ビジネス

中途採用面接を通過するためには

投稿日:

komattaS1
今この就業状況の中、やむなく新しい会社を
探して転職するという人、また現状の会社での限界を
感じて次の就職先を探すという人も多いのではないでしょうか。

中途採用に関しては新卒のときと違い、
これまでの経歴というのが各自異なってくるため
どのようにアプローチするかがポイントと
なってくると思います。

中途採用面接で人事が見るポイントとして
少し前の記事になりますが以下の記事がありました。

中途採用面接で人事が見るポイント
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20121216-00027149-r25

この記事の内容によると
・前職と同じ業種のときは経験者として具体的数値を
 持ち出してアピールする

・違う業種の場合は本気度をアピールする。熱意だけでなく、
 ここまで勉強してきましたということが大切

・後ろ向きな発言は控えること

とあります。

凄く当たり前のことが書いてあります。
やはり同業種は強いですよね。言葉のリアリティというのが
全く異なってきますし、1を10に見せるというのも十分
可能ですし、即戦力なのでそこまで転職できないという
悩みが出ることはないように思います。

問題は、異業種の場合。
これが本当に難しいように感じるのです。

中途半端に調べても、結果として知識の浅さを見せるような
ことになってしまいがちです。新卒の就職のときを考えれば
どんなに業界研究していたとしても社会人からすると
所詮学生の理想と夢であり、現実をあまりにも見ていないと
とってもおかしくないような出来であったと思います。

とすると、本気度として調べるというところもありますが、
やはり前職経験で「どう違う環境に適応できてきたか」
「困難な環境に直面したときに対応する能力はあるか」と
いうことにならないでしょうか。

異業種に行くということは、即戦力でなければ通常は技術職では
ないということになります。技術でない仕事の職場であれば
通常の日本であれば数年でキャッチアップできますし、
ゼネラリスト職場であれば、やり方を覚えるだけであり、
そことは違う業務習得能力、広い意味でのマネジメント能力が
求められるはずです。

今までの経歴からその部分を掘り出しておけば
可能性は高まるのではないでしょうか。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

飲食店の原価率

サラリーマンが退職して、ラーメン店や焼鳥屋などの 飲食店を開いたけど、儲かっていない、という話をよく聞きます。 すべての商売の基本は利益であり、利益の計算を無視した 商売の存続はあり得ません。利益計算 …

no image

資本主義社会を生き抜く方法

今、日本でも貧富の差が大きくなっていると いえます。 社会的弱者が増え続けていることで、資本主義なんて、 こんなシステムは役になっていないと思う人もいるかと 思います。 税金の差があるといっても富の再 …

no image

コンニャクの一例から見る海外でも売れるようにする新規開拓

日本の農業は現在、TPPの行方に伴い、海外との競争に 対抗するため、新しい新規開拓への準備が必要とされています。 しかし、現在の日本の農作物においては、海外への輸出は 増加傾向にあり、海外でも高い評価 …

RIZAPグループがジーンズメイト買収 コラボ商品が販売されるか?

RIZAPがジーンズメイトを子会社化すると いうニュースがありました。 戦略的事業資本提携ということなので、 何かコラボ商品等が販売される 可能性もあるということでしょうか? ジーンズメイトは業績が低 …

no image

アフィリエイト市場の拡大と健全化

2012年のアフィリエイト市場を見ると前年比112.6%の拡大と 1276億9000万円の市場になったとのことです。 参考) 2012年度のアフィリエイト市場、前年度比112.6%に拡大 &#8211 …

アーカイブ