雑記

親子でミニトマトや苺栽培に挑戦しませんか?

投稿日:


幼児や小学生低学年のお子さんをお持ちの方は、子供と一緒に
植物栽培を楽しんでみませんか。

季節が良くなれば、小さな草花を一緒に植えたりして、
命の大切さにも少し触れてみるのも良いですよ。

小学校の低学年では、よく朝顔の栽培を学校で行ったり
しているのも、理科の教育と共に、命に触れる目的もあります。

しかし、草花を植え、最初は水やりをしても、その時は楽しいでしょうが、
後は飽きてしまい、水やりもしなくなってしまいます。
こうした点をカバーするには、花ではなくて、ミニトマトや苺を
植えるのが良いと思います。

苗を植え、「大きくなあれ!」とお父さん、お母さんと幼児が水やりを
する姿は想像するだけでも微笑ましいものですネ。
庭がなくても、ベランダでプランタンで育てる事ができ、花が咲き、
実が次々と成り、飽きる事なく楽しめます。

ミニトマトは少々いい加減にしていても、びっくりするぐらい次々実が
成ります。家で育てていれば、子供が勝手に取って食べても農薬など
使用していないので、安心です。

また苺はなかなか甘い大粒の物に成長させるのは難しいですが、
受粉を綿棒など使って手助けすれば、実はたくさん付けると思います。

また、苺は多年生の植物ですので、実がなった後に長く出てくるリードから、
次のシーズンに向け、苗を買わなくても、増やしていく事が出来ます。
ネットで検索すれば、育て方の記事はたくさんヒットし、それらを参考に
実践すれば良いでしょう。苺の苗を増やすのなどは、小学生に最適でしょう。

自然に触れる事が減っている現代、こうしたミニ栽培で親子で
仲良く土や植物に触れて楽しんでみませんか、、。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

バイクのススメ

自動二輪の免許をとることをおすすめします。 バイクには、とっても得するメリットがたくさんあるのでご紹介します。 まず、春から夏、秋にかけて最高に気持ちいいことが一番です。 これは、バイクに乗ったことの …

no image

絵画にツッコミしてみませんか

絵画というものにどんな印象があるでしょうか。 美術館に収蔵される高級品、家に飾るインテリアと いったようなものだと考える方が多いでしょう。 美術館も日常的に行く場所ではありませんし、 家にある絵画とい …

no image

レトルト食品は常温で保存できます

最近はレトルト食品の種類が豊富になり、味も良くなっているので、 時間の取れない食事の時には非常に重宝します。 レトルト食品の「レトルト(retort)」とは、高圧加熱殺菌釜の ことを指しています。 調 …

no image

あの芸能人を見たい、あいたい人のための裏ワザ

テレビの中で活躍する芸能人や俳優、タレントさんに一度は見てみたいって 思いますよね。 でもなかなか会う機会なんてないよ、という方に実はお金も稼げて 芸能人に会えちゃう裏ワザがあるんです。 そんなおいし …

no image

神様の言うとおり弐が少年マガジンで始まりました。

神様の言うとおり弐が新連載として 少年マガジンで始まりました。 これはかなり期待です。 神様の言うとおりはもともと別冊少年マガジンで 連載されていて、それが週刊に移ってきたということです。 週刊連載か …

アーカイブ