雑記

親子でミニトマトや苺栽培に挑戦しませんか?

投稿日:


幼児や小学生低学年のお子さんをお持ちの方は、子供と一緒に
植物栽培を楽しんでみませんか。

季節が良くなれば、小さな草花を一緒に植えたりして、
命の大切さにも少し触れてみるのも良いですよ。

小学校の低学年では、よく朝顔の栽培を学校で行ったり
しているのも、理科の教育と共に、命に触れる目的もあります。

しかし、草花を植え、最初は水やりをしても、その時は楽しいでしょうが、
後は飽きてしまい、水やりもしなくなってしまいます。
こうした点をカバーするには、花ではなくて、ミニトマトや苺を
植えるのが良いと思います。

苗を植え、「大きくなあれ!」とお父さん、お母さんと幼児が水やりを
する姿は想像するだけでも微笑ましいものですネ。
庭がなくても、ベランダでプランタンで育てる事ができ、花が咲き、
実が次々と成り、飽きる事なく楽しめます。

ミニトマトは少々いい加減にしていても、びっくりするぐらい次々実が
成ります。家で育てていれば、子供が勝手に取って食べても農薬など
使用していないので、安心です。

また苺はなかなか甘い大粒の物に成長させるのは難しいですが、
受粉を綿棒など使って手助けすれば、実はたくさん付けると思います。

また、苺は多年生の植物ですので、実がなった後に長く出てくるリードから、
次のシーズンに向け、苗を買わなくても、増やしていく事が出来ます。
ネットで検索すれば、育て方の記事はたくさんヒットし、それらを参考に
実践すれば良いでしょう。苺の苗を増やすのなどは、小学生に最適でしょう。

自然に触れる事が減っている現代、こうしたミニ栽培で親子で
仲良く土や植物に触れて楽しんでみませんか、、。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

快適生活のための「手放す」精神と作業

部屋がものであふれて、なかなか片付かない方、掃除しても、 いまいち空間がスッキリしない方は、世の中多いのではないでしょうか? 居心地のよい、好まれる空間というのは、 十分なスペースが確保され、片付いて …

no image

職場で下の名前で呼ぶのはNG?

職場で位性を下の名前で呼ぶのはどうなのか?に ついてコラムとして上がっています。 参考) 異性社員を下の名前で呼ぶのはセクハラ? 職場の潤滑油?〈AERA〉 http://zasshi.news.ya …

正月の栗きんとんのおすすめ

クリスマスがもうすぐですが、クリスマスの準備は当然 終わっていますよね。 クリスマスは大イベントですがその次に待っているのが お正月。 ここも早く準備をしておきたいところです。 (といってもクリスマス …

no image

東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20 本当に便利な街?

東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20というのが 発表されていました。 ■東京都民が選ぶ住みたい街ベスト20 1 吉祥寺・武蔵野市 2 自由が丘・目黒区 3 田園調布・大田区 4 新宿・新宿区 5 下北沢 …

no image

結婚式での余興のやり方

結婚式は友人や先輩後輩のもの、いずれに招かれてもなんだか 気恥ずかしい思いもありながら心から祝ってあげたい イベントだと思います。 何度か結婚式に参加している中では仲の良い友人やお世話になった 先輩の …

アーカイブ