健康

緑黄色野菜の抗酸化物質が動脈硬化に効く

投稿日:


細胞の酸化を防ぎ、動脈硬化を予防することが
できる効果があるのが抗酸化物質というものになります。

この抗酸化物質として有名なものがビタミンC、
ビタミンE、ビタミンAを摂取できる緑黄色野菜に
なるのです。

ビタミンCを摂取できる野菜や果物としては
ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、カリフラワー、
ネーブルオレンジ、柿等があります。

ビタミンEを多く含むものには
アーモンド、わかさぎ、かぼちゃ、ひまわり油、
コーン油等があります。

ビタミンAを多く含むものには
かぼちゃ、にんじん、春菊、ほうれん草が
あります。

また抗酸化作用としては赤ワインや緑茶、
チョコレート、紅茶、ウーロン茶、玉ねぎに
含まれているポリフェノールも良いといわれています。

成人の場合、1日100mgのビタミンCが
必要といわれています。ただ、ビタミンCは熱に
弱く、水にも溶けやすいので、短時間で過熱したり、
煮汁も一緒にとるようにしていくのが良いと
されています。

また、喫煙とストレスはビタミンCの大敵です。
これらが多い人は積極にビタミンCの摂取量を
増やしたほうが良いでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

アトピーによる顔の乾燥対策

アトピー皮膚炎のほとんどは生れつきのものが多いです。 そして、アトピーを持って生まれた子であっても、 成長の過程で症状が緩和する人もいます。 人それぞれ、生れつきどれほど重傷なアトピーを持っているか …

no image

ヤクルトの青汁

ヤクルトといえば、乳製品のイメージが強いかもしれません。 実はヤクルトでも、青汁を販売しています。 ヤクルトは他メーカーと比較した場合、価格面でお得商品となっています。 「ヤクルト青汁のめぐり」という …

no image

酵素の力で体の中から美しくなろう

近年、美容と健康に高い効果を持つとして酵素が注目されています。 酵素は人間や動物、植物など生命活動を行っているものの 体内に必ずある物質です。 酵素を体内に取り入れる事でダイエット効果、デトックス効果 …

no image

花粉症 熱 38度

昨日から急にまた鼻水や喉の調子が悪かったので また花粉が発症した、と耳鼻科に行って薬を もらってきました。 確かにその薬を飲んで、鼻水や喉については和らいで きた状態です。 でも、なんか頭がぼーっとす …

no image

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

脂肪のとりすぎに注意なんてことは よく言われますが、脂肪は1種類ではなく、 中に含まれる脂肪酸によって種類が分かれるものに なります。 この脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに 大きく分かれます。 …

アーカイブ