ビジネス

圧迫面接は企業にとって効果があるのか?

投稿日:

圧迫面接についての記事がありました。
圧迫面接というのはわざと応募者、に対して
いやなこと、きついことを言ってその反応を
見るというような面接です。

・参照
就活「圧迫面接」の真意とは? 怒鳴る、全否定…うつ発症するケースも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130303-00000539-san-bus_all

 「今、ここに集まっている皆さんは、私からの意地悪で悪質な質問に耐え抜いた方々という事ですね。社会人になると、様々な場面で理不尽なクレームやお叱りの言葉を頂く機会が増えます。その時に皆さんはどのような応対を行うのか、この部分を今回の最終面接を通じて確認させて頂きました。」

このような言葉が出ていました。

ストレス耐性を見るテストとして、確かにどのように
反応するかを見定めることはできるかもしれませんが、
本当にこの方法が今の時代に適しているのでしょうか?

面接の応募者もまたお客様の一人であるという考えが
抜けてしまっていないでしょうか?

少なくとも全員が全員入社するわけではありません。

面接の結果落ちることとなる人、また内定を勝ち取ったのは
いいが、その会社に入らず、別の会社に行く人もたくさんいるわけです。

その人達は上記のような、わざと悪質な質問をしました、
君達はそれに耐えたのです、というような言葉を聞くことは
ありません。

聞かなかった、入社しなかった人達がSNS等で
あの会社はこんなひどい面接をしてきた。
社員はまともな人間じゃなかった。
お客様にはいいけど、社員にはろくでもない扱いをする
人達だ、と発言して拡散したらどうなってしまうのでしょうか。

後で良いことを言われたなんて内定者が擁護しても
もう後の祭りだと思うのです。

他の会社に言った人が、重要取引先となったり、出世して
他企業の重要ポジションになることも十分考えられます。

こう考えたとき、その場で意図を明かさないような
圧迫面接を行うことはとんでもないリスクを背負うような
気がしてしまうのです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

コンニャクの一例から見る海外でも売れるようにする新規開拓

日本の農業は現在、TPPの行方に伴い、海外との競争に 対抗するため、新しい新規開拓への準備が必要とされています。 しかし、現在の日本の農作物においては、海外への輸出は 増加傾向にあり、海外でも高い評価 …

キリンビールのキリンフリーが売れていない

キリンのビールが売れなくなった本当の 理由なんて記事が出ていました。 キリンビールのキリンフリーといえば かつて話題となったノンアルコールビール。 当時はまだ他にライバル製品も出そろって いなかったの …

no image

プライバシーマークの規定における重要なポイント

企業のホームページを見ていると、トップページの片隅に「P」と いうマークを見つけることがよくあります。 この「P」というマークは「プライバシーマーク(Pマーク)」と言い、 個人情報に対する適切な保護規 …

no image

無知と貧乏からの脱出

自分が年齢を重ねてきたから特に思うのかもしれません。 今の若い人ってほんと新聞を読まないんですね~ 驚いてしまいます。 インターネットでニュースは読めると思っているかも しれませんが、新聞とネットでは …

サンリオが著作権違反のサービスと提携してはダメ

サンリオがMERYとのコラボを 撤回したということがニュースに なっています。 サンリオが「MERY」とのコラボを撤回しました。記事の非公開が相次ぐ中、「お客様に迷惑になりかねない」と判断しました。 …

アーカイブ