雑記

カタログギフトの実用性

投稿日:

memoS1
最近、冠婚葬祭やお歳暮、お中元にカタログギフトが利用されることが
増えてきています。カタログギフトというのは、まず贈る人がギフトの
予算を決め、予算に応じた商品がラインナップされたカタログを
受け取る人に贈ります。

受け取った人は記載されている商品の中から欲しい商品を選んで、
備え付けのハガキに記入して投函すると、後日選んだ商品が送られてくる、
という仕組みになっています。

昔は、贈り物にカタログを配るなど、礼儀を知らない奴と思われる
風潮もありましたが、現在ではカタログギフトの実用性や
有益性が認められて、広く普及しています。

カタログギフトのメリットとしては、まず、贈る側にとって
何を選べばいいのか迷う必要が無くなり、手間が省けることがあります。
贈り物で失敗しなくても良い、という安心感も得られます。

過去、結婚式の引き出物や葬式の香典返しなどに関しては、
贈る側が良かれと思って選んだ物なのに、受け取る側からしてみると
全く利用価値がなく、最終的に処分に困ってしまうなどのことが
少なくありませんでした。

カタログギフトなら、贈る側の安心と、受け取る側の喜びを
同時に得ることができます。

また、カタログギフトには、品揃えが豊富であるというメリットもあります。
食器などの家具類から、生活雑貨などの日用品、様々なアクセサリーや
趣味嗜好品、全国の名産品や特産品、さらに、最近では商品ではなく、
ホテルの宿泊券やエステの利用券など、バラエティに富んだ内容になっています。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

g.u.大ファン

ユニクロ系列ですが、ユニクロにも負けずとも劣らない品揃えな上に、 衣料やアイテムが格安とあって、同じデザインの服でも色違いで揃えたり、 組み合わせ次第ではアウターにしても安っぽさがあまりないような気が …

no image

様変わりしている納骨堂

最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが 多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、 室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に …

no image

フィーチャーフォンという呼び方

いつの間にフィーチャーフォンという言い方が 出てきたのでしょうか? ちなみにfeature phoneです。 future(未来)ではありません。 一瞬、スマホの更に先を行く携帯が出てきたのかと 思っ …

no image

ブログのインデックスが始まりました

このブログのwordpressについても 無事インデックスが始まってきました。 今確認したもので18時間前に投稿した 記事のインデックス。 やはり、いくらwordpressといえども 最初は投稿後すぐ …

no image

年収は財布の値段の200倍!?稼ぐ人は長財布?の嘘。

ヤフーニュースで 年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? という内容の記事が出ていました。 年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか? http://newsbiz.yahoo.c …

アーカイブ