雑記

若いうちに海外へ行くことの重要性

投稿日:

004199
若者の海外離れが叫ばれて久しいですが、その原因としては海外へ
行くことがそう難しいことではなくなっただけに海外に特別な
憧れや希望を抱かない若者が増えたこと、不況の影響で経済的に
余裕がないこと、ゆとり教育を受けた世代なのでハングリー精神が
ないことなどさまざまな要因があるようです。

以前は英語を話せないと国際社会の中で通用しない、海外留学や
海外旅行を通じて広く世界を見て知識や経験を積みたいと思う
若者が多かったのですが、昨今はそういった若者は減りつつあると言われます。

確かに、英語が話せればそれだけで世界が広がるわけでも
就職に有利なわけではないですし、海外に行けば何か
得られるものがあるというわけではありません。

しかしやはり、柔軟な頭で様々なことを吸収できる若い時期に海外へ
出てさまざまな経験をすることは、その後の長い人生において必ず
有意義なものになると考えます。

まず、これまで自分が暮らしてきた社会とは違ったところで生活を
するというのは言葉の面で壁を感じることも多いですし、言葉が
問題なくてもカルチャーショックを受けることや困難にあうことも
あると思います。

海外では周りに助けを求めたり共感しあえる仲間がいないことも
多いですが、そういった環境に自分を置いて自力で生活をすること、
自分で切り開いていくことは若いうちにぜひとも経験してほしいことです。
そうすることで自分自身の成長につながり、その後の人生の
糧となることでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

最近のディーゼル車はすごい

最近販売されているディーゼル車の実力には目を見張るものがあります。 今までのディーゼル車といえば、排気ガスが臭い、加速が遅い、 ガラガラうるさいといったイメージでバスやトラックなどの 商用車以外ではあ …

no image

お家でアクアリウム

ペットを飼いたいけれど、住んでいるマンションの事情や 一人暮らしで出張もある方、イヌやネコを飼いたいけれど 家族にアレルギーがいる・・・などの方にオススメのなのが、 お家でアクアリウムです。 水族館が …

no image

子規、漱石、百閒~小鳥好きな文豪たち

正岡子規と夏目漱石は学校の同窓で、同い年の親友。 内田百閒は漱石の弟子です。 ただし、子規は三十五歳で亡くなっており、漱石が「吾輩は猫である」で 作家デビューしたのはその三年後ですから、百閒と子規は一 …

no image

人の意見は聞くな

「人の意見は聞くな。」 こんな話について通常は社会的には賛同できないと 思いますが、この記事を読むと納得できるものがあります。 LifeClipさん http://lifeclip.org/diary …

no image

電車の中で寝るということ

日本では、みなさんも当たり前に見ていると 思いますが電車の中で寝ている人は凄く多いです。 通勤時間は特に多いように思えます。 寝ていると携帯をいじっている人で電車に 座っている人の大半を占めるんじゃな …

アーカイブ