美容

ヘアカラーの危険性

投稿日:

009640
最近は、おしゃれのために老若男女を問わず、誰でも抵抗なく髪を染める
時代になっています。毛染めといっても、色素で髪の毛の表面に
色をつける「ヘアマニキュア」、毛の色素を脱色するだけの「ブリーチ」、
脱色した上で毛髪の中まで色素を行き渡らせる「ヘアカラー」の三つに
大きく分けられます。

中でも、ヘアカラーが最も色が染まりやすく、また色落ちしにくく
なっています。ただ、ヘアカラーに関しては、髪を傷めるということは
よく知られていても、それ以上に危険な化学物質が含有されていることを
知らない人は少なくありません。

カラー剤に含まれる化学薬品の中で一番毒性が強いといわれているのが、
ジアミンと呼ばれる化学染料(発色剤)です。
ジアミンの種類には、フェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンなどが
ありますが、これらの薬品を原因とするアレルギー性接触皮膚障害、
腎臓障害、呼吸困難などの症状が現れたことが報告されています。

ヘアカラーの害で一番多いのが、アレルギー性接触皮膚炎です。
簡単にいうと、かぶれです。このかぶれはある日突然発症し、
ひどい場合は、頭全体が腫れあがったり、全身にかぶれが
広がったりします。実際に、ヘアカラーによるかぶれで訴訟を
起こされる美容室もあります。

ヘアカラーなど、皮膚から吸収された薬品は、体内で解毒することができず、
少しずつ体内に蓄積され、10年20年後に発症するということもあります。

ドイツやフランスではジアミンの使用は禁止されており、
ヘアカラーをする時は、アレルギーが出ないか入念に
チェックしてから使用することが肝心です。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

美魔女になりたい!最近話題の「プラセンタ」って何のこと?

「アンチエイジング」「美魔女」など若返りのキーワードで人気になっていプラセンタサプリ。 どんな商品なのか調べてみました。 プラセンタとは英語で「胎盤」を意味するのですが、 胎盤そのものを砕いてサプリに …

no image

自転車に乗って全身キレイに

最近自転車に乗るのが流行っています。街中でも自転車で颯爽と 走る女性も増えてきました。 乗ってる姿もかっこいいですが、自転車に乗ると健康にも いいことづくめだそうです。 自転車に乗ると足が太くなると敬 …

no image

ハンドクリームの種類

ハンドクリームが好きで、バラの匂いのするものや、ゆずの香りがするもの、 手に優しいヒノキ成分の入ったものなど、わりと節操なく試すタイプです。 バラの香りのものは一時期ドラッグストアにたくさん並んだので …

no image

肌本来の力を最大限に引き出す方法

美しくなりたいと願う反面、私たち女性の肌は何もせずに 放って置くとどんどん劣化してきます。 劣化に負けないようにするには、肌には本来の力があるので、 失われつつあったり、眠っている肌の力を最大限に呼び …

no image

唇 乾燥の荒れに

私は乾燥肌で、唇は一年を通して乾燥して困っています。 リップクリームは不可欠なもので、いろいろと試してみましたが、 メンタームが一番安くて良いような気がします。 アヴェンヌのリップクリームを1000円 …

アーカイブ