健康

腰痛の原因と改善方法

投稿日:

kmatta2S
人間は二本足で歩くようになった時から、腰痛に悩まされる宿命にあったと言われています。
二本足で生活し、両手が空いたことで道具を生み出し、脳はどんどんと発達して行きました。
その代償とはいえ、腰痛は本当につらいものです。

さて、腰痛の原因にも様々なものがありますが、
大きく分けると「筋肉の疲労」「骨格の歪み」「ストレス」の3つに分類されます。

「筋肉の疲労」は、例えば激しい運動を行ったり、逆に同じ姿勢を長時間続けることで起きます。
予防策としては、運動の前には十分なストレッチを行うことが大切です。
また、運動後にも同じようにストレッチをし、クールダウンするように心がけましょう。

事務職などで同じ姿勢を長時間続ける場合は、1時間に1回程度は腰を前に曲げたり後ろに反らせたり、
立ち上がってお茶を入れに行くなど意識して身体を動かすことが大切です。

「骨格の歪み」は、まず姿勢を正すことで改善していきます。
鏡の前に立って、骨盤の両側に手を当ててみてください。
左右に高低差はないでしょうか?

足を組む癖がある方は治すことが必要です。
重い荷物をいつも片側の腕に持ったり肩に掛けているなら、
それも骨格の歪みにつながるので交互に持つよう心がけましょう。

最後に「ストレス」が腰痛の大きな原因になることが最近わかってきました。
ストレスがかかり続けると自律神経に異常をきたし、
身体の様々な部分に痛みや不快感などが現れます。

腰痛もそのひとつとして現れる場合があり、
レントゲンやCTなどの検査で異常が見当たらないため軽く見られがちですが、
現代人にとってストレスこそは最大の敵と言われています。

自分なりのストレス解消法をみつけ、自律神経をコントロールしていくことは、
腰痛の予防としても大変重要な要素です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

オフィスの乾燥対策

乾燥に弱いかたは家ではきちんと乾燥の対策をされて いらっしゃると思います。 ですが、外出先での乾燥は対策しにくい、ということがあります。 電車や通勤での徒歩などは短い時間ですので、まだ我慢ではできます …

no image

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、 熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。 厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と 対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作 …

no image

青汁とコレステロール

青汁とコレステロールの関係について説明します。 青汁の商品説明の中にはコレステロールにおすすめとされている 商品も多くあります。 コレステロールというのは無くなって良いものではなく、 人間が生きていく …

no image

コレステロール治療薬とその分類

高コレステロール血症、その言葉よりももしかすると 高脂血症とい言葉の方が聞き覚えがあるかもしれません。 世の中、食事の欧米化が進み、血中コレステロール値が 高くなってきている傾向にあります。 血中コレ …

no image

ファンケルのHTCコラーゲン

今年の春から私の中で「肌をきれいにしよう!」週間が始まりました。 30を過ぎたあたりからなんとなく肌がしぼんできたような気がしていたのですが 見て見ぬふりをしていました。 でもある日60歳を過ぎている …

アーカイブ