社会

スウェーデンのキャリア社会

投稿日:

koredaS
ニュースZEROでスウェーデンのキャリア社会に
ついて取り扱いしていました。

スウェーデンだと女性の管理職は
31.8%となるそうです。
一方、日本の場合は9.3%。

法律で休暇をとることを認められており、また
その後同等の地位以上で復帰することができる仕組みに
なっているそうです。

他にも、教育の機会が与えられていて、一度働いた
後で学校に入りなおして勉強をする機会が与えられたり、
満足な教育を受けていない人が後から勉強して
キャリアアップすることが可能な社会になっているとの
ことです。

紹介しているのは一面に過ぎない部分もあると
思いますが、スウェーデンが本当に素晴らしいところなのか
どうなのかはわかりませんが、この内容を見る限り
日本は遅れているように見えてしまいます。

日本では女性の管理職が本当にいません。
いる人は育児を諦めて働いているような人ばかり。
それでも一定の差別を受けているように感じてなりません。

男同士のノミュニケーションを通じないと生き残れない社会、
一度休職してしまうと、復帰してもそれなりの給料しか
得られなかったり、それすらも認められず退職するしか
ない、また新卒で良い就職をしないとあとからキャリアアップ
する手段が残されていない。

こういう要素があるように思えます。
今は終身雇用が崩壊しながらも、キャリアアップの手段が
存在していないという最悪の状態ではないでしょうか。
各企業が変わろうと思っても文化はそう簡単に変えられません。

法律で働きやすい環境・キャリアアップをしやすい環境を
整備し、競争は厳しいが誰にでもチャンスはある社会を
目指さなければいけないのではないでしょうか。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で 騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、 日本を観光立国にする事です。 今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多 …

no image

接遇に込められているもの~人への優しさと配慮~

今や飲食やホテル業界だけでなく、「接遇」は、 人との関わりで大切なこととして重要視されるようになりました。 接遇についての研修や講演会も盛んになり、 人々に浸透してきた言葉ではないでしょうか。 接遇と …

no image

原発は本当に廃止すべきなのか

次の衆議院選挙の一つの争点として 各党が原発の推進/廃止をあげています。 各党の主張が多岐に渡りすぎているのと、 実際の各区画を見ると、必ずしも全政党が出馬している わけではなくもうどこがどんな公約を …

no image

SNSで気をつけるべき事を芸能人記事から学ぶ

芸能人がTwitterなどで同じ事をしても炎上する人としない人がいます。 炎上したドランクドラゴンの鈴木さんは顔のせいで炎上しましたなど、 冗談を言っていますが、どんな基準なのか考えてみました。 ドラ …

no image

コンビナートの老朽化における問題と対策

高度経済成長期に作られた建物は現在、老朽化の問題に直面しています。 その建物の一つに石油などを扱うコンビナートも含まれています。 コンビナートは危険物を扱うため、安全管理が徹底している対象ではあります …

アーカイブ