健康

朝食抜きの健康法

投稿日:

koredaS
ここ2年ほど、朝食抜きの健康法を続けていて、以前よりあった疲れや
倦怠感がきれいさっぱり解消し、体調がすこぶる改善されました。

最初は朝食抜きというと、体に悪いのではないか、と不安に思いましたが、
人間の体が食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、18時間かかるそうなのです。
なので、1日に1度は食事の間隔をこの18時間分空ける必要があるのです。
そうでないと、内臓を24時間フル活動させる事になります。

例えば夜7時に夕食をとると、通常次は翌日の朝7時ごろに朝食を摂ります。
しかしこれでは、まだ12時間しかたっておらず、体は排泄処理の真っ最中です。
そこに次の食べ物が入ってきてしまうわけで、内臓に負担がかかるのは当然です。

もし18時間の間隔を空けるとするならば、次の食事は翌日の昼13時以降と
いうことになります。この時間まで何も食べなければ、排泄までが完全に行われ
内臓に充分休養を与える事ができるのです。

なので、タイミングとしては朝食を抜くのがベストという事です。
最初は半信半疑で実践しましたが、5日目には、ここ数年来
感じたことのないほどの、体の軽快感を実感しました。

又、朝食を抜くと、朝の貴重な時間が有効に使えて、経済的にも節約できるという
健康以外のメリットもあるのでとてもお勧めです。

ただ朝食抜き健康法は賛否がわかれるものになりますので
よくよく考えた上、無理のないように試してみてください。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

リポたんぱくの種類

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。 体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、 再合成されてカイロミクロンとなって 肝臓へ運ばれます。 その中身の多くは中性脂肪です。 カイロミクロンは必要なときに肝臓 …

no image

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんというのは汗を大量にかきます。 そうした時に適切な対処をしていないと、 あせもに発展してしまう事があります。 対処というのは赤ちゃんのかいてしまった汗を綺麗にするという事で、 すぐに適切な方法 …

no image

青汁とコレステロール

青汁とコレステロールの関係について説明します。 青汁の商品説明の中にはコレステロールにおすすめとされている 商品も多くあります。 コレステロールというのは無くなって良いものではなく、 人間が生きていく …

no image

副作用も引き起こす薬との向き合い方

病気になった時や体調がすぐれない時に行く所と言えば病院です。 病院では医師の診察を受けた上で薬を処方されるわけですが、この薬の 種類や量が適正でないと思わぬ副作用に苦しむことになります。 もちろん、一 …

no image

唇の乾燥とパック

寒くなってくると、真っ先に乾燥を感じる部分、唇。 普段からスキンケアやパックなど、 こまめな手入れをしている人に取っては十分な対策があるかもしれないけれど、 忙しくしているとなかなかそうはいきません。 …

アーカイブ