健康

緑黄色野菜の抗酸化物質が動脈硬化に効く

投稿日:


細胞の酸化を防ぎ、動脈硬化を予防することが
できる効果があるのが抗酸化物質というものになります。

この抗酸化物質として有名なものがビタミンC、
ビタミンE、ビタミンAを摂取できる緑黄色野菜に
なるのです。

ビタミンCを摂取できる野菜や果物としては
ブロッコリー、小松菜、ほうれん草、カリフラワー、
ネーブルオレンジ、柿等があります。

ビタミンEを多く含むものには
アーモンド、わかさぎ、かぼちゃ、ひまわり油、
コーン油等があります。

ビタミンAを多く含むものには
かぼちゃ、にんじん、春菊、ほうれん草が
あります。

また抗酸化作用としては赤ワインや緑茶、
チョコレート、紅茶、ウーロン茶、玉ねぎに
含まれているポリフェノールも良いといわれています。

成人の場合、1日100mgのビタミンCが
必要といわれています。ただ、ビタミンCは熱に
弱く、水にも溶けやすいので、短時間で過熱したり、
煮汁も一緒にとるようにしていくのが良いと
されています。

また、喫煙とストレスはビタミンCの大敵です。
これらが多い人は積極にビタミンCの摂取量を
増やしたほうが良いでしょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

規則正しい生活を送り、栄養不足を補う事で、口内炎は予防できます。

口内炎というのは、疲労や風邪など、体の免疫力が低下している時に出来やすくなります。 さらに、ビタミンが不足すると、粘膜が弱くなる為、口内炎ができる原因にもなります。 口内炎を予防する為には、栄養不足を …

no image

脂肪はなくてもいいのか?

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。 そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって なくてはならない存在でもあります。 からだの脂肪組織は 1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割 …

no image

緑茶の健康効果

緑茶に多く含まれているカテキンは 健康効果が注目されています。 それは、緑茶に多く含まれているカテキンという成分が、 抗インフルエンザ作用や、 風邪予防にとても効果があるからです。 緑茶を飲み続けるだ …

no image

乾燥肌と入浴剤

冬になると、空気が乾燥しているために、どうしても肌が 乾燥してしまいます。 その乾燥肌対策にと、今年は、室内の加湿器を新たに購入しました。 が、一番大事なのは、お風呂かなと最近思っています。 ゆったり …

no image

食事療法+運動療法で肥満を解消

肥満を解消するためのダイエット方法は、大きく以下の2つに 分類されます。 ・食事療法 ・運動療法 どちらにしても、正しい目標を設定して、無理なくできるように していくことが重要です。短期間での過激な原 …

アーカイブ