社会

本当は地味な税務調査

投稿日:

テレビドラマでよく、悪徳業者の脱税を税務調査官が見事に摘発する
ストーリーが描かれていますが、通常行われている税務調査は
そんな派手なものではありません。

税務調査にはテレビに出てくる国税局が担当するものもありますが、
普段行われているのは、税務署主導の一般税務調査になります。
従来は3年に1回程度、調査が行われていましたが、最近はその間隔が
若干伸びています。

まず、設立して3~4年目の会社が対象となり、大きな問題が無ければ
その後は数年に一度程度で実施されます。
ただ、収入が定期的なものしかないため、ごまかしがきかないような業種や、
不況の業種、また納税額の少ない零細企業や個人事業などは、調査する
意味があまりないので、対象外となることが多くなっています。

なお、定期外に税務調査が入るポイントとして、
「消費税の非課税業者から課税業者に変わった」、「不動産を購入した」、
「取引先が調査を受けた」、「所得が急激に変化した」などがあります。

税務職員には質問検査権というものが認められており、通常、お金に
関わる帳票(納品書・求書・領収書・売掛帳・出納帳・手形帳・賃金台帳・棚卸表)は
すべてチェックされます。従って、調査が始まる前に事前に帳票類の漏れが無いか、
点検しておくことが必要です。

調査をする際の対象期間は基本的に5年となっていますが、悪質とみられると
7年間分がチェックされます。なお、調査時における問題ポイントのワースト5は
「売上計上もれ」、「過大経費」、「領収所なし」、
「計上時期のずれ」、「不適切な棚卸」です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

IPS細胞を想像した教授の言う今後の日本の姿勢

昨年、IPS細胞においてノーベル賞を受賞した山中教授は 今後IPS細胞の実用化に向け力を入れていくことを表明しています。 しかし、IPS細胞を実用化する上で今、日本の科学者に対する 姿勢の問題が浮き彫 …

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

no image

仕事なく今日も一日「追い出し部屋」

「追い出し部屋」が話題となり、厚労省なども実態の調査に 乗り出しているようで、ツィッターなどでも熱い議論となっているようです。 元は朝日新聞がパナソニックの「事業・人材強化センター」という部署が、 そ …

no image

ワーキングプアと生活保護

ワーキングプアという言葉もよく知られるようになったと思います。 いくら働いても生活保護以下の生活しかできないような 人々のことを言います。実際に最低賃金法で決められている 最低賃金で週五日、8時間働い …

アーカイブ