社会

経営者保証で全財産を失わなくても済むようになる?

投稿日:

中小企業を経営していてお金を借りる場合に
ついてくるのが「経営者保証」。これは会社に何か
あった場合に社長自らが保証するというもので
会社が倒産した場合、社長が身ぐるみはがされて
しまうという恐ろしい制度になります。

これが、全財産を没収されないようにルールを
変更しようという流れがあるようです。

参照
<経営者保証>全財産没収防止へ 政府新指針、再起促す狙い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130319-00000034-mai-bus_all

銀行側・貸し出し側としては大企業と違って
信用が低い中小企業を担保するには社長自身も
保証してくれるのを望むのが当然だと思います。

大企業でも潰れる時代に
中小企業なんていつどうなるかわかりません。
それに社長が最初から潰すつもりという悪質な
ケースもあると思います。

でも、きちんとやっていても失敗するものは
失敗する、それが経営というものです。

その際、復帰できるチャンスがなくなってしまうということを
防止することは絶対に必要だと思います。

失敗したとはいえ、勇気を持って新しいことに挑戦した
人材。この人達が運不運によって報われなくなってしまい
チャンスが生まれないのであれば、日本にとっても
新たなものが生まれなく、活気が出てこなくなってしまうのでは
ないでしょうか。

新たな挑戦の中から新商品・サービスが生まれ
世の中が変わっていくものです。

このあたりは舵取りが難しいところになると思いますが
是非調整を頑張っていただきたいと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

子供の防犯サービスについて

東急沿線のみでの展開になるかもしれませんが、東急セキュリティとPASMOが 提携して、子供が東急線の改札口を通った時に、自動的に通ったことを 知らせるメールが保護者に届くサービスがあります。 子供が何 …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

円安は日本を救うのか

自民党が優位ということが世論調査などで 明らかになってくるに従って円安が進んできています。 自民党の総裁などは否定していますが、やはりどう考えてみても 自民党の総裁の発言が今の円安を誘導しているとしか …

no image

経済学から見る環境問題解決の難しさ

経済学においては通常、生産と消費の2つを観点に進められています。 しかし、先進国においては、生産力の高さから多くのゴミが発生し、 無視できない状態へとなっています。 特に日本においては、リサイクル技術 …

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

アーカイブ