雑記

最新鋭旅客機787と日本のCFRP技術

投稿日:

001312
最近、ジェット旅客機787の事故がクローズアップされています。
ボーイング社製で大幅に燃費がよくなった最新鋭機です。
日本の航空機メーカーが構造、装備品共に多数製造を分担しています。

その中でも、機体構造重量の半分を占めるといわれるCFRP複合材が
有名です。CFRPとは、
Carbon-Fiber-Reinforced Plastic:炭素繊維強化プラスチックです。
炭素繊維を樹脂で固めたものです。

CFRP生産は日本が強く、東レ、東邦テナックス、三菱レイヨンが
生産しています。787は東レのCFRPを使用しています。
といいますか、東レとボーイングが協同で787用に開発したものを
使用している、ということです。一口にCFRPと言っても、
スポーツ用品用、自動車用、建築用、航空機用等々、用途によって異なり、
価格も性能も違います。航空機用は性能が高いが、価格も高いのがネックになっていました。

CFRPは同じ重量ならば鉄より強度を持っています。しかし、繊維という
言葉が示すように、炭素繊維が強度を受け持つ主役です。
炭素繊維は繊維を引っ張る方向には非常に強度を有します。

しかし、普通の糸と同様に圧縮する力にはフニャリと曲がってしまいます。
これを押さえるのが樹脂です。この樹脂は炭素繊維ほどの強度は無いので、
設計時に力がかかる向きと炭素繊維の向きを考えてデザインする必要があり、
そこが設計のノウハウになります。
日本の航空機メーカーは長年の経験からこの点に優れており、日本の
航空機メーカーが787の製造分担を大きく取れた要因の一つといわれています。

このように787は日本の優れたCFRP技術が詰まった飛行機です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

甲殻類・エビも痛みを感じる可能性あり

エビやカニなどの甲殻類。 私たちは調理するときに、普通に生きたままの仕入れてきて それをさばく、茹でる等を行っていますが、実は痛みを 感じている可能性があるなんてことが発表されたようです。 ・・・・・ …

no image

フィリピン留学のススメ

私は36歳にして無職になってしまい、せっかくの長期休みを 手に入れ、フィリピンに1か月短期留学に行くことしました。 行ってみて感じたことは、とりあえず英語を話せるようになりたい、 英語に触れてみたいと …

no image

義両親との同居はなかなか難しい

先日私は友人からこんな相談を受けました。 「結婚当初、義両親と同居していたが、当時は子どもがいなかったので、 夫婦だけで賃貸アパート暮らしを始めたの。 その後子どもが出来て、小学校に入るタイミングで今 …

no image

手に触れるもので最も汚いものはお金

手に触れるもので最も汚いもの、清潔で ないものはお金になるそうです。 「最も汚いものはお金」?、8割が回答 欧州調査 http://www.cnn.co.jp/business/35030219.ht …

no image

タブレットPCを購入する意味

2012年に話題沸騰となったタブレットPCは、 2013年も引き続きその人気を維持しそうです。 そこで、これからタブレットPCを購入しようと 考えている人にすこしのアドバイスです。 それは、タブレット …

アーカイブ