雑記

冬をあたたかく過ごす、ペットボトル湯たんぽの作り方

投稿日:

yorokobiS
今回はペットボトルで作る湯たんぽの話です。

冬になるとあたたかさが恋しくなりますね。湯たんぽのような
お湯の自然なあたたかさはペットの動物たちに続いて、本当に
魅力的です。

しかし、今やなかなかお家に湯たんぽが無いご家庭も多いでしょう。
そんな時は手軽に楽しめるペットボトル湯たんぽがおすすめです。

まず、ペットボトルを用意します。
ペットボトルは持っただけでふにゃふにゃになるようなものではなく、
しっかりしたものを。

炭酸飲料が入っていたものは避けて、お水やお茶が入っていたものが
良いです。大きさは2Lのものが長時間あたたかくておすすめしますが、
500mlや1Lのものでも構いません。

それからタオル。これはペットボトル湯たんぽに巻いてカバーにするので、
ペットボトルの大きさにあった物を選んでください。

あとは輪ゴム。材料はこれだけ。

ペットボトルに60~70度程度のお湯を注ぎます。
キャップをきっちりと閉め、タオルを巻きます。
タオルが外れないように輪ゴムで留めれば完成です。

もし、温度計が無い場合は熱湯にお水を4~5割ほど注げば60~70度程度の
お湯ができます。熱湯とお水はペットボトルに注ぐ前に合わせてくださいね。

絶対に熱湯を直接ペットボトルに注いではいけません。
このペットボトル湯たんぽはペットボトルに想定されていない使い方になります。
そのため思わぬ事故を生む可能性があります。

自己責任で安全に気をつけて使用しましょう。歪みが出てきたペットボトルは
リサイクルに出し、定期的に交換して使いましょう。
では自然なお湯のあたたかさ、湯たんぽライフを楽しんでくださいね。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

図書館利用のすすめ

最近、本を読んでいますか? 日常的に見る活字は雑誌と新聞ぐらい・・・、という方多いのではないでしょうか。 活字離れが取りざたされるようになり久しいですが、 今や大学生でさえ図書館の利用方法がわからない …

no image

まぐまぐのオフィシャルメルマガの広告

最近、メールマガジンを購読してみました。 まぐまぐのシステムを使っているメルマガだったんですけど、 登録すると大量のまぐまぐのオフィシャルメルマガという名前の広告が たくさん・・。 もちろんまぐまぐは …

no image

東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20 本当に便利な街?

東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20というのが 発表されていました。 ■東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20 1 吉祥寺・武蔵野市 2 自由が丘・目黒区 3 田園調布・大田区 4 新宿・新宿区 5 下北沢 …

no image

不動産購入を検討中の人へ。一戸建ての利点を紹介

不動産購入を考えている人で、一戸建てかマンションにしようか 迷っている人に向けて、一戸建ての利点を紹介したいと思います。 一戸建ての最大の利点は住み心地が良いことです。 マンションと比べるとよくわかり …

no image

バイクのススメ

自動二輪の免許をとることをおすすめします。 バイクには、とっても得するメリットがたくさんあるのでご紹介します。 まず、春から夏、秋にかけて最高に気持ちいいことが一番です。 これは、バイクに乗ったことの …

アーカイブ