社会

金融円滑化法の問題

投稿日:

shiryouS
4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。
そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の
猶予を作る法律を作りました。

借金返済の額を先延ばしにする代わりにその猶予の間、経営の
改善を行うなどし、景気回復に図ったこの法律ですが、結果は
芳しくなりモノでした。

通常、この方法はただ期間を延長しただけにすぎず、経営を悪化させた
原因でもある経営自体には何のメスが入っていません。

また期間が延長されたことで、本来追い込まれて必死になるところが、
逆に意欲を削ぐ形へとつながっています。故にこの法律を申請した実に
8割の企業が経営を改善できずにおり、また逆に更に悪化する状態へと
変わっています。

この法律は初めの段階では1年だけの予定でしたが、リーマンショック以降、
欧州金融危機、東日本大震災、そして円高のあおりにより、延長が続き、
今年で4年目になっています。この延命措置により、経営が改善されない
状態が長く続き、すでに取り返しがつかない形へと変わっています。

経営サポートである金融機関は、お客様に対するサポートサービスを
強化するなどの対策を行っていますが、延命措置により早い段階で
相談に来る人があまりなく、他の企業の傘下になろうにも向こうから
断られる形になっています。

この法律から見る教訓は、先延ばしだけは改善されないという事です。
通常経営を良くするためには、ただ経費を削減するだけでなく、
新しい収入源を確保するところまで必要であります。その為、金融機関は
ただ時間を与えるだけでなく、経営に対する積極的なアプローチを
施すべきだったのです。故にこのことから私たちに対する教訓は、
先延ばしだけでは不十分であり、挑戦こそ生きる事に対する切り口なのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

no image

小学校の入学準備事情

今年の春、小学校に入学する子供がいます。 ここ最近なんでしょうか?小学校や中学校の新入学事情は、 私が子供のころ(20~30年くらい)では、ずいぶん変わりました。 まずは、必需品のランドセルです。定番 …

no image

警察官のキャリアとノンキャリア

ドラマの定番と言えば刑事ドラマですが、 その刑事ドラマに付き物なのが、キャリア組とノンキャリア組の対立です。 警察には大きく分けて二つの組織があり、一つに神奈川県警とか 京都府警などの各都道府県の自治 …

no image

M&Aと少子高齢化の関係

経済用語のM&A。日本国内でも有名になってきています。 この言葉が一般的になったのは、2005年のライブドアによるフジテレビ 買収騒動前後かもしれませんが、それで若干悪い印象を持った人も い …

no image

遺言書の相続における有効性

被相続人が亡くなって相続を開始する場合は、まず遺言書の 有無の確認から始めます。 遺言は、人の生前の意思を死後に実現させるための 手段として制度化されたものです。 民法は、自分の財産を遺言によって自由 …

アーカイブ