社会

金融円滑化法の問題

投稿日:

shiryouS
4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。
そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の
猶予を作る法律を作りました。

借金返済の額を先延ばしにする代わりにその猶予の間、経営の
改善を行うなどし、景気回復に図ったこの法律ですが、結果は
芳しくなりモノでした。

通常、この方法はただ期間を延長しただけにすぎず、経営を悪化させた
原因でもある経営自体には何のメスが入っていません。

また期間が延長されたことで、本来追い込まれて必死になるところが、
逆に意欲を削ぐ形へとつながっています。故にこの法律を申請した実に
8割の企業が経営を改善できずにおり、また逆に更に悪化する状態へと
変わっています。

この法律は初めの段階では1年だけの予定でしたが、リーマンショック以降、
欧州金融危機、東日本大震災、そして円高のあおりにより、延長が続き、
今年で4年目になっています。この延命措置により、経営が改善されない
状態が長く続き、すでに取り返しがつかない形へと変わっています。

経営サポートである金融機関は、お客様に対するサポートサービスを
強化するなどの対策を行っていますが、延命措置により早い段階で
相談に来る人があまりなく、他の企業の傘下になろうにも向こうから
断られる形になっています。

この法律から見る教訓は、先延ばしだけは改善されないという事です。
通常経営を良くするためには、ただ経費を削減するだけでなく、
新しい収入源を確保するところまで必要であります。その為、金融機関は
ただ時間を与えるだけでなく、経営に対する積極的なアプローチを
施すべきだったのです。故にこのことから私たちに対する教訓は、
先延ばしだけでは不十分であり、挑戦こそ生きる事に対する切り口なのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

友達をたくさん作る方法は?

友達をたくさん作る方法、このような方法があるのでしょうか? 気がつくと友達は減ってしまう傾向が あると思います。 高校生まではクラスがあったり部活動があったりと 一定の仲間の中、一定のコミュニティの中 …

no image

地震の避難方法は具体的状況を想定して考えるべき

地震に遭遇したときにまず取るべき行動は我が身の安全確保です。 そして、そのための一般的な避難方法は以下のようなものです。 ①まず、タンスや食器棚などの重くて危険な物から身(特に頭部)を 守るために堅い …

no image

ホテリングルールから見る環境技術が生かされる方法

枯渇資源の利用方法についてある問題を抱えています。 それはどのように資源を有効活用すればいいのかという問題です。 石油や木のような資源活用を考える場合、一気に使えば資源が枯渇する 問題が起き、逆に全く …

no image

ネット依存をプラスに利用できないのか?

ネット依存問題が昨今は大きく取り扱われてきています。 PCでも十分に起こり得た話ではありますが、最近の スマホ化の普及によって、オンラインゲームも進み、 高額アイテムを次々購入する等のある意味被害とも …

no image

2050年の未来予測

先ほど本屋に行きましたら 2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり 宣伝されていました。 英エコノミストの予測ということで 非常に気になるところです。 2013年をいよいよ迎えるというときに 2 …

アーカイブ