社会

中国の経済制裁から見る正しい生き方とは

投稿日:

021935
中国が主張する領海区域は日本だけでなくフィリピンも含まれています。

中国は2010年9月、尖閣諸島沖合で中国の漁船が日本の巡廻船に衝突し、
船長を逮捕した時、対日のレアアースの輸出を禁止する事を行いました。

これに伴い、日本のレアアース価格は高騰し、多くの企業が経営が逼迫される
状況に陥りました。これは日本だけでなく、海外においても中国は同じような
事をしています。

フィリピンはバナナを中国に総輸出量の8割を送っていました。
しかし、中国とスカボロー島の領土問題が深刻化した際、中国はフィリピンからの
バナナに害虫がいるという理由で輸入の禁止を行いました。

この結果、フィリピンではバナナを生産していた農園が閉鎖される、
今まで作っていたバナナが家畜の餌になるなど、経営を逼迫させることが
起きました。

このような領土問題に対する中国からの経済制裁は普通に行われているのです。

しかし、これは最終的に中国の経営を圧迫させる形へと変わっていきました。
日本は2010年のレアアースショックを機に、中国以外の国からレアアースを
輸入する事を行いました。また日本にはレアアースを使う製品が多く、
それを回収して、改めてレアアースとして使用するリサイクル技術に
力を入れる事をしました。

結果、中国はレアアースを輸出する国がなくなり、中国国内における
レアアース産業は経営が悪化、休業に追い込まれ、失業者が増える形と
なりました。

もしフィリピンにおいても、日本を新しいバナナの輸出先として
取引を行っており、また中国に同じような事が起これば、中国は
更に自らの経済を悪化させる道へとたどる事になります。

自分への依存度が高い事をいい事に、相手に自分にとって都合のよい形に
持っていくことは、疎遠を生みます。

人間関係においても強硬姿勢による欠点は相手から信頼を失う事であり、
逆にもし自分がこういう目に合う場合は自立を目指す事が答えであり、
日頃から力をつけていくことが大切になっていくでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

脱ゆとりの自信 方向性はあっているのか?

ニュースを見ますと 「2015年の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で 小中学校の理数全てが過去最高点」と なったということで文科省が脱ゆとりに ついて自信を深めていると いうことです。 点数が …

no image

子供の絵画コンクール出品の勧め

子供をお絵描き教室に通わせようかと迷っているママたち、多いと思います。 お絵描き教室も良いと思いますが、私は、家でコンクールの絵を 描かせて出品していく事ををお勧めします。 特に、幼稚園児、低学年のお …

no image

facebookには食べ物を載せてはいけない

facebookの食べ物問題で炎上した話が あります。 あちこちで騒がれていたのが目につきました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 突然ですが、なにも考えずにFacebookで食べ物の投 …

no image

新聞は軽減税率の対象となるか

消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には 軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。 軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を 衰退 …

no image

敷金は返還してもらうべきです

多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを 引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。 畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、 大家さんから張り …

カテゴリ

アーカイブ