蠣の特集が雑誌などでよく組まれています。 そんな私も牡蠣が好きです。 毎年、冬になると牡蠣を食べる機会が増えると思います。 しかし私は定食屋さんんなどではなく、オイスターバーや 牡蠣の産地で食べ …

no image

いつの間にかMARCHではなくMARCHINGが使われている!?実態は変わらず

大学受験の難易度グループの定番といえば MARCHという言い方がありましたが、 今MARCHINGという使われ方もされているようです。 駿台がその言い方をしているのでちょっと驚きです。 では、これらの …

no image

まとめサイトは危険!?

まとめサイトに関してこのような記事を 見つけて、はっと思いました。 「まとめサイトに洗脳された大人」と「まとめサイト思想に染まる若者たち」 趣旨としてはまとめサイトにはまるあまり、 まとめサイトの思想 …

アーカイブ