ビジネス

年収1000万円の転職ハードル

投稿日:

isogeS
年収1000万円の条件で転職するということは
どれくらい厳しいのか?ということで
記事を見つけました。

年収1000万クラスの求人条件は?
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20121229-00027392-r25

ソーシャルゲームの分野では今多々募集があるようですが

「確かに、スキルの有無でなく、企業のミッションを遂行する即戦力になれるかが、最近の高額求人のカギです。条件も『新しい部署の責任者になれる、ソーシャルゲームのシステムをスマホ用に最適化して開発、管理できる人材』という具合。在籍している部署や手掛ける業務内容を限定したうえで、競合企業からの引き抜きを依頼されるケースも珍しくないですよ」

ということ、また会計士業界としては

「即戦力になるのはもちろん、より細かく専門性が求められるのも特徴です。たとえば、会計士業界は“買い手市場”なので、監査実務という公認会計士としての基本スキルだけでは市場価値が上がりづらい。経験に加え、数字を分析して今後の経営戦略を立てられるコンサルティング的な能力を持っていてはじめて、高額求人の対象となるんです。また、TOEICなら850点以上程度の英語力や、国際会計基準の知識も必須条件ですね」

という内容が書かれていました。

ソーシャルの分野は転職をやろうと思ってできるものではなく、
その時流に乗ったスキルを偶然なのか必然なのか身につけていた人に
限定されてしまいますよね。

これを見て今からソーシャルの勉強をしようと思ってももう遅いわけです。
またこれらのIT企業は動きも激しく、今から数年後にどうなっているかも
わかりませんし、このようなソーシャル系の技術者市場が衰退している
リスクも十分に考えられます。
この手の市場に関しては読めないとしかいえないですよね。

また公認会計士市場も、この条件では厳しいですし、正直会計士試験を
突破していることの努力やリスクを考えると割にあわないと感じてしまいます。

むしろソーシャルアプリ能力で特別なスキルを持っていたり
会計士のスキルを持っているのであれば独立する等の方が
成功する可能性が高いようにも思えてしまいます。

時代は今、原則として買い手市場です。
そこまで能力が高いのであれば、企業に雇われない道を目指したり
ベンチャー系で高めていくというのも良いのではないでしょうか。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

東京大学の就職先としてDeNAが大躍進

ウェブ上を検索していたら東京大学の就職先として DeNAが大躍進しているというデータを見つけました。 以下のデータになります。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 東京大学 新卒就職先トップ10 …

no image

インターネット時代と仕事の可能性

時代とともに「仕事」といったものの概念も大きく変わりつつあります。 仕事には収入を得るための仕事と、家事や育児のように生活の一環と しての仕事がありますが、ここでは収入を得るための仕事に限って考えたい …

サンリオが著作権違反のサービスと提携してはダメ

サンリオがMERYとのコラボを 撤回したということがニュースに なっています。 サンリオが「MERY」とのコラボを撤回しました。記事の非公開が相次ぐ中、「お客様に迷惑になりかねない」と判断しました。 …

no image

LCCの料金は公平性の上に成り立っています

日本でピーチというLCC(格安航空会社)が設立されて以来、 LCCを利用する旅行者が急激に増加しています。 日本の航空会社の系列のLCCも増え、海外からも次々と 参入していることから、顧客の争奪戦も始 …

no image

健康診断を受けないと上司もペナルティに

コンビニのローソンですが、部下の社員が 健康診断を受けなかった場合に、部下のペナルティだけではなく、 上司もペナルティとしてボーナス減額を受けるという ことが発表されています。 健康診断受けぬ社員、上 …

アーカイブ