雑記

夫婦で見る韓国ドラマ

投稿日:


ドラマや映画を見ながら外国語を学ぶという手法は、よく聞く話です。
コタツで寝そべり、テレビを見ながら字幕を見ているとなんとなく、
この発音はこの意味かと理解できたりします。

我が家でよく見る韓国ドラマは時代劇が多く、「ペーハー」と言う言葉は「陛下」という意味らしい、
「マングカウニダ」は「ありがたき幸せ」のようです。

こう言う言葉ばかり覚えても、もしかして韓国に旅行する機会が
あったりしても、まず使えないだろうと思うのです。
しかし、主人は俺も韓国語が使えると、軽く自慢しているのですが、
側で聴いていて内心ツッコミ入れたい気分を我慢しています。

例えば、仁川空港で「マングカウニダ」って言ったら現地の人はどう思うのでしょうか。
「ペーハー」って誰に向かって言うのか、どれも使えないでしょ、普通。

かといって現代版の韓国ドラマは、主人の好みに合わなくて一緒に見てくれません。
日本のドラマにはありえない、急転直下の予測不可能のストーリー展開に
同調できないようです。

予測できないからこそ、面白いのに「え、これはどういう事?」とか、
いちいちツッコミ入れて、側にいる私に質問攻めにされると、
ストレスが溜まることハンパなく疲れるので、現代版韓国ドラマは録画して、
一人で見ることにしています。

主人が好きな韓国ドラマのシュチュエーションは、時代劇の
アクション部分なのですが、これは毎回見ていると私には疲れる、
ドラマのストーリーは予測不可能なのに、アクション部分は
ワンパターンに見えるのは私だけでしょうか?

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

名前の持つ力をきちんと認識する大切さ

最近では子供が生まれた時に、よく当て字のような奇妙な 名前を付ける親御さんが多いようですが、彼らは名前が持つ力と いうものをきちんと理解して名付けているのでしょうか? 音韻学など専門的な知識はなくとも …

no image

さよなら渋谷 カマボコ駅舎 感想

今ちょうどテレビをつけたら NHKドキュメントで さよなら渋谷 カマボコ駅舎 がやっていました。 普段はこの番組は特に見ていないのですが、 テーマ的に気になったので見てしまいました。 東横線のホーム廃 …

no image

ブログのインデックスが始まりました

このブログのwordpressについても 無事インデックスが始まってきました。 今確認したもので18時間前に投稿した 記事のインデックス。 やはり、いくらwordpressといえども 最初は投稿後すぐ …

no image

キーシンの「ショパン前奏曲」はジェットコースター

生涯のすべてをピアノに捧げたともいえるフレデリック・ショパン。 当然数多くの傑作があります。 専門家の評価はいろいろですが、「前奏曲」の評価は際立っているようです。 ほかにも「練習曲」「ソナタ3番」「 …

no image

鏡餅とのし餅、小餅の硬さの違い

東京の武道館にある大きな鏡餅は よくニュースに流れますが この鏡餅は、普段私達が食べ小餅やのし餅と 硬さが違うようにつかないといけないのです。 最近の市販されている小餅は 餅粉が入っているために ゆで …

アーカイブ