雑記

本を読めという場合に読む本のジャンル

投稿日:

よく「本を読め」って言うが具体的にどういう
ジャンルを指してるの?というようなことで
議論がされているのを見つけました。

参照
よく「本を読め」って言うが具体的にどういうジャンルを指してるの?
http://blog.livedoor.jp/news23vip/archives/4427703.html

確かに一体何の本を読むことを推奨しているのか、
これだけだとよくわからないですよね。

小中学生や高校で現代文の力・国語の力を鍛えたいというので
あれば何でもありで小説等をガンガン読むのもいいと思います。
もちろんエンタメ系の本でもOKです。

ただそれ以上の年齢になって、国語力という話ではなく
本を読めというと何を指しているのか?

これは自己啓発等でもいいのですが、決してあの類の
本を読んで啓発しろというのではなく、自分にとって
何か気づきが得られるようなもの、それであれば
何であってもいいものだと思います。

それが小説であっても、エンタメであっても
専門書であっても、雑誌であってもいいと思うのです。

問題となるのは、読むことによって自分が何かを
得られるか、もしくは人とコミュニケーションするのに
役立つかどうかです。

何もネタがないとブログ一つを書くことすら
できなくなってしまいますが、それがどんなにくだらない
内容の本であろうと、何かの知識をインプットすれば
それに関する感想や解釈等をアウトプットすることが
できます。

そうすることで少なくとも自分として何かを得ることが
出来たわけです。

そうした自分だけでは生み出せない何かを蓄積することに
よって、心が豊かになり、本を読まない人との差が
出来、自分自身の新たな考え等が出てくるのでは
ないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

様変わりしている納骨堂

最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが 多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、 室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に …

no image

結婚式での余興のやり方

結婚式は友人や先輩後輩のもの、いずれに招かれてもなんだか 気恥ずかしい思いもありながら心から祝ってあげたい イベントだと思います。 何度か結婚式に参加している中では仲の良い友人やお世話になった 先輩の …

no image

最近のテレビ番組についての感想

私は今、39歳のサラリーマンです。 私はむかしからテレビが大好きでしたが最近はスポーツ中継とニュース番組しか ほとんど見なくなりました。 とくにバラエティ番組についてはほとんどみません。確かにテレビが …

no image

A-BOUTの漫画の感想

週間少年マガジン連載中の A-BOUT(アバウト)ですが、 いよいよ大詰めを迎えているんでしょうか? 3年生を含めた光嶺高校の中での頂上決戦を 争っていくという激盛り上がりのシーンというところです。 …

no image

カタログギフトの実用性

最近、冠婚葬祭やお歳暮、お中元にカタログギフトが利用されることが 増えてきています。カタログギフトというのは、まず贈る人がギフトの 予算を決め、予算に応じた商品がラインナップされたカタログを 受け取る …

アーカイブ