美容

ヘアカラーの危険性

投稿日:

009640
最近は、おしゃれのために老若男女を問わず、誰でも抵抗なく髪を染める
時代になっています。毛染めといっても、色素で髪の毛の表面に
色をつける「ヘアマニキュア」、毛の色素を脱色するだけの「ブリーチ」、
脱色した上で毛髪の中まで色素を行き渡らせる「ヘアカラー」の三つに
大きく分けられます。

中でも、ヘアカラーが最も色が染まりやすく、また色落ちしにくく
なっています。ただ、ヘアカラーに関しては、髪を傷めるということは
よく知られていても、それ以上に危険な化学物質が含有されていることを
知らない人は少なくありません。

カラー剤に含まれる化学薬品の中で一番毒性が強いといわれているのが、
ジアミンと呼ばれる化学染料(発色剤)です。
ジアミンの種類には、フェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンなどが
ありますが、これらの薬品を原因とするアレルギー性接触皮膚障害、
腎臓障害、呼吸困難などの症状が現れたことが報告されています。

ヘアカラーの害で一番多いのが、アレルギー性接触皮膚炎です。
簡単にいうと、かぶれです。このかぶれはある日突然発症し、
ひどい場合は、頭全体が腫れあがったり、全身にかぶれが
広がったりします。実際に、ヘアカラーによるかぶれで訴訟を
起こされる美容室もあります。

ヘアカラーなど、皮膚から吸収された薬品は、体内で解毒することができず、
少しずつ体内に蓄積され、10年20年後に発症するということもあります。

ドイツやフランスではジアミンの使用は禁止されており、
ヘアカラーをする時は、アレルギーが出ないか入念に
チェックしてから使用することが肝心です。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

頬の毛穴を引き締めて毛穴を目立たなくさせる

顔の毛穴、気になりますよね。 一年の中でも、暑い時期は特に、毛穴が開いて黒ずみも目立ちやすくなります。 また、年齢とともに肌がたるんできます。毛穴もそれに合わせて たるんで広がってきますから、ますます …

no image

冬の乾燥肌は日ごろのケアが大切です。

肌がカラカラになる乾燥した季節、ダメージで荒れたらなるべく早く修復したいものです。 美しい白い肌に憧れて美白化粧品を使うのも大切です。 ですが、それだけでは美肌を保つことはできません。 肌が乾燥してい …

no image

乾燥肌・スキンケア 対策

私は極度の乾燥肌です。 手を抜くと途端に肌は砂漠のようにザラザラしてしまいます。 乾燥は30歳が近付くにつれ酷くなり、より気をつけるようになりました。 一番に気をつけていることは「保湿」です。 ただ化 …

no image

ゆるキャラのフェイスマスクならくまもんでしょ!

フェイスマスクも今はいろいろな バリエーションが出てきていますよね。 ただの白いフェイスマスクではなくて 見た目もキャラつきとか美容とは関係ないところまで 進化しちゃってます。 そんな中でも気になるの …

no image

同じ場所に出来るニキビについて

ニキビを経験したことがある人は多いと思います。 一般的にニキビは、同じ場所に繰り返しできやすく、 治ってもまた発生することがあります。 同じ場所にしつこく繰り返すニキビは、 どのように対処すると良いの …

アーカイブ