社会

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

投稿日:

shiryouS
日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。
しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。

温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています。
例えば、地熱発電は主に地熱の蒸気が必要である為、熱水は捨てられる形に
なっています。その熱をブルーラグーンという温泉施設へと運ばれ、
世界最大の温泉として観光名所として外国人を呼んでおり、また地熱を
道路下に運び、凍りつかないようにしたり、温室栽培で寒冷地帯でも
野菜が栽培できるようにしています。

このように地熱発電は様々な分野に恩恵を与える為、火山大国日本においても、
同じように活用することが可能なのです。
更に地熱発電は製作段階における二酸化炭素の発生量が風車や太陽光パネルと
比べ低く、長期的に見れば一番クリーンな新エネルギーになります。
また地下の熱は永久に続き、地水を循環して使うため、原子力並に安定した
電力発電になっているのです。

これ程の性能がありながら、日本に17か所しかなく、かつ電力量は
54万キロワットと原子力の半分程度の電力しか作られてなく、
資源のほとんどが使われていない状態になっています。

その大きな理由は2つあります。1つは日本では2012年の3月まで国立公園・
国定公園内での開発が禁止されており、地熱資源の8割が国立・国定として
指定されていたのが理由です。

2つ目は環境に対する影響です。もし地熱発電が設置された場合、
地下水を利用することで例え場所や深さが違っても、断層による繋がりから
他の温泉旅館の温泉水が枯渇する可能性があり、日本では前例はありませんが、
フィリピンやニュージーランドでは起こったことがあります。

この問題に対し、現在は震災の影響に伴い、国立・国定公園でも開発が
進められるよう規制が緩和され、また現在より更に深く掘れば、
東京でも地熱発電が行える事が可能になる技術が開発が進んでいます。

課題が多い開発ではありますが、循環的社会形成を行うためにも、地
熱発電のようなモノは社会的に必要になっており、今後の日本を復興させる為にも
地熱発電は是非多く採用されたいと思っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

感情論に走らず北朝鮮との融和策も考えてみる

北朝鮮に対して、今日本は政権も変わったことであり、 どのような外交策をとっていくかについては何ともいえない ところではありますが強行的な面で望んでいることは 間違いありません。 少し前にアメリカでグー …

no image

子育ては独りでするものではなく地域ぐるみで

最近ニュースで頻繁に取り上げられている「乳幼児の虐待」。 取り上げられる度に一時的に話題にはなりますが、どの時世でも 子供への虐待は存在し、静かな子供の叫びは消えることがなさそうです。 しかし、限りな …

no image

イギリスの高校教育について

イギリスの高校では日本教育とは違い、実力主義に基づく、 自己管理にゆだねられた教育といえます。 通常の日本では特定の科目に対する出席率やレポート、 そしてテスト結果によって、卒業資格を得る形になってい …

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

no image

ホテリングルールから見る環境技術が生かされる方法

枯渇資源の利用方法についてある問題を抱えています。 それはどのように資源を有効活用すればいいのかという問題です。 石油や木のような資源活用を考える場合、一気に使えば資源が枯渇する 問題が起き、逆に全く …

アーカイブ