美容

ヘアカラーの危険性

投稿日:

009640
最近は、おしゃれのために老若男女を問わず、誰でも抵抗なく髪を染める
時代になっています。毛染めといっても、色素で髪の毛の表面に
色をつける「ヘアマニキュア」、毛の色素を脱色するだけの「ブリーチ」、
脱色した上で毛髪の中まで色素を行き渡らせる「ヘアカラー」の三つに
大きく分けられます。

中でも、ヘアカラーが最も色が染まりやすく、また色落ちしにくく
なっています。ただ、ヘアカラーに関しては、髪を傷めるということは
よく知られていても、それ以上に危険な化学物質が含有されていることを
知らない人は少なくありません。

カラー剤に含まれる化学薬品の中で一番毒性が強いといわれているのが、
ジアミンと呼ばれる化学染料(発色剤)です。
ジアミンの種類には、フェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンなどが
ありますが、これらの薬品を原因とするアレルギー性接触皮膚障害、
腎臓障害、呼吸困難などの症状が現れたことが報告されています。

ヘアカラーの害で一番多いのが、アレルギー性接触皮膚炎です。
簡単にいうと、かぶれです。このかぶれはある日突然発症し、
ひどい場合は、頭全体が腫れあがったり、全身にかぶれが
広がったりします。実際に、ヘアカラーによるかぶれで訴訟を
起こされる美容室もあります。

ヘアカラーなど、皮膚から吸収された薬品は、体内で解毒することができず、
少しずつ体内に蓄積され、10年20年後に発症するということもあります。

ドイツやフランスではジアミンの使用は禁止されており、
ヘアカラーをする時は、アレルギーが出ないか入念に
チェックしてから使用することが肝心です。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

ゆるキャラのフェイスマスクならくまもんでしょ!

フェイスマスクも今はいろいろな バリエーションが出てきていますよね。 ただの白いフェイスマスクではなくて 見た目もキャラつきとか美容とは関係ないところまで 進化しちゃってます。 そんな中でも気になるの …

no image

半日断食で驚くくらいの美肌になる

「プチ断食」や「ファスティングダイエット」の流行で、 一躍ポピュラーになった断食。 ただ食事を抜き、摂取カロリーを極端に減らし、急激な減量を 目指すといったダイエット方法とは根本的に違い、普段 働き通 …

no image

メンズスキンケア  脇毛

メンズスキンケアについての特集が 今日ワールドビジネスサテライトでやっていました。 メンズスキンケアの市場は11.9%伸びで スキンケア全体は1.9%の減少であるのに対して 伸びが著しくなっているよう …

no image

顔のむくみを改善する方法

前の日に、職場のお付き合いなどで少し飲み過ぎてしまったという方や、 ゆっくりお風呂に浸かれなかったという方など、次の日の朝、 顔がむくんでしまったという経験をしたことがあるのではないかと思います。 仕 …

no image

牛乳石けんで素肌美人

薬局の美容コーナーやデパートの化粧品店に 行くと数多くの美容商品が並んでいます。 しかも、どれも良いお値段で売っています。 ひとつ化粧水買うと乳液や保湿クリームも欲しくなり、 思い切っていわゆるライン …

アーカイブ