健康

股関節ストレッチ

投稿日:

yogaS
股関節が堅くなると老化のスピードが速くなるといわれます。
老人歩きと俗に言われる歩き方は前傾姿勢で足を擦るように
短い歩幅での歩き方です。

これは股関節が堅くなっていて、歩幅が広くとれないのが
原因のひとつです。ですから老化予防のために、股関節を
柔らかくするストレッチを日頃から行なっておくことが大事です。

それから老人歩きにならないためには、片足で立ったままバランスを
とれることも重要です。このためのストレッチをご紹介します。
まず股関節ストレッチから。

これは大リーグのイチローがやっているストレッチです。両足を出来るだけ開いた
状態で腰を落とします。ももが地面に平行になるくらいまで腰を落として、
手のひらでそれぞれの膝をつかみます。
この姿勢から左右にねじる動作をします。右肩右膝を前に左肩左膝を
後ろに後ろに、次に反対の動作を繰り返します。
このストレッチで股関節が開き柔軟性がまします。

次は片足立ちです。最初はバランスがとれず転倒する恐れがありますので、
壁の横にたって行ないます。まず片足でたって、もう一方の脚を背中側にかかとで
お尻を蹴るように曲げ、足の甲を同じほうの手で握ります。

この姿勢で片足立ちを続けます。こうするとバランス感覚が鍛えられ、
かつ曲げた足の大腿部が伸ばされる効果が期待できます。

この二つの下半身ストレッチで老人になっても、歩幅の広いいい姿勢で歩けます。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

小太りの方が健康的?長生きするのは小太りの方

普通、太っている人は、普通の体系の人よりも 病気にかかりやすい、不健康だといわれるのが 定番だと重い間数が、小太りの方が長生きするという ような説が発表されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ …

no image

本気でやるラジオ体操の効果

昔、子供の頃は夏休みというと早朝からラジオ体操を 地区ごとにやっていたものです。 子供のときは学校の体育の授業でもやっていましたし、 夏休みなどはカードに押してもらうハンコを 貯めたいだけのために、朝 …

no image

赤ちゃんの乾燥肌とクリーム

赤ちゃんのお肌はプニプニしていてハリがあるから、 ついつい乾燥してないように見えて保湿しなくて 良いんじゃないかなと思いがちですが、実は 赤ちゃんの肌はとっても薄く大人の半分くらいしか 厚みがありませ …

no image

資生堂の青汁

ファンケルやDHCと同様に資生堂も、青汁を作っています。 資生堂はサプリメント系のイメージはないので意外なところでしょうか。 資生堂の青汁は1種類のみです。 タブレットと缶タイプのドリンク「長命草(ボ …

no image

不眠症について

不眠症のタイプには4つのタイプがあるといわれています。 まずひとつには、入眠障害といって自分では寝ようと 思ってはいるのですが、なかなか寝付けないタイプ。 本人は寝ようと思って焦るのでますます寝付くこ …

アーカイブ