雑記

カイロウドウケツとドウケツエビ

投稿日:

カイロウドウケツという動物をご存じでしょうか。

カイロウドウケツは、深い海の底に住んでいる海綿の一種です。
人間の髪の毛ほど細い繊維状のガラスが繊細に織り合わされた、
円柱形の籠のような形をしています。

とても美しく、「Venus’ Flower Basket(ビーナスの花かご)」という英名が
ついているのもうなずけます。海辺の観光地で、観賞用に売られていることもあります。

和名のカイロウドウケツは、「偕老同穴」という言葉から来ています。
偕老同穴とは詩経の中の言葉からできた四字熟語で、
「生きては偕(とも)に老い、死後は同じ墓に葬られること」、
すなわち夫婦の結びつきの強さを表します。
結婚披露宴のスピーチなどでたまに使われることもあります。

さて、なぜこのような名前が、この美しい海綿につけられたのでしょうか。
それは、カイロウドウケツの中にはドウケツエビという
エビがカップルで住み着くからなのです。

ドウケツエビは、幼生の時にカイロウドウケツの籠の目から中に入ります。
そして、かならず雄と雌の一対のみで、カイロウドウケツ内部に
住み着いたまま成長し、ついには籠の目から外に出られなくなる大きさになります。
そのまま2匹のエビはカイロウドウケツの中で一生を送るのです。

なぜ外に出られないことがわかっていながらカイロウドウケツの
中に住み着くのでしょうか?
外に出られないということは、外敵が入ってこられる隙間もないのです。
つまり、カイロウドウケツの内部にいる限り、一生外敵に脅かされることなく、
安全に暮らすことができるのです。

それにしても、深い深い海の底、美しいガラスの籠の中で一生を
共にする雌雄一対のエビがいるとは、なんともロマンチックではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

名前の持つ力をきちんと認識する大切さ

最近では子供が生まれた時に、よく当て字のような奇妙な 名前を付ける親御さんが多いようですが、彼らは名前が持つ力と いうものをきちんと理解して名付けているのでしょうか? 音韻学など専門的な知識はなくとも …

no image

日本代表 オマーン戦の感想

日本代表のオマーン戦も終わりましたね。 ほんと見て良かったです。 1対0で優位に進んで後半に入りましたが 後半戦でオマーンにFKでシュートを決められてしまうと いう状態。 盛り上がるアウェーのサポータ …

no image

貧乏月間を生き抜く超手抜きランチのススメ

「給料日が終わったばかりなのに、次の給料日まで全然お金がない!」 いつの間にか娯楽に浪費し、 こうしたピンチに立たされた経験は無いでしょうか? 節約しやすい標的がランチ。 800円のレストランランチを …

no image

オスプレイは驚異的な機能を持った輸送機

先日沖縄の米軍基地に配備された「オスプレイ」に対し、 今でも安全問題に不安があるということで反対運動が起きています。 オスプレイとは、垂直離着陸輸送機「V-22」の愛称であり、 1989年に初飛行され …

no image

鈴木式アフィリエイト大学の疑問

今、動画で宣伝されている鈴木式アフィリエイト大学。 今のところ途中までしか宣伝されていなく実態までは わかりませんが、現時点での感想・疑問を書きたいと 思います。 今回2回目の動画を見たのですが、中身 …

アーカイブ