健康

低炭水化物ダイエットが危険!?

投稿日:


低炭水化物ダイエットは有名なダイエット方法の一つで
脂肪になりやすい炭水化物を取らないようにするという方法ですが、
寿命を縮めるという危険性について述べられているものがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
林農相もハマった「低炭水化物ダイエット」は寿命を縮める
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130129-00000004-a_aaac

 ごはんやパンを食べないで体重を減らす「低炭水化物ダイエット」を5年以上続けると死亡率が高まる――。こんなショッキングな研究結果が発表された。このダイエット法は「糖質制限ダイエット」とも呼ばれている。

~中略~

ごはんやパンを食べない代わりにステーキやハンバーグはOKという考え方です。これを実行すると脂肪を取りすぎて動脈硬化になり、タンパク質の過剰摂取で腎臓に負担がかかる。そもそも人間は炭水化物が少ないと、細胞の機能が低下して免疫力がなくなり、病気になりやすくなります。頭がボーッとして、発汗、動悸、頭痛も起きやすいので
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この内容を見て、では低炭水化物ダイエットを止めようと
考えるかもしれません。が、よくよく考えてみてください。

これはかなり極論を述べているように思えます。

低炭水化物ではなく、これでは無炭水化物になってしまっています。
ご飯・パンの量を減らすのはいいですけど全く食べないというのは
さすがにどうかと思います。また普通の社会人が日常生活を送っていて
減らすことはあっても全く炭水化物を口いしない生活というのは
ほぼ不可能ではないでしょうか。

さらにステーキやハンバーグはOKということ脂肪を取りすぎて
しまうというのは論外もいいところ。炭水化物を取らなくても
摂取カロリーが多ければ当然肥満につながり、病気にもなっていくことでしょう。

そしてご飯・パンを5年以上も食べないというのは異常すぎるという
ところがあります。食事制限は一生続けるというのは不可能です。
健康的に痩せて、ほどよい体型になったらその体型を維持するように
心がけつつ、普通の食生活に戻していくのではないでしょうか。

どんなダイエット法にせよ、極端な食事制限をするのは一時的なもの以上に
やってはいけませんし、通常できるはずもありません。

極端な主張で、無理をしたり、全否定したりしないように
気をつけていきましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

「冬うつ」は症状が普通のうつと違う

日経新聞で特集されていた「冬うつ」。 うつ病のなかでも症状が違っていて、 「眠くてたまらない、甘いものを食べ過ぎる」と いう症状が出るようです。 通常のうつ病が ・やる気が出ない ・体が思い ・眠れな …

no image

納豆の驚きの効能

納豆のにおいが苦手で食することを避けている方もいるとは思いますが、 納豆には驚くべき効能が秘めらていることはご存知ですか? 納豆がもたらす素晴らしい効能たちを是非知っていただき、 食卓のメニューの一つ …

no image

気功を使った健康法

現代社会はストレス社会といっても過言ではありません。 仕事のストレス、子育てのストレス、人間関係のストレスと 身の周りはストレスで溢れかえっています。 過度なストレスは心身の健康を害する要因にもなりま …

no image

脂肪は1gあたり9キロカロリー

脂肪とカロリー数の関係。これはよくわからない部分が 多いのではないでしょうか。 栄養素の持つエネルギーでいうと たんぱく質や炭水化物のもつエネルギー量は1gあたり 4キロカロリーになります。 そして脂 …

no image

成人病を防ぐ運動の紹介

駅伝、マラソン等ここ最近ランニング人口が増加している、 いわゆるブームとなっています。 しかし、その中で自分の健康の為に効果のあるランニングや ジョギングをしている人は何人いるのでしょうか? 多くの人 …

アーカイブ