雑記

親子でミニトマトや苺栽培に挑戦しませんか?

投稿日:


幼児や小学生低学年のお子さんをお持ちの方は、子供と一緒に
植物栽培を楽しんでみませんか。

季節が良くなれば、小さな草花を一緒に植えたりして、
命の大切さにも少し触れてみるのも良いですよ。

小学校の低学年では、よく朝顔の栽培を学校で行ったり
しているのも、理科の教育と共に、命に触れる目的もあります。

しかし、草花を植え、最初は水やりをしても、その時は楽しいでしょうが、
後は飽きてしまい、水やりもしなくなってしまいます。
こうした点をカバーするには、花ではなくて、ミニトマトや苺を
植えるのが良いと思います。

苗を植え、「大きくなあれ!」とお父さん、お母さんと幼児が水やりを
する姿は想像するだけでも微笑ましいものですネ。
庭がなくても、ベランダでプランタンで育てる事ができ、花が咲き、
実が次々と成り、飽きる事なく楽しめます。

ミニトマトは少々いい加減にしていても、びっくりするぐらい次々実が
成ります。家で育てていれば、子供が勝手に取って食べても農薬など
使用していないので、安心です。

また苺はなかなか甘い大粒の物に成長させるのは難しいですが、
受粉を綿棒など使って手助けすれば、実はたくさん付けると思います。

また、苺は多年生の植物ですので、実がなった後に長く出てくるリードから、
次のシーズンに向け、苗を買わなくても、増やしていく事が出来ます。
ネットで検索すれば、育て方の記事はたくさんヒットし、それらを参考に
実践すれば良いでしょう。苺の苗を増やすのなどは、小学生に最適でしょう。

自然に触れる事が減っている現代、こうしたミニ栽培で親子で
仲良く土や植物に触れて楽しんでみませんか、、。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

Facebookの歴史 Facebookを作った人

ここまで有名になったFacebook、その作者は 誰なのか? これも既にある程度有名になっていますが、 マーク・ザッカーバーグという人が 2004年ハーバード大学の学生の時に製作したものになります。 …

no image

部屋さがしで見えてくるもの

ただいま引っ越しシーズンですね。 テレビを見てもネットサーフィンをしていても、不動産会社や引越し業者の バナーが乱立しています。 引っ越しシーズン真っ盛りの今、住みたいと思う物件があっても 見学後に冷 …

no image

お金、物、時間の3つのエネルギーをバランス良く使いこなす事

いかにスムーズに人生を渡り歩いていかといった時に、 バランス感覚がとても重要になってきます。 それは、お金、物、時間の3つのエネルギーを操る力です。 そして、この3つのエネルギーを上手に操っていくため …

no image

昭和30年代の落語界。文楽、志ん生に、圓生が加わって。

10年くらい前からでしょうか。「落語ブーム」ということが しばしば言われるようになりました。 林家正蔵襲名、銀座落語会、あるいはテレビドラマ 「タイガー&ドラゴンん」など、落語が若い人にも身近になって …

no image

原価を勘違いしている人が多い!?

一時期原価ブーム的なものもあったので、今でも たまにものの原価が出てきて、大騒ぎしたりしています。 こんなに安かったのか!では売値がこんなに高いなんて ぼったくりじゃないか!?ぼろ儲けしているのでは? …

アーカイブ