美容

ヘアカラーの危険性

投稿日:

009640
最近は、おしゃれのために老若男女を問わず、誰でも抵抗なく髪を染める
時代になっています。毛染めといっても、色素で髪の毛の表面に
色をつける「ヘアマニキュア」、毛の色素を脱色するだけの「ブリーチ」、
脱色した上で毛髪の中まで色素を行き渡らせる「ヘアカラー」の三つに
大きく分けられます。

中でも、ヘアカラーが最も色が染まりやすく、また色落ちしにくく
なっています。ただ、ヘアカラーに関しては、髪を傷めるということは
よく知られていても、それ以上に危険な化学物質が含有されていることを
知らない人は少なくありません。

カラー剤に含まれる化学薬品の中で一番毒性が強いといわれているのが、
ジアミンと呼ばれる化学染料(発色剤)です。
ジアミンの種類には、フェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンなどが
ありますが、これらの薬品を原因とするアレルギー性接触皮膚障害、
腎臓障害、呼吸困難などの症状が現れたことが報告されています。

ヘアカラーの害で一番多いのが、アレルギー性接触皮膚炎です。
簡単にいうと、かぶれです。このかぶれはある日突然発症し、
ひどい場合は、頭全体が腫れあがったり、全身にかぶれが
広がったりします。実際に、ヘアカラーによるかぶれで訴訟を
起こされる美容室もあります。

ヘアカラーなど、皮膚から吸収された薬品は、体内で解毒することができず、
少しずつ体内に蓄積され、10年20年後に発症するということもあります。

ドイツやフランスではジアミンの使用は禁止されており、
ヘアカラーをする時は、アレルギーが出ないか入念に
チェックしてから使用することが肝心です。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

ちょっとした工夫で美容と健康に良い食生活

毎日の食生活にちょっとした工夫を加えて、美容と健康に良い物ばかりを 中心に摂取すると、自然と美しさを保つ事がでえきます。 同じ大根を食べる時でも、大根おろしにしてドレッシングと 黒ゴマと混ぜてみます。 …

no image

ひんやり毛穴引き締めパック

化粧をきれいに落としきれなかったり、普段の洗顔が間違っていたり、 肌の汚れが残った状態で放置しているとどんどん毛穴が開いてきます。 毛穴が開くとそこにまた汚れがたまり、また毛穴が開くという悪循環になっ …

no image

ビタミンBサプリメントで美肌対策を

肌の健康に欠かせないビタミンは数多くあります。 有名なのはビタミンC、Eなどです。 肌の乾燥対策として、内部から油分を補うためのDHA、 EPAのサプリメントを摂取するのも有効です。 そして最も肌の健 …

no image

アミノ酸でデトックス

「デトックス」という言葉はすっかりポピュラーになりました。 摂るだけの健康法から、排出力を高める健康法へと 世間の関心が移り変わる中、特に美容関連で注目を浴びています。 デトックス機能は本来身体に備わ …

no image

乾燥肌とビタミン

肌が乾燥しやすくなる理由のひとつに、ビタミン不足があげられます。 偏った食事が原因で、肌に十分な栄養が届いていないことがあるのです。 乾燥肌の症状に効果があるとされているビタミンは、 DHA、EPA、 …

アーカイブ