美容

紫外線の種類と影響

投稿日:

a2S
紫外線というと、女性はすぐに肌のシミやシワのもとになると
言って毛嫌いしますが、紫外線は人間に害を与えるばかりではなく、
例えば、骨を作るのに重要なビタミンDの生成や免疫機能の強化など、
丈夫な身体を作る上での重要な役割もしています。

太陽の光線には波長の長い順に、赤外線、紫外線、X線、ガンマ線などが
含まれています。さらに、紫外線の中でも波長の長い順に
A波(UVA)」、「B波(UVB)」、「C波(UVC)」に分けられます。

波長が短い光線ほど身体への影響力が強くなりますが、
却って、地球の周りにあるオゾン層にカットされやすくなるため、
波長の短いガンマ線やX線が地上に届くことはありません。
なお、紫外線の1種であるUVCをカットするためのサングラスや
ウェアが売られていますが、UVCも波長が短いため、そんなに多くは地上に届きません。

紫外線のうち主に地上に届くのは、UVAとUVBの2種類です。

日光にあたりすぎて肌が真っ赤に焼けたり、水膨れが
できたりするのはUVBの影響です。UVBはエネルギーが強く、
肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こしたりするため、
シミやシワを作る原因になります。

ただ、波長はそれほど長くないため、地上に届く量は全紫外線量の
約10%と少量であり、日傘や長袖シャツなどで、直射日光に
当たらないようにすれば、防御は可能です。

一方、UVAは波長が長いため、オゾン層を突破するとともに、
窓ガラスさえも通りぬけます。肌の奥深くまで浸透して、
コラーゲンを変性させるなど、肌に重要な影響を及ぼします。

紫外線を過度に浴びるのは避けた方が無難です。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

男の乾燥肌対策

乾燥肌というと女性がいろいろと対策するものと 考えると思いますが、男性でも乾燥しますよね? 昔はよく顔を洗っていたりしたのですが、 かえって乾燥するということと、 顔を洗って洗いっぱなしだとますますひ …

no image

レーザー脱毛で美しい素肌作り

最近はショートパンツやミニスカートなど、 肌を見せるファッションが流行しているので、 毎日の無駄毛処理は欠かせないケアとなっています。 また室内の空調がきいている為、真冬でも薄着になる 機会が多く、無 …

no image

スキンケアはまず皮膚科を活用できないかを考える

ニキビや乾燥肌の対策に、ドラッグストアであれこれ買ってみたけれど、 いまいち効果を実感できずに、また次の商品を買ってしまう・・・。 特に女性の方は、このようなサイクルに陥った経験が多いのではないでしょ …

angereall(アンジュレオール)口コミ評判はどうなのでしょう?

40代になると髪のボリュームが気になり出す人が一気に増えてきます。 若い頃に比べてボリュームがなくなってきた、髪に元気がない、抜け毛が増えてきて 部分的に薄い箇所が出てきている・・などお悩みは人それぞ …

no image

お勧め毛穴レス下地

毛穴が気になる時に、まず考えるのが基礎化粧品ですね。 しかし基礎化粧品だけでは即効性がないですよね。 毛穴が気になった時にすぐにそれをどうにかしたいと考えるものですね。 数年前から化粧下地としてたくさ …

アーカイブ