社会

金融円滑化法の問題

投稿日:

shiryouS
4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。
そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の
猶予を作る法律を作りました。

借金返済の額を先延ばしにする代わりにその猶予の間、経営の
改善を行うなどし、景気回復に図ったこの法律ですが、結果は
芳しくなりモノでした。

通常、この方法はただ期間を延長しただけにすぎず、経営を悪化させた
原因でもある経営自体には何のメスが入っていません。

また期間が延長されたことで、本来追い込まれて必死になるところが、
逆に意欲を削ぐ形へとつながっています。故にこの法律を申請した実に
8割の企業が経営を改善できずにおり、また逆に更に悪化する状態へと
変わっています。

この法律は初めの段階では1年だけの予定でしたが、リーマンショック以降、
欧州金融危機、東日本大震災、そして円高のあおりにより、延長が続き、
今年で4年目になっています。この延命措置により、経営が改善されない
状態が長く続き、すでに取り返しがつかない形へと変わっています。

経営サポートである金融機関は、お客様に対するサポートサービスを
強化するなどの対策を行っていますが、延命措置により早い段階で
相談に来る人があまりなく、他の企業の傘下になろうにも向こうから
断られる形になっています。

この法律から見る教訓は、先延ばしだけは改善されないという事です。
通常経営を良くするためには、ただ経費を削減するだけでなく、
新しい収入源を確保するところまで必要であります。その為、金融機関は
ただ時間を与えるだけでなく、経営に対する積極的なアプローチを
施すべきだったのです。故にこのことから私たちに対する教訓は、
先延ばしだけでは不十分であり、挑戦こそ生きる事に対する切り口なのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

東京へ一極集中が続く理由。都心から離れていると不利!?

日本の人口の移転についてですが 相変わらず東京への一極集中が続いていると いうようなニュースが出ていました。 東京が20年連続の転入超過ということ。 転入-転出で7万人というような数字に なっているそ …

no image

老齢厚生年金に関わる免除制度の注意点

老年厚生年金の免除制度としてベースである国民年金が免除になるという 制度がありますが注意点があります。 国民年金の免除制度の条件には、「前年所得(1月から12月)が○○円以下」と いう内容が含まれてい …

no image

老齢厚生年金の受給について

将来、本当に老齢年金をもらえるのかという不安がある年金ですが、 私達は一体いつからもらえるのでしょうか。 老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上あり、老齢基礎年金を 受給できる資格期間を満 …

no image

マンションは悪い噂が流れることがある

マンションの部屋を探しているときに、いろんなチラシを見たり、 インターネットで検索などをして、情報を収集します。 そんな時に、あまりの家賃の安さに驚くときがありませんか? 周囲のマンションの部屋はどこ …

配達は不在のとき玄関の外に置きっぱなしでもいいと思いませんか?

ヤマト運輸が荷受けを抑制するという 検討をしているそうです。 確かに現時点ですでにキャパオーバー 状態にありますからね。 人手不足で業界が大変という話は 何度も聴くようになっています。 そこまで安く受 …

アーカイブ