健康

ウォーキングは健康の秘訣

投稿日:

jogS
みなさんは一週間にどれくらいの距離を歩いていますか?

朝、昼、夕方、それぞれの時間帯にウォーキングをしている人たち多く目にします。
年齢層はさまざまで、老若男女ジャージを着てはりきって歩いています。

ウォーキングは他のジョギングやトレーニングなどと違い散歩感覚で出来ることから、
年配の方でも気軽に出来る身近な運動です。
歩くのは健康に良い、と言われていますが、
どのように体に良いのでしょうか。

ウォーキングは有酸素運動に含まれます。
有酸素運動は酸素を多く取り込みながら運動をするため、血液の流れ良くなり
老廃物を流したり脂肪燃焼させたり、美容やダイエットにも効果があります。

酸素を多く取り込みながら歩こうと思うと効果的で、
呼吸のリズムを作りながら足を出し大きく手を振ってみましょう。
それだけで普通に歩くよりも運動量が上がり効果も期待できます。

脂肪が燃えるのは20分以上になると効果が高くなってくるため、
ダイエットの効果を期待したいという人は20分以上歩くといいでしょう。

時間があまりない、疲れているという人にもウォーキングはおすすめです。

歩くということは体だけでなく、精神にも大きく影響します。
ただ淡々と外をあるくだけでも、それが脳細胞への刺激となり
気分転換にもなります。
また、ずっと寝ているよりも適度な運動が疲れも癒してくれます。
脳が生き生きすると良い体の循環が生まれ、老化の防止にもなります。
よく歩く人は若々しいと聞いたことがありますが、そのためかもしれません。

普段歩かないという人も、近所を少しの散歩する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
気分も体も軽くなったと感じられるかもしれません。

また、友人や夫婦で話しながらウォーキングするのも、更なる脳の刺激にもなります。
自分にあった時間帯、距離で楽しくウォーキングしてみましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

鼻の中の乾燥

毎冬鼻の中の乾燥に悩まされる人は少なくないでしょう。 痛さを伴った不快感や鼻をかむたびにティッシュに 血がにじむといったことをはじめ、本来水分によって 異物を吸着し外に押し戻すという鼻粘膜の免疫作用が …

no image

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんというのは汗を大量にかきます。 そうした時に適切な対処をしていないと、 あせもに発展してしまう事があります。 対処というのは赤ちゃんのかいてしまった汗を綺麗にするという事で、 すぐに適切な方法 …

no image

子供の乾燥肌対策

あたりが寒くなり始めると、必ずといっていいほど身体のかゆみを 訴えてくると言うお子さんがおられます。 私の子供もその一人で、寒くなり始めると、痒がり、 ひどい時には血が滲んでしまっていると言うとも。 …

no image

五本指靴下で水虫解決

水虫に悩んでいる人にぜひお勧めしたいのが「五本指靴下」です。  がんこな水虫もこの五本指靴下で治ったという例が多数あります。 最近はどこでも五本指靴下が手に入るようになりましたが、 気をつけていただき …

no image

納豆の驚きの効能

納豆のにおいが苦手で食することを避けている方もいるとは思いますが、 納豆には驚くべき効能が秘めらていることはご存知ですか? 納豆がもたらす素晴らしい効能たちを是非知っていただき、 食卓のメニューの一つ …

アーカイブ