雑記

知らず知らずに発している自分自身の悪いクセ

投稿日:

人のクセが気になってしまうということは多々あります。
そしてそのクセが不快なものであればあるほど、
喧嘩の原因になったり、叱責の対象になったりもします。
普段自分が不快なクセを披露していないかどうか、チェックしてみましょう。

最初はよく目立つ「くちゃくちゃ音」
俗にクチャラーと呼称されることが多いらしいのです。
この口の音というものは非常に不快指数が高いようで、
多くの人が嫌がっています。

食事中の音であれば唇をきちんと閉じるようにすれば
防げることが多いのですが、問題なのは通常時。

別に何かを飲んでいるわけでもなく食事をしているわけでもないのに、
つばが多いのかやたらと口を開いてクチャクチャと音を立てる方が
いるようなのですが、こういった行為は知らず知らずのうちに
人を遠ざける原因となってしまいます。

更には関連して舌打ち(またはそれに近い行為)をする人もいるようですが、
それも当然ながら減点対象です。
鼻が詰まりやすい人で口呼吸をせざるを得ない人であれば
ある程度多めに見て貰えるかもしれませんが、それ以外の方は
なるべくきちんと唇を閉じる「良いクセ」をつけたほうがいいでしょう。

他には鼻を頻繁にすする、というのも他人を不快にさせてしまいます。
鼻をかむにせよ、生理的な現象というべき部分がありはしますが、
しかしそこは人との共有空間。
なるべく他の方に配慮して生理現象は隠れて処理するような
配慮が必要になってきます。

また机をトントンと叩いたりペンをカチカチさせるような
子供っぽいクセも他人には不快に思えてくるもの。

そういった子供の頃から続いてきたクセは治すのに非常に苦労しますが、
治さないよりは努力してきちんと治した方が他の人も喜びます。

また努力しているという姿勢を見せることそのものが、少なくとも
不快指数を和らげることに貢献してくれるでしょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

フィリピン留学のススメ

私は36歳にして無職になってしまい、せっかくの長期休みを 手に入れ、フィリピンに1か月短期留学に行くことしました。 行ってみて感じたことは、とりあえず英語を話せるようになりたい、 英語に触れてみたいと …

no image

気のめぐりを良くするための波動修正法

この世界には目には見えないけれど、気(波動)といったエネルギーが流れています。 人間の体内にも、経絡といって気、血、水が絶えず体全体を 巡りながら、生命を維持しているのです。 今回は、そんな気のめぐり …

no image

A-BOUTの漫画の感想

週間少年マガジン連載中の A-BOUT(アバウト)ですが、 いよいよ大詰めを迎えているんでしょうか? 3年生を含めた光嶺高校の中での頂上決戦を 争っていくという激盛り上がりのシーンというところです。 …

no image

貧乏月間を生き抜く超手抜きランチのススメ

「給料日が終わったばかりなのに、次の給料日まで全然お金がない!」 いつの間にか娯楽に浪費し、 こうしたピンチに立たされた経験は無いでしょうか? 節約しやすい標的がランチ。 800円のレストランランチを …

no image

自費出版と共同出版

売れない作家や小説家が自分の小説やエッセイ、 詩などの作品を本にして、自費出版することが間々あります。 自費出版とは、執筆や編集、印刷、販売などの全てのプロセスに おける費用を自分で負担し、且つ発行者 …

アーカイブ