雑記

カイロウドウケツとドウケツエビ

投稿日:

カイロウドウケツという動物をご存じでしょうか。

カイロウドウケツは、深い海の底に住んでいる海綿の一種です。
人間の髪の毛ほど細い繊維状のガラスが繊細に織り合わされた、
円柱形の籠のような形をしています。

とても美しく、「Venus’ Flower Basket(ビーナスの花かご)」という英名が
ついているのもうなずけます。海辺の観光地で、観賞用に売られていることもあります。

和名のカイロウドウケツは、「偕老同穴」という言葉から来ています。
偕老同穴とは詩経の中の言葉からできた四字熟語で、
「生きては偕(とも)に老い、死後は同じ墓に葬られること」、
すなわち夫婦の結びつきの強さを表します。
結婚披露宴のスピーチなどでたまに使われることもあります。

さて、なぜこのような名前が、この美しい海綿につけられたのでしょうか。
それは、カイロウドウケツの中にはドウケツエビという
エビがカップルで住み着くからなのです。

ドウケツエビは、幼生の時にカイロウドウケツの籠の目から中に入ります。
そして、かならず雄と雌の一対のみで、カイロウドウケツ内部に
住み着いたまま成長し、ついには籠の目から外に出られなくなる大きさになります。
そのまま2匹のエビはカイロウドウケツの中で一生を送るのです。

なぜ外に出られないことがわかっていながらカイロウドウケツの
中に住み着くのでしょうか?
外に出られないということは、外敵が入ってこられる隙間もないのです。
つまり、カイロウドウケツの内部にいる限り、一生外敵に脅かされることなく、
安全に暮らすことができるのです。

それにしても、深い深い海の底、美しいガラスの籠の中で一生を
共にする雌雄一対のエビがいるとは、なんともロマンチックではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

売れない高すぎマンションも、まだ価格は下がらない

売れない高すぎマンションの価格は下がる? なんて記事が出ていたので、そろそろ マンション価格は下がるのかと 思って記事を見てみましたが、 決して下がるという話ではないようですね。 中小事業者で在庫の投 …

no image

動物・生物好きの人に贈る一口情報

鉄道に嵌まった女子を「鉄子」と言うなら、動物行動に嵌まった女子を 「動子」さんかな。彼女に贈るミニ情報です。 地上の生物の種類は命名されている物で100万種以上と言われているので、 その生態の特徴と行 …

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

no image

最近のテレビ番組についての感想

私は今、39歳のサラリーマンです。 私はむかしからテレビが大好きでしたが最近はスポーツ中継とニュース番組しか ほとんど見なくなりました。 とくにバラエティ番組についてはほとんどみません。確かにテレビが …

no image

読むなら、シドニーシェルダンの本がおすすめです。

読んで面白いと思うサスペンスとして、シドニーシェルダンの 本をおすすめします。 なかでもゲームの達人は、名作であろうかと思います。 タイトルを見ると、テレビゲームかなと思うわけですが、 そうではなくて …

アーカイブ