社会

中国の経済制裁から見る正しい生き方とは

投稿日:

021935
中国が主張する領海区域は日本だけでなくフィリピンも含まれています。

中国は2010年9月、尖閣諸島沖合で中国の漁船が日本の巡廻船に衝突し、
船長を逮捕した時、対日のレアアースの輸出を禁止する事を行いました。

これに伴い、日本のレアアース価格は高騰し、多くの企業が経営が逼迫される
状況に陥りました。これは日本だけでなく、海外においても中国は同じような
事をしています。

フィリピンはバナナを中国に総輸出量の8割を送っていました。
しかし、中国とスカボロー島の領土問題が深刻化した際、中国はフィリピンからの
バナナに害虫がいるという理由で輸入の禁止を行いました。

この結果、フィリピンではバナナを生産していた農園が閉鎖される、
今まで作っていたバナナが家畜の餌になるなど、経営を逼迫させることが
起きました。

このような領土問題に対する中国からの経済制裁は普通に行われているのです。

しかし、これは最終的に中国の経営を圧迫させる形へと変わっていきました。
日本は2010年のレアアースショックを機に、中国以外の国からレアアースを
輸入する事を行いました。また日本にはレアアースを使う製品が多く、
それを回収して、改めてレアアースとして使用するリサイクル技術に
力を入れる事をしました。

結果、中国はレアアースを輸出する国がなくなり、中国国内における
レアアース産業は経営が悪化、休業に追い込まれ、失業者が増える形と
なりました。

もしフィリピンにおいても、日本を新しいバナナの輸出先として
取引を行っており、また中国に同じような事が起これば、中国は
更に自らの経済を悪化させる道へとたどる事になります。

自分への依存度が高い事をいい事に、相手に自分にとって都合のよい形に
持っていくことは、疎遠を生みます。

人間関係においても強硬姿勢による欠点は相手から信頼を失う事であり、
逆にもし自分がこういう目に合う場合は自立を目指す事が答えであり、
日頃から力をつけていくことが大切になっていくでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

日本の和の精神は良いのか?

日本の和の精神についてアメリカ視点で語ったという 記事があったので興味を持って見てみました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   欧米社会では協調性をあまり重視しない傾向がある …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

no image

GPSを利用しているカーナビ

最近の刑事ドラマは、GPSを使って犯人の逃走経路を追跡したり、 人質の居場所を探しあてたりというシーンがよく出てきます。 GPSとは、グローバル・ポジショニング・システム(全地球測位システム)のことで …

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

no image

政権交代と両極端すぎる行動

ついに政権交代が発生しましたね。 特定の政党に肩入れはしないでこのブログは 書いていこうと思いますが、現政権に不満を 持っているという人が大半であったということは 民意であり事実であったといえると思い …

アーカイブ