雑記

老齢厚生年金とは

投稿日:

年金の中でも会社員は老齢厚生年金に当たるという話を
しています。

では、具体的に老齢厚生年金とはどのようなものなのかに
ついてお話します。

日本の老齢年金は2階建て構造となり、1階部分は
全員が当てはまる国民年金、2階部分がタイプによって異なり
会社員の場合、厚生年金になります。
厚生年金は正式には「厚生年金保険」といいます。

厚生年金は、加入者やその遺族のために、老齢年金の他、障害年金、遺族年金が日本年金機構より支払われます。

厚生年金は
・常時5人以上従業員がいる個人事務所
・一般的な民間企業(株式会社など)
は、原則として必ず加入することが義務になっています。
会社側の負担が上がってしまうため、たまにといいますが、
現実的には入っていないところも見かけることはあります。

法的には上記は「厚生年金適用事業所」というものに該当し、
従業員は被保険者として厚生年金に強制加入になります。

しかし、従業員であっても、正社員でない場合、
正社員の4分の3未満の労働条件では、厚生年金の加入対象では
ないことになります。

老齢厚生年金は、この厚生年金と、ベースの国民年金を足した
合計の期間が25年以上ないと、将来年金を受給することができません。
途中で支払わなくなってしまうと受給できず支払い損となってしまうのです。
この25年以上の期間を構成するのは、保険料納付済期間と保険料免除期間の
二つです。

厚生年金を払うとなると、国民年金のベースに上乗せするということになりますので
負担は大きくなります。一見払う金額が多くてその場では損をしているように
感じるかもしれませんが、国民年金だけでは将来受け取る金額が少なく
老後生活をそれだけで送るというのは難しいと思われます。

結果、足りない部分は、自分で付加年金や国民年金基金、
確定拠出年金を掛けなければなりません。

それに対し、老齢厚生年金は最初から2階建てになっており、かつ、
会社も負担するという仕組みです。
会社が半分負担してくれるので自分で上乗せする分の
保険料負担は軽くなるのです。

この折半制度が、老齢厚生年金の大きな魅力といえるでしょう。
したがって、その分国民年金加入者よりも得しているといえます。

2012年11月1日投稿・再掲載

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スマホ用の手袋

スマートフォンの普及でこの冬の手袋業界には変化が起こっています。 今まで使っていた手袋でははめたままスマホをいじれない悩み。 秋はまだよかったのですが、寒さが厳しい冬に突入すると手袋を はずしては手が …

no image

雪国での車との付き合い方

先日関東地方で大雪があって交通が麻痺してしまったのは 記憶に新しいと思います。 電車も結構止まってしまいましたが、それよりも目立ったのが 道路交通での麻痺だったと思います。 なかなか車庫からは出られな …

no image

インターネット上の文章のコピーには注意

よく外注の方を利用して記事を用意していたりするのですが、 一定の確率でどこかの文章をそのままコピーしてくるような 人に出会います。 ネット上の文章をコピーするということは 「引用」でない限り立派な著作 …

no image

g.u.大ファン

ユニクロ系列ですが、ユニクロにも負けずとも劣らない品揃えな上に、 衣料やアイテムが格安とあって、同じデザインの服でも色違いで揃えたり、 組み合わせ次第ではアウターにしても安っぽさがあまりないような気が …

no image

算数の疑問「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」

子供が学校で習ったことがわからなくて先生に聞いても よく分からず親の自分に聞いてきた、そんなときにビシッと 答えられたら親の株は急上昇です。 そこで、よくある算数の疑問をうまく説明する方法をご紹介しま …

カテゴリ

アーカイブ