雑記

カイロウドウケツとドウケツエビ

投稿日:

カイロウドウケツという動物をご存じでしょうか。

カイロウドウケツは、深い海の底に住んでいる海綿の一種です。
人間の髪の毛ほど細い繊維状のガラスが繊細に織り合わされた、
円柱形の籠のような形をしています。

とても美しく、「Venus’ Flower Basket(ビーナスの花かご)」という英名が
ついているのもうなずけます。海辺の観光地で、観賞用に売られていることもあります。

和名のカイロウドウケツは、「偕老同穴」という言葉から来ています。
偕老同穴とは詩経の中の言葉からできた四字熟語で、
「生きては偕(とも)に老い、死後は同じ墓に葬られること」、
すなわち夫婦の結びつきの強さを表します。
結婚披露宴のスピーチなどでたまに使われることもあります。

さて、なぜこのような名前が、この美しい海綿につけられたのでしょうか。
それは、カイロウドウケツの中にはドウケツエビという
エビがカップルで住み着くからなのです。

ドウケツエビは、幼生の時にカイロウドウケツの籠の目から中に入ります。
そして、かならず雄と雌の一対のみで、カイロウドウケツ内部に
住み着いたまま成長し、ついには籠の目から外に出られなくなる大きさになります。
そのまま2匹のエビはカイロウドウケツの中で一生を送るのです。

なぜ外に出られないことがわかっていながらカイロウドウケツの
中に住み着くのでしょうか?
外に出られないということは、外敵が入ってこられる隙間もないのです。
つまり、カイロウドウケツの内部にいる限り、一生外敵に脅かされることなく、
安全に暮らすことができるのです。

それにしても、深い深い海の底、美しいガラスの籠の中で一生を
共にする雌雄一対のエビがいるとは、なんともロマンチックではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

モーティマーマウスってご存知ですか?

ちょっと舌を噛んでしまいそうな名前ですが。 モーティマーマウスというキャラクターの存在をご存知でしょうか。 ご存知の方は、かなりのディズニー通かもしれませんね。 実はこのモーティマーマウス、ミッキーの …

no image

ニコニコ動画で生きていくこともできる世の中

ニコニコ動画で生計を立てている歌い手がいると いうような記事をみました。 今は本当にいろいろなことができるように なりましたよね。 歌い手として動画をアップロードして再生回数等に よって報酬がもらえる …

no image

モバイル会員への誘導

最近、モバイル会員へ誘導するようなお店が 増えてきていませんか? メジャーどころであれば、ユニクロ・ジーユーも やっていますし、スーツカンパニー等もやっていますし 飲食店系は知っているだけで数多くあり …

no image

鈴木式アフィリエイト大学の疑問

今、動画で宣伝されている鈴木式アフィリエイト大学。 今のところ途中までしか宣伝されていなく実態までは わかりませんが、現時点での感想・疑問を書きたいと 思います。 今回2回目の動画を見たのですが、中身 …

no image

職場で下の名前で呼ぶのはNG?

職場で位性を下の名前で呼ぶのはどうなのか?に ついてコラムとして上がっています。 参考) 異性社員を下の名前で呼ぶのはセクハラ? 職場の潤滑油?〈AERA〉 http://zasshi.news.ya …

アーカイブ