雑記

カイロウドウケツとドウケツエビ

投稿日:

カイロウドウケツという動物をご存じでしょうか。

カイロウドウケツは、深い海の底に住んでいる海綿の一種です。
人間の髪の毛ほど細い繊維状のガラスが繊細に織り合わされた、
円柱形の籠のような形をしています。

とても美しく、「Venus’ Flower Basket(ビーナスの花かご)」という英名が
ついているのもうなずけます。海辺の観光地で、観賞用に売られていることもあります。

和名のカイロウドウケツは、「偕老同穴」という言葉から来ています。
偕老同穴とは詩経の中の言葉からできた四字熟語で、
「生きては偕(とも)に老い、死後は同じ墓に葬られること」、
すなわち夫婦の結びつきの強さを表します。
結婚披露宴のスピーチなどでたまに使われることもあります。

さて、なぜこのような名前が、この美しい海綿につけられたのでしょうか。
それは、カイロウドウケツの中にはドウケツエビという
エビがカップルで住み着くからなのです。

ドウケツエビは、幼生の時にカイロウドウケツの籠の目から中に入ります。
そして、かならず雄と雌の一対のみで、カイロウドウケツ内部に
住み着いたまま成長し、ついには籠の目から外に出られなくなる大きさになります。
そのまま2匹のエビはカイロウドウケツの中で一生を送るのです。

なぜ外に出られないことがわかっていながらカイロウドウケツの
中に住み着くのでしょうか?
外に出られないということは、外敵が入ってこられる隙間もないのです。
つまり、カイロウドウケツの内部にいる限り、一生外敵に脅かされることなく、
安全に暮らすことができるのです。

それにしても、深い深い海の底、美しいガラスの籠の中で一生を
共にする雌雄一対のエビがいるとは、なんともロマンチックではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

音痴はいない?必ず歌が上手になる方法

社会人になると人との付き合いも増え、どうしても誘いを断れないときもあります。 もしその行き先が自分の苦手なカラオケだったとしてもです。 そこで今回は歌が上手になる方法をご紹介したいと思います。 まず最 …

no image

将棋対囲碁!?斬新な発想が必要

ヤフーのTOPニュースに「将棋対囲碁」の動画に ついての説明がありました。 くだらないけど、確かに斬新・・・。 実は囲碁のルールを知らないので どちらが有利不利等がわからなく、 また戦局がどうなってい …

no image

ジーユーで一番のお気に入りは下着

今までに、パンツ、スカート、カットソー、アウターなど 一通りの商品を購入しましたが、一番の私のお気に入りのラインナップは下着です。 もともと私はレースやサテンの素材のものやりも、コットン素材の ものの …

no image

制服は必要か否か

アメリカでも制服が導入される学校が 増えているということで、学校の制服が そもそも必要なのかどうか?という点で議論したところ、 賛成50%、反対50%と賛否両論になっているそうです。 参考 アメリカ人 …

no image

首都圏の雪予報は気象予報泣かせ

2013年の成人の日、首都圏など普段雪が降らない太平洋側に かなりまとまった量の雪が降るという予想外の天候でしたが、 それについて気象庁がその翌日異例の”釈明会見”を行いました。 当初気象庁の発表した …

アーカイブ