社会

スウェーデンのキャリア社会

投稿日:

koredaS
ニュースZEROでスウェーデンのキャリア社会に
ついて取り扱いしていました。

スウェーデンだと女性の管理職は
31.8%となるそうです。
一方、日本の場合は9.3%。

法律で休暇をとることを認められており、また
その後同等の地位以上で復帰することができる仕組みに
なっているそうです。

他にも、教育の機会が与えられていて、一度働いた
後で学校に入りなおして勉強をする機会が与えられたり、
満足な教育を受けていない人が後から勉強して
キャリアアップすることが可能な社会になっているとの
ことです。

紹介しているのは一面に過ぎない部分もあると
思いますが、スウェーデンが本当に素晴らしいところなのか
どうなのかはわかりませんが、この内容を見る限り
日本は遅れているように見えてしまいます。

日本では女性の管理職が本当にいません。
いる人は育児を諦めて働いているような人ばかり。
それでも一定の差別を受けているように感じてなりません。

男同士のノミュニケーションを通じないと生き残れない社会、
一度休職してしまうと、復帰してもそれなりの給料しか
得られなかったり、それすらも認められず退職するしか
ない、また新卒で良い就職をしないとあとからキャリアアップ
する手段が残されていない。

こういう要素があるように思えます。
今は終身雇用が崩壊しながらも、キャリアアップの手段が
存在していないという最悪の状態ではないでしょうか。
各企業が変わろうと思っても文化はそう簡単に変えられません。

法律で働きやすい環境・キャリアアップをしやすい環境を
整備し、競争は厳しいが誰にでもチャンスはある社会を
目指さなければいけないのではないでしょうか。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を 扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。 ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、 自社開発をめざし、実際に作った試作品を …

no image

晩婚化と出会いの場

日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は 女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。 10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。 日本の晩婚化が進んで …

no image

医者になるまでにかかる学費の問題

私立医大の学費について議論している サイトを見て、考えました。 「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」 という当たり前の話ではあるのですが、 不公平感がありませんか?という想いです。 医学部は6年 …

有休をとる理由を聞いてはいけない マイナビ記事も削除に

有給休暇を取る理由を聞いてはいけない、 というのが法律で決まっている話は 常識にも関わらず守れていない企業が 多いものになっています。 理由の提示の強制はできず 労働者の権利としてとることが できるも …

飲食店内原則禁煙、罰金30万円以下 厳しいor嬉しい発表?

東京オリンピックに向けての国際基準での 禁煙の推進ですが、 飲食店内が原則禁煙、 罰金は30万円以下という方針が 厚生労働省から出ているようです。 30平方メートル以下のバーやスナックが 対象外となる …

アーカイブ