健康

ビールでは通風にならない

投稿日:

ビールで通風はウソというような
ニュースが出ていました。

ビールで痛風はウソ 酒類でプリン体多いため犯人扱いされた
http://news.livedoor.com/article/detail/7717705/

これには完全に騙されていましたね。
ビールは通風になるから控えなければいけないと
信じ込んでいまいたし、販売側もプリン体〇%カット!とかの
商品を出してアピールしたと思います。

少量のアルコールはむしろ尿酸値を下げるということに
なりますし、食べものに比べるとそのプリン体の量は
かなり低く、相当な量を飲まない限り危険量には
達することはないという話のようです。

なんでこんな話が今まで信じられてきたのか?
最新の医療情報がないとわからないということなら
まだしも、含まれるプリン体の量なんてとっくに
わかっていたはず。

変なイメージが先行してしまって、誰も正さない状態
というのは怖いものです。

特別なビール好きというわけではありませんが、
それでもビールが気にせず安心して飲めるということが
わかったのはいいことですね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

中性脂肪を減らす運動療法のポイント

中性脂肪が気になるという方は多いと思います。 この中性脂肪を減らすためには食事だけのダイエットでは NGで運動療法も必要になってきます。 この運動療法ですが、「長く続けること」が 最大のポイントです。 …

no image

皮膚の乾燥とかゆみ

冬になると肌が乾燥することにより、皮膚のかゆみを 訴える人が多くなります。 肌が乾燥することによって、皮膚は摩擦などの刺激も うけやすくなるため、2次的な要因も発生します。 冬の冷たい風に当たったため …

no image

冬の顔の乾燥

冬は手・足先だけでなく、ずっと露出している顔も乾燥の標的になります。 夏はそんなに乾燥で悩むことの無い人も、冬の風の冷たさや お湯にさらすことで、顔の表面が弱くなり乾燥しやすくなります。 私ももちろん …

no image

脂肪はなくてもいいのか?

脂肪は増えすぎると健康に確実に害を及ぼします。 そのため余計なものだと考えがちですが、からだにとって なくてはならない存在でもあります。 からだの脂肪組織は 1.寒さから身を守り、体温を一定に保つ役割 …

no image

高血圧治療とその薬

昨今の日本では、塩分の摂り過ぎなどが続き、高血圧の高齢者人口が 劇的に増えています。 病院の循環器科にかかる患者の多くは高血圧を治療中と いっても間違いではないくらいです。 高血圧の原因としては、まず …

アーカイブ