健康

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

投稿日:

009640
脂肪のとりすぎに注意なんてことは
よく言われますが、脂肪は1種類ではなく、
中に含まれる脂肪酸によって種類が分かれるものに
なります。

この脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに
大きく分かれます。

不飽和脂肪酸はさらにこまかる分かれ、
一般不飽和脂肪酸の系統であるオレイン酸、
多価府飽和脂肪酸の系統で、n-6系、リノール酸、
γ-リノレン酸、n-3系、α-リノレン酸、
EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)
に分かれます。

いくつかは聞いたことがありますでしょうか。

飽和脂肪酸は肉の脂肪に多く、
不飽和脂肪酸は魚の油に多く含まれます、
植物油は
ヤシ油、カカオ油、パーム油は飽和脂肪酸
サフラワー油、ゴマ油は不飽和脂肪酸が
多く含まれます。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の特徴

・酸化のしやすさ
飽和脂肪酸の特徴として、酸化しにくい、
不飽和脂肪酸は酸化しやすいという特徴があります、
空気に触れたり、光に当てたりすると酸化していくため
気をつけていく必要があります。

・働き
飽和脂肪酸は血中のコレステロールを上げる、反対に
不飽和脂肪酸は血中のコレステロールを下げる効果があります。

不飽和脂肪酸はコレステロールを下げるため、魚や植物油を
取るというのは良いことではあるのですが、油には変わりないため
取りすぎると肥満になり、かえってコレステロールを上げてしまいます。

また、飽和脂肪酸も実はからだに必要なものであるため
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸はバランスよく取る必要があると
いえます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

空腹時の有酸素運動は効果が高い

ダイエットをして痩せたいということで 一生懸命運動をしている人もいるかと 思いますが、有酸素運動で痩せやすい時間帯と 痩せにくい時間帯があることを知っていますか? 脂肪の燃焼効率がそのときによって違っ …

no image

リポたんぱくの種類

脂肪の体への取りこまれ方の続きです。 体内に入った脂肪は小腸で消化・吸収され、 再合成されてカイロミクロンとなって 肝臓へ運ばれます。 その中身の多くは中性脂肪です。 カイロミクロンは必要なときに肝臓 …

no image

隠れ「睡眠障害」を治す方法は??

ヤフーニュースでここ数日間 隠れ“睡眠障害”にご注意!というタイトルの 記事が掲載されています。 参照 隠れ“睡眠障害”にご注意!(元ネタはR25) http://r25.yahoo.co.jp/fu …

no image

コーヒーの健康効果

コーヒーといえば健康にいいことで有名ですよね。 一部悪いという説も出てはいますが、一般的には 健康に良い一般的な飲み物とされています。 改めて健康効果についてロケットニュースというサイトで 紹介されて …

no image

サプリメントを飲み忘れず、習慣的に口にするコツ

美や健康のためにサプリメントを買ったはいいものの、 最初は一生懸命飲んだが、気がついた時に飲む程度になって、 結局は戸棚に眠ることになる・・・。 こうしてお金を無駄にしてしまった経験は無いでしょうか? …

アーカイブ