雑記

冬をあたたかく過ごす、ペットボトル湯たんぽの作り方

投稿日:

yorokobiS
今回はペットボトルで作る湯たんぽの話です。

冬になるとあたたかさが恋しくなりますね。湯たんぽのような
お湯の自然なあたたかさはペットの動物たちに続いて、本当に
魅力的です。

しかし、今やなかなかお家に湯たんぽが無いご家庭も多いでしょう。
そんな時は手軽に楽しめるペットボトル湯たんぽがおすすめです。

まず、ペットボトルを用意します。
ペットボトルは持っただけでふにゃふにゃになるようなものではなく、
しっかりしたものを。

炭酸飲料が入っていたものは避けて、お水やお茶が入っていたものが
良いです。大きさは2Lのものが長時間あたたかくておすすめしますが、
500mlや1Lのものでも構いません。

それからタオル。これはペットボトル湯たんぽに巻いてカバーにするので、
ペットボトルの大きさにあった物を選んでください。

あとは輪ゴム。材料はこれだけ。

ペットボトルに60~70度程度のお湯を注ぎます。
キャップをきっちりと閉め、タオルを巻きます。
タオルが外れないように輪ゴムで留めれば完成です。

もし、温度計が無い場合は熱湯にお水を4~5割ほど注げば60~70度程度の
お湯ができます。熱湯とお水はペットボトルに注ぐ前に合わせてくださいね。

絶対に熱湯を直接ペットボトルに注いではいけません。
このペットボトル湯たんぽはペットボトルに想定されていない使い方になります。
そのため思わぬ事故を生む可能性があります。

自己責任で安全に気をつけて使用しましょう。歪みが出てきたペットボトルは
リサイクルに出し、定期的に交換して使いましょう。
では自然なお湯のあたたかさ、湯たんぽライフを楽しんでくださいね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

読むなら、シドニーシェルダンの本がおすすめです。

読んで面白いと思うサスペンスとして、シドニーシェルダンの 本をおすすめします。 なかでもゲームの達人は、名作であろうかと思います。 タイトルを見ると、テレビゲームかなと思うわけですが、 そうではなくて …

no image

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。 当然数多くの傑作があります。 専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。 ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「 …

no image

老朽化の橋を救済する採掘機

現在、日本には高度経済成長期に建てられた今にも 壊れそうな老朽化の橋を多く抱えています。 数の多さにも問題がありますが、他にも橋を補強する為に 必要な杭が打てない問題があります。 補強工事の為には杭を …

ペットドライルームの口コミは?犬用専用ドライヤー代わりに

ペットで犬を飼っているという方、ドライヤーの反応はどんな感じですか? ペットの犬にドライヤーをかけるということは、お風呂あがり、汚れを落とすたびに毎回ということになりますが、犬にとってはストレスを与え …

no image

バッグに使用される帆布

バッグと言えば、革製のものか、ナイロン製のものが多くなっていますが、 最近は、帆布で作られたバッグを持っている若い女性をよく見かけます。 帆布は明治の頃にはすでに使われており、丈夫さを生かして人力車の …

アーカイブ