健康

コーヒーを飲んで肥満になる!?

投稿日:

コーヒーは脂肪を燃焼させる効果があるというような
話、コーヒーを飲んで痩せるというような話は一般的な
話としてよく聞きます。

ただ、それとは全く反対で1日に5杯以上のコーヒーを
飲むと肥満・糖尿病になるリスクが上昇するという説も
出てきたという話があります。

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」ということですが、
これが過剰に摂取すると肥満になってしまうということなのだそうです。

実験はマウスで行っているということがあります。
コーヒーの健康効果は確かにありますが
飲みすぎはよくないという話です。

確かに何事もほどほどで過剰はよくないというのは
ある話だと思いますが、このような話はすぐ説が
ひっくり返ったりしますし、マウスの実験だけでは
なんともいえないようにも思います。

実際に1日5杯程度のコーヒーを飲む人、結構いるのではないでしょうか。
朝2杯、昼1杯、夜2杯。
ちっとも不思議ではなく常識的な量としてもこのくらいは
コーヒー好きにはありえると思います。

実際のコーヒー愛好家の健康状態等も調べて
ヒトとしてどのような結果が出るかも見てみたいところです。

参考
過剰摂取は危険! 1日に5杯以上のコーヒーを飲むと肥満・糖尿病になるリスクが上昇するらしい
http://topics.jp.msn.com/wadai/rocketnews24/column.aspx?articleid=1874493

adsense

adsense

-健康
-

執筆者:

関連記事

no image

お酒による頭痛の原因と治し方

お酒による頭痛の原因は主に三つあります。 まずアセトアルデヒドが完全に分解されいないことが考えられます。 この成分は通常であれば私たちの体は完全に分解できる能力を 持っているのですが、その能力を超える …

no image

頭皮の乾燥ケア

冬場になると、顔や手足だけでなく頭皮も乾燥します。 一定の皮脂量を保てる人はよいのですが、 感想肌と呼ばれる人たちは 頭皮が乾燥して、フケが出やすくなります。 顔や手足の感想でしたら、専用の化粧品やク …

no image

幼児の乾燥肌について

冬になると、乾燥肌に悩まされることが多くなります。 特に幼児は、肌の乾燥がそのままかゆみになり、 身体をかきこわして出血などを起こす事があるので、注意が必要です。 幼児の乾燥肌防止には、やはり全身用の …

no image

肥満と命にかかわる病気

肥満はなぜ問題になるのでしょうか? それは、肥満がさまざまな生活習慣病を引き起こす大きな 要因となることがあるからです。 私達のエネルギーとなる物質の一つに糖(グルコース)があります。 糖は細胞が働く …

no image

中性脂肪が原因で起こる生活習慣病

中性脂肪とは、トリグリセライドとも呼ばれるもので、 LDL(悪玉)コレステロール、HDL(善玉)コレステロールと ともに血清脂質を形成しているものになります。 これらは人間の体になくてはならないものに …

アーカイブ