雑記

老齢厚生年金の被保険者

投稿日:

老齢厚生年金は、国民年金(第1号被保険者)のみの人に比べると
お得な年金ということになります。

将来のことを考えると、老齢厚生年金に入りたい!と思う方もいると思います。
被保険者になるには、通常の会社に入るのが一番手っ取り早いのですが、
パートタイマーの方や、一度定年してまた新たに働く方というのは
どうすればいいのでしょうか。

厚生年金保険の適用事業所になる企業に常時雇用されている
70歳の未満の方は、国籍や性別、年金の受給の有無に関わらず、
厚生年金保険の被保険者になります。

「常時雇用される」とは、雇用契約書の有無は関係ありません。
適用事業所で働き、その対償として給料や賃金を受けるという
常用的使用関係であれば大丈夫です。

また、試用期間中でも、報酬が支払われる場合は使用関係が
認められることになります。では、パートタイマーはどうなのでしょうか。

これはパートタイマーであっても、事業所と常用的使用関係にある場合は、
被保険者となるのです。

常用的使用関係は、労働において総合的に判断されるもので、
判断要素は労働日数・労働時間・就労形態・勤務内容などです。

労働日数と労働時間は、一般社員の4分の3以上である時に、
原則被保険者という扱いになります。
詳細は下記になります。

・労働日数
労働時間と同じく、一般社員との比較で、4分の3以上。
1ヶ月の日数が4分の3以上。
被保険者とされない人は次になります。
・継続的な雇用ではない→日々雇い入れられる人
・期間に縛りあり→2ヶ月以内の期間を定めて使用される人
・不確定な所在地→所在地の一定しない事業所に使用される人
・季節限定の雇用→季節的業務(4ヶ月以内)に使用される人
・長過ぎず、短すぎない期間の雇用→臨時的事業(6ヶ月以内)に使用される人

・労働時間
一般社員との比較、4分の3以上。
例をあげると、一般社員の労働時間が8時間であれば6時間以上。
日によって変動がある場合は、一週間でみる。
おおよそ、4分の3以上であれば該当。

唯一絶対になれないのは所在地が一定しない事業所に雇われている人です。
これは事業所が定まらない限りは、どんなに働いても被保険者にはなれません。

以上のような条件になります。
4分の3以上というところがありますのでパートタイマーの方では
厳しい条件になるかもしれません。
また基本的には会社の方針というところがあり、強く言えないということも
現実的にはあるかもしれないですね。

2012年11月2日投稿文を更新

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

人の意見は聞くな

「人の意見は聞くな。」 こんな話について通常は社会的には賛同できないと 思いますが、この記事を読むと納得できるものがあります。 LifeClipさん http://lifeclip.org/diary …

フォトブックのおすすめは?通販でできる「デパ帳」

フォトブックって作ったことがありますか? デジカメでよく撮影することは今の時代、当たり前で 高画質のものを作ったり、現像したりということは あっても、フォトブック化することはまだ珍しいような 気もしま …

no image

心と物の整理、年賀状編

お年玉つき年賀はがき、今年も抽選日がきましたね。 今年末の作業を見据えて、このタイミングで今年の年賀状整理を おすすめします。気が早いでしょうか?いいえ、そんなことはありません。 今このタイミングでの …

no image

ユニクロのフリースを着て外出できない

今はユニクロのフリースを着て外出する人ってほとんど見かけないですよね。 近所の買い物等でしたらわからないですけど、少なくとも都心にフリースを 着ていってファッションの1つだとはあまり認識してもらえない …

no image

空中浮揚がインチキだと証明

例の空中浮揚写真がインチキだと証明され、 殺害計画を出されたという弁護士が テレビで話しているのを見ました。 4度も危険な目にあったということです。 このような内容を今はテレビで暴露しても 大丈夫なの …

アーカイブ