ビジネス

圧迫面接は企業にとって効果があるのか?

投稿日:

圧迫面接についての記事がありました。
圧迫面接というのはわざと応募者、に対して
いやなこと、きついことを言ってその反応を
見るというような面接です。

・参照
就活「圧迫面接」の真意とは? 怒鳴る、全否定…うつ発症するケースも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130303-00000539-san-bus_all

 「今、ここに集まっている皆さんは、私からの意地悪で悪質な質問に耐え抜いた方々という事ですね。社会人になると、様々な場面で理不尽なクレームやお叱りの言葉を頂く機会が増えます。その時に皆さんはどのような応対を行うのか、この部分を今回の最終面接を通じて確認させて頂きました。」

このような言葉が出ていました。

ストレス耐性を見るテストとして、確かにどのように
反応するかを見定めることはできるかもしれませんが、
本当にこの方法が今の時代に適しているのでしょうか?

面接の応募者もまたお客様の一人であるという考えが
抜けてしまっていないでしょうか?

少なくとも全員が全員入社するわけではありません。

面接の結果落ちることとなる人、また内定を勝ち取ったのは
いいが、その会社に入らず、別の会社に行く人もたくさんいるわけです。

その人達は上記のような、わざと悪質な質問をしました、
君達はそれに耐えたのです、というような言葉を聞くことは
ありません。

聞かなかった、入社しなかった人達がSNS等で
あの会社はこんなひどい面接をしてきた。
社員はまともな人間じゃなかった。
お客様にはいいけど、社員にはろくでもない扱いをする
人達だ、と発言して拡散したらどうなってしまうのでしょうか。

後で良いことを言われたなんて内定者が擁護しても
もう後の祭りだと思うのです。

他の会社に言った人が、重要取引先となったり、出世して
他企業の重要ポジションになることも十分考えられます。

こう考えたとき、その場で意図を明かさないような
圧迫面接を行うことはとんでもないリスクを背負うような
気がしてしまうのです。

adsense

adsense

-ビジネス

執筆者:

関連記事

no image

知ってトクする スーパーの陳列マル秘テクニック

スーパーマーケットといえば訪れた人なんてまずいないくらい 日常に密着した店舗です。 世の中にはいろいろなスーパーがありますが、どの店へ行っても 商品の配置はある程度似通っています。 必用なもの、よく利 …

no image

自己啓発と時間の価値

世の中には「投資」という言葉があります。 今持っている貴重なお金等の資源を投入する代わりに 将来、その投資したものを上回るリターンを得るというものです。 ここには時間の価値というものが存在していて、 …

no image

任天堂 VS グリー

任天堂とグリー(GREE)の 戦略の違いについて書いてある記事がありました。 参考) 任天堂のブランディング戦略 売上高では計れない“強み” http://www.zakzak.co.jp/econo …

no image

ワタミの理念と現実

ワタミ(和民)といえば、居酒屋でもちろん有名ですが、 社長がマスコミに頻繁に出てくることでも有名になっていますよね。 今は実質的な利益を上げているのは介護事業とのことで かなりの多角化を進めているよう …

no image

ホテルマンが持つボールペン 実はこれには隠された秘密があった

さわやかで清潔感のある身だしなみがモットーのホテルマン。 彼らは所作のひとつひとつ、それこそ足運びからおじぎの 角度まで徹底的に叩き込まれた、言わば接客のプロフェッショナルです。 そのプロに相応しい応 …

アーカイブ