ビジネス

中途採用面接を通過するためには

投稿日:

komattaS1
今この就業状況の中、やむなく新しい会社を
探して転職するという人、また現状の会社での限界を
感じて次の就職先を探すという人も多いのではないでしょうか。

中途採用に関しては新卒のときと違い、
これまでの経歴というのが各自異なってくるため
どのようにアプローチするかがポイントと
なってくると思います。

中途採用面接で人事が見るポイントとして
少し前の記事になりますが以下の記事がありました。

中途採用面接で人事が見るポイント
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20121216-00027149-r25

この記事の内容によると
・前職と同じ業種のときは経験者として具体的数値を
 持ち出してアピールする

・違う業種の場合は本気度をアピールする。熱意だけでなく、
 ここまで勉強してきましたということが大切

・後ろ向きな発言は控えること

とあります。

凄く当たり前のことが書いてあります。
やはり同業種は強いですよね。言葉のリアリティというのが
全く異なってきますし、1を10に見せるというのも十分
可能ですし、即戦力なのでそこまで転職できないという
悩みが出ることはないように思います。

問題は、異業種の場合。
これが本当に難しいように感じるのです。

中途半端に調べても、結果として知識の浅さを見せるような
ことになってしまいがちです。新卒の就職のときを考えれば
どんなに業界研究していたとしても社会人からすると
所詮学生の理想と夢であり、現実をあまりにも見ていないと
とってもおかしくないような出来であったと思います。

とすると、本気度として調べるというところもありますが、
やはり前職経験で「どう違う環境に適応できてきたか」
「困難な環境に直面したときに対応する能力はあるか」と
いうことにならないでしょうか。

異業種に行くということは、即戦力でなければ通常は技術職では
ないということになります。技術でない仕事の職場であれば
通常の日本であれば数年でキャッチアップできますし、
ゼネラリスト職場であれば、やり方を覚えるだけであり、
そことは違う業務習得能力、広い意味でのマネジメント能力が
求められるはずです。

今までの経歴からその部分を掘り出しておけば
可能性は高まるのではないでしょうか。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

買い物代行業は儲かるのか?

もともと個人が事業を行うにあたって、 何か売る商品を持っていれば良いのですが、 実際売る商品、売れる商品が手元にある人は 少ないと思います。 そんな商品がなくても「代行業」であれば できるとして、買い …

no image

今後のための後輩育成のすすめ

会社員人生ではいくつか難関が自分の前に立ちはだかると 思いますが、入社後すぐの混乱状態を抜け出すと次に 差し掛かる大きな問題が後輩育成だったりします。 別に後輩育成なんて誰でもやっていることだし、 時 …

no image

紹介予定派遣はスタッフの派遣先への就職が目的

派遣という仕事があることはすべての人に知られていますが、 「紹介予定派遣」という仕事に関しては、知らない人も少なくありません。 派遣の場合、スタッフは派遣会社に所属し、派遣会社との契約に 基づいて派遣 …

no image

東京大学の就職先としてDeNAが大躍進

ウェブ上を検索していたら東京大学の就職先として DeNAが大躍進しているというデータを見つけました。 以下のデータになります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 東京大学 新卒就職先トップ10 …

no image

第二次産業から第三次産業に代わる経緯

日本企業はかつて高度経済成長期において大量生産という 第二次産業スタイルで栄光を築いてきました。 しかし、今は韓国や中国における海外勢におされ、 経営難に陥る形へと至っています。 このことから今後新し …

アーカイブ