美容

ヘアカラーの危険性

投稿日:

009640
最近は、おしゃれのために老若男女を問わず、誰でも抵抗なく髪を染める
時代になっています。毛染めといっても、色素で髪の毛の表面に
色をつける「ヘアマニキュア」、毛の色素を脱色するだけの「ブリーチ」、
脱色した上で毛髪の中まで色素を行き渡らせる「ヘアカラー」の三つに
大きく分けられます。

中でも、ヘアカラーが最も色が染まりやすく、また色落ちしにくく
なっています。ただ、ヘアカラーに関しては、髪を傷めるということは
よく知られていても、それ以上に危険な化学物質が含有されていることを
知らない人は少なくありません。

カラー剤に含まれる化学薬品の中で一番毒性が強いといわれているのが、
ジアミンと呼ばれる化学染料(発色剤)です。
ジアミンの種類には、フェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンなどが
ありますが、これらの薬品を原因とするアレルギー性接触皮膚障害、
腎臓障害、呼吸困難などの症状が現れたことが報告されています。

ヘアカラーの害で一番多いのが、アレルギー性接触皮膚炎です。
簡単にいうと、かぶれです。このかぶれはある日突然発症し、
ひどい場合は、頭全体が腫れあがったり、全身にかぶれが
広がったりします。実際に、ヘアカラーによるかぶれで訴訟を
起こされる美容室もあります。

ヘアカラーなど、皮膚から吸収された薬品は、体内で解毒することができず、
少しずつ体内に蓄積され、10年20年後に発症するということもあります。

ドイツやフランスではジアミンの使用は禁止されており、
ヘアカラーをする時は、アレルギーが出ないか入念に
チェックしてから使用することが肝心です。

adsense

adsense

-美容

執筆者:

関連記事

no image

頭皮の乾燥 正しいシャンプーの仕方

頭皮が乾燥する原因には、さまざまなことが考えられます。 まず、夏や冬には、エアコンや暖房器具などで 温度調節をすることが多くなります。 こうした室内は空気が乾燥しがちなので、頭皮が乾燥してしまいます。 …

no image

ため息まじりのアンチエイジング美容

アラフォーにもなりますと、どんなに頑張っても老化の スピードには勝てないような気がします。 それでも頑張って繰り返してしまうのがアンチエイジング美容。 今回は特に身体のラインに関しての アンチエイジン …

no image

毛穴の黒ずみはオリーブオイルパックですっきり解消

オリーブオイルは肌に万能の効果があるといわれています。 まずは肌全体の柔らかさを取り戻し、ダメージを受けた部分の 改善の効果があります。 高濃度のオイルが、肌の奥の角質層まで浸透して、 ふっくら肌へと …

no image

アサイーの美容効果

スムージーやドリンクなど、最近ではカフェのメニューでも 頻繁にみかけるようになったアサイーフルーツ。 ブルーベリーのような、アマゾン川流域で栽培される果物ですが、 その豊富な栄養分と、美容、健康効果に …

no image

シナモンで毛細血管を守る

いろんなスキンケア用品がぞくぞくと開発されていますね。 美容成分と言えば一昔前まではコラーゲンが主流でしたが、 最近ではプラセンタが主流になりつつあります。 各メーカーが人智を集結して開発したスキンケ …

アーカイブ