健康

脂肪は1gあたり9キロカロリー

投稿日:

014480
脂肪とカロリー数の関係。これはよくわからない部分が
多いのではないでしょうか。

栄養素の持つエネルギーでいうと
たんぱく質や炭水化物のもつエネルギー量は1gあたり
4キロカロリーになります。
そして脂肪は1gあたり9キロカロリーとなります。

脂肪は他の栄養素より2倍以上あるというところが
ポイントで他の栄養素よりも肥満に結びつきやすく、
また中性脂肪を上げる原因ともなります。

脂質の摂取量は全体の25%以下に抑え、また
取る脂質の質というのも考慮した方が良いでしょう。

では1g9キロカロリーなので
1キロの脂肪を燃やすには9000kcalが必要かと
いうと、水分が20%あるため、2割カットして
7200kcalが必要とされます。

実際は運動しても直接脂肪だけに作用するわけでは
ありませんので、単純にいくわけではありませんが
おおよその目安として考えておけばよいと思います。

なお、運動の場合と異なり絶食の場合は筋力が落ちて
しまい、新陳代謝が減少するということになり
消費カロリーが落ちるため、食べていないのに
痩せないという現象も起こるので注意が必要です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

キューサイのはちみつ青汁

青汁は健康にいいのはわかってます。 そうはいってもやっぱり苦いのは苦手・・・という方には、 キューサイの「はちみつ青汁」というものもあります。 これははちみつメーカーで有名な山田養蜂場のものを使用して …

no image

果物は毎食食べたほうがいいのか?

果物は健康的なので、食べたほうが良いという話は よく聞きますが、毎食食べても大丈夫なのでしょうか? 確かに果物はビタミンC等栄養分も高く、お菓子よりも 糖分が低い、カロリーが低いというところがあります …

no image

魚を食べて健康に

魚のほうが肉より健康にいいのは、皆さんご存知かと思います。 しかし、魚料理ってありきたりのものになって、飽きてきませんか? 今日は一味違った、魚料理をご紹介しようと思います。 見た目も豪華なので、お客 …

no image

家の中でできるダイエット・有酸素運動

最近太ってきて、今まで着ていたものが 入らなくなってきているので、またダイエットを 頑張ってみようと思いました。 本当は外を走ってくるのが一番良いんでしょうけど 走れるスペースも少ないし、できれば家の …

no image

乾燥肌を防ぐL_アスコルビン酸リン酸マグネシウム

乾燥肌、敏感肌を防ぐ第一歩は、保湿を中心とした スキンケアです。 そこで、L_アスコルビン酸リン酸マグネシウム塩という 持続活性型ビタミンCを使用した美容クリームがオススメです。 このビタミンCの最大 …

アーカイブ