健康

ウォーキングは健康の秘訣

投稿日:

jogS
みなさんは一週間にどれくらいの距離を歩いていますか?

朝、昼、夕方、それぞれの時間帯にウォーキングをしている人たち多く目にします。
年齢層はさまざまで、老若男女ジャージを着てはりきって歩いています。

ウォーキングは他のジョギングやトレーニングなどと違い散歩感覚で出来ることから、
年配の方でも気軽に出来る身近な運動です。
歩くのは健康に良い、と言われていますが、
どのように体に良いのでしょうか。

ウォーキングは有酸素運動に含まれます。
有酸素運動は酸素を多く取り込みながら運動をするため、血液の流れ良くなり
老廃物を流したり脂肪燃焼させたり、美容やダイエットにも効果があります。

酸素を多く取り込みながら歩こうと思うと効果的で、
呼吸のリズムを作りながら足を出し大きく手を振ってみましょう。
それだけで普通に歩くよりも運動量が上がり効果も期待できます。

脂肪が燃えるのは20分以上になると効果が高くなってくるため、
ダイエットの効果を期待したいという人は20分以上歩くといいでしょう。

時間があまりない、疲れているという人にもウォーキングはおすすめです。

歩くということは体だけでなく、精神にも大きく影響します。
ただ淡々と外をあるくだけでも、それが脳細胞への刺激となり
気分転換にもなります。
また、ずっと寝ているよりも適度な運動が疲れも癒してくれます。
脳が生き生きすると良い体の循環が生まれ、老化の防止にもなります。
よく歩く人は若々しいと聞いたことがありますが、そのためかもしれません。

普段歩かないという人も、近所を少しの散歩する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
気分も体も軽くなったと感じられるかもしれません。

また、友人や夫婦で話しながらウォーキングするのも、更なる脳の刺激にもなります。
自分にあった時間帯、距離で楽しくウォーキングしてみましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

夜寝る前の部屋と体(喉)の乾燥対策

部屋の乾燥対策は、エコを考えると 暖房にエアコンを使ったり 加湿器を使うことは、あまり考えたくないのです。 布団をまず、布団乾燥機で温めておきます。 ない人は、掛け布団をめくっておくことが大切です。 …

no image

帽子と紫外線の間違った知識を正す

肌の手入れをする際に、最も気をつけなければいけないのは 紫外線の存在です。 紫外線は長時間身体に浴びせてしまいますと肌に本当に 良くありませんし、なにより癌を発症させる可能性も若干ながら 上昇してしま …

no image

目に見える肥満と見えない肥満

肥満といってもそのタイプは大きく分けて2つになります。 ・皮下脂肪型肥満  女性に多く見られる。上半身よりもお尻から下半身にかけて脂肪が  つき、ぽっちゃりして見えることから、洋ナシ型肥満と言われる。 …

no image

仕事で疲れた時のストレス発散法

もう、50才が近づいてきた。毎年の健康診断では腹囲まで測られる。 いくら年配の看護師さんにだって気恥ずかしい。 ビール腹の完璧なメタボ腹をさらけ出すことの惨めさは、当人ではないと 分からないだろう。 …

no image

暖房で乾燥する理由と対策

今年の冬は、例年よりも部屋の加湿に気を使っています。 というのも、冬になって早々、風邪を引いてしまったためです。 原因は、部屋が乾燥しすぎてしまったことにあるようです。 起きた時に、「喉が痛いなぁ」く …

アーカイブ