ビジネス

年収1000万円の転職ハードル

投稿日:

isogeS
年収1000万円の条件で転職するということは
どれくらい厳しいのか?ということで
記事を見つけました。

年収1000万クラスの求人条件は?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20121229-00027392-r25

ソーシャルゲームの分野では今多々募集があるようですが

「確かに、スキルの有無でなく、企業のミッションを遂行する即戦力になれるかが、最近の高額求人のカギです。条件も『新しい部署の責任者になれる、ソーシャルゲームのシステムをスマホ用に最適化して開発、管理できる人材』という具合。在籍している部署や手掛ける業務内容を限定したうえで、競合企業からの引き抜きを依頼されるケースも珍しくないですよ」

ということ、また会計士業界としては

「即戦力になるのはもちろん、より細かく専門性が求められるのも特徴です。たとえば、会計士業界は“買い手市場”なので、監査実務という公認会計士としての基本スキルだけでは市場価値が上がりづらい。経験に加え、数字を分析して今後の経営戦略を立てられるコンサルティング的な能力を持っていてはじめて、高額求人の対象となるんです。また、TOEICなら850点以上程度の英語力や、国際会計基準の知識も必須条件ですね」

という内容が書かれていました。

ソーシャルの分野は転職をやろうと思ってできるものではなく、
その時流に乗ったスキルを偶然なのか必然なのか身につけていた人に
限定されてしまいますよね。

これを見て今からソーシャルの勉強をしようと思ってももう遅いわけです。
またこれらのIT企業は動きも激しく、今から数年後にどうなっているかも
わかりませんし、このようなソーシャル系の技術者市場が衰退している
リスクも十分に考えられます。
この手の市場に関しては読めないとしかいえないですよね。

また公認会計士市場も、この条件では厳しいですし、正直会計士試験を
突破していることの努力やリスクを考えると割にあわないと感じてしまいます。

むしろソーシャルアプリ能力で特別なスキルを持っていたり
会計士のスキルを持っているのであれば独立する等の方が
成功する可能性が高いようにも思えてしまいます。

時代は今、原則として買い手市場です。
そこまで能力が高いのであれば、企業に雇われない道を目指したり
ベンチャー系で高めていくというのも良いのではないでしょうか。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

ホテルマンが持つボールペン 実はこれには隠された秘密があった

さわやかで清潔感のある身だしなみがモットーのホテルマン。 彼らは所作のひとつひとつ、それこそ足運びからおじぎの 角度まで徹底的に叩き込まれた、言わば接客のプロフェッショナルです。 そのプロに相応しい応 …

no image

なぜセールスマンは〝おデブ〟を狙うのか

道を歩いていると、セールスなどの勧誘に引っかかる 経験は誰にでもあるかとは思いますが、じつは世の中には 〝セールスマンを引き寄せやすい人〟が存在しています。 その人たちは人並み外れた引力でセールスマン …

no image

ビジネスにおけるブランド戦略の考え方

ブラント戦略は消費者が構築するものではなく、創造者が 中心となり実行すべきものと考えています。 真のブランドとは、ロゴとかマークではなく、創造者の理念と 行動が伴わなければ達成することはないと考えるか …

no image

知ってトクする スーパーの陳列マル秘テクニック

スーパーマーケットといえば訪れた人なんてまずいないくらい 日常に密着した店舗です。 世の中にはいろいろなスーパーがありますが、どの店へ行っても 商品の配置はある程度似通っています。 必用なもの、よく利 …

no image

アフィリエイト3ヵ月で月収200万円は可能なのか?

最近動画のプロモーションでアフィリエイトの極秘ノウハウで 3ヶ月で月収200万円になったというようなことが 流れています。 本当にこんなことが可能なのでしょうか? 月200万円の利益を出すのに 1つの …

アーカイブ